アコムACマスターカードの審査は甘くない

大手消費者金融のアコムが発行するクレジットカード、ACマスターカードは、「審査が他のクレジットカードとは異なる」などとインターネットの口コミなどで言われています。

たしかに、他社のクレジットカードと比べ、ACマスターカードはアコムカードローンの審査基準を元にしているため、カード発行の審査基準が異なることは間違いありません。そのため、アコムACマスターカードの審査は決して甘いわけではありません。

アコムACマスターカードの審査基準が他のクレジットカードと違う理由」と理由と、実際のACマスターカードの審査基準について詳しく解説いたします。

    アコムでは申し込み前にカードが発行可能か3秒診断ができます。3秒診断は年齢と年収、他社借入の3項目の簡易診断です。
    3秒診断の結果「お借入できる可能性が高いです。」と画面に出れば、年収や他社借入というACマスターカードの審査基準はクリアしていることになります。そのため、ACマスターカードの申込を検討していて年収や他社借入が心配な方は、事前に3秒診断を試してみると良いでしょう。

アコムACマスターカードは誰でも審査に通るほど甘くはない

アコムACマスターカードの審査では安定した収入があることと、信用情報の3項目が重視されます。
そのため、以下に該当する場合にはアコムACマスターカードの審査に通りません

  • 月1回の安定収入が無い(※)
  • 現在年収3分の1に近い金額の借り入れがある
  • 過去5年以内にクレカやローンの支払いを61日以上長期滞納した
  • 過去5年以内に債務整理をした

上にあげた、安定した収入がない人、他社での借り入れ金額が多い人、過去5年以内に債務整理をした人は返済能力がないとみなされ、アコムACマスターカードの審査に通りません。
一方、安定した収入があれば、他社での借り入れ金額が少なく、債務整理や長期の延滞をしていても手続きから5年以降経過していれば、アコムACマスターカードの審査に十分通る可能性は高いです。

審査に落ちてしまうのが心配であればカードが発行できるかどうかをWEB上の3秒診断で試してみる

    アコムでは申し込み前にカードが発行可能か3秒診断ができます。3秒診断は年齢と年収、他社借入の3項目の簡易診断です。
    3秒診断の結果「お借入できる可能性が高いです。」と画面に出れば、年収や他社借入というACマスターカードの審査基準はクリアしていることになります。そのため、ACマスターカードの申込を検討していて年収や他社借入が心配な方は、事前に3秒診断を試してみると良いでしょう。

この3秒診断は、申込者の信用情報が考慮されないので、過去5年以内に長期延滞や債務整理をした場合は審査通過が厳しいです。

アコムACマスターカードの特徴

年会費無料、最短即日発行

アコムACマスターカードは消費者金融のアコム株式会社が発行しているクレジットカードです。国際ブランドがマスターカードなので、世界中で利用可能。ACマスターカードは年会費無料で使える上、最短即日発行という特徴やキャッシング機能も搭載されており、お急ぎの方やキャッシングも利用したい方にももおすすめのカードです。ACマスターカードは自動キャッシュバック機能を搭載しており、クレジットカードご利用金額の0.25%が差し引かれた金額が差し引かれます。

おすすめのポイント

  • 年会費永年無料
  • 最短即日発行可能
  • カード審査がアコム独自基準
  • ショピング利用金額の0.25%が自動キャッシュバック
  • ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた利用限度額が最高800万円
実質年率10.0%~14.6%
利用限度額(ショッピング)1~300万円
審査時間最短30分
カード発行の時間最短即日発行可能

アコムACマスターカードの審査基準がが他のクレジットカードの審査基準と異なる理由

まず、大前提として、アコムACマスターカードを含めてクレジットカード会社でどんな人でも審査に通るクレジットカードは存在しません。
それでは、どうしてアコムACマスターカードの審査基準が他のクレジットカードの審査と異なる点は以下のとおりです。

  • アコムACマスターカードは即日発行可能である
  • 独自の基準で審査をしている

カードが即日発行可能であるために十分に審査なされていないと思われている

アコムのACマスターカードは、他のクレジットカードとは異なり即日発行可能なことがが最大の魅力です。
インターネットや自動契約機(むじんくん)での申し込みをして、審査に通過すれば、クレジットカードの即日発行に対応している自動契約機(むじんくん)に出向いて申し込み即日のカード発行が可能です。
そのため、カード発行までの十分な審査がなされていないと思われているためです。後から述べますが、アコムACマスターカードの審査は、審査基準を元に申込者がカード発行可能かどうかを十分に審査しています。

ACマスターカードの審査時間が短く、カードが即日発行できるからといって、決して審査が甘いわけではありません。

ACマスターカードは独自の審査基準で審査を行ってる

ACマスターカードは、一般的なクレジットカードに比較するとカード発行の審査基準が異なります。
そのため、他社のクレジットカードの審査におちてしまったとしてもACマスターカードの審査に通過してカード発行できる場合もあるわけです。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。カード会社はショッピング枠と必要に応じてキャッシング枠の審査を行います。

一方、アコムACマスターカードの審査では、クレジットカードのキャッシング枠をメインに審査をすすめるためカード発行の審査基準が一般的に異なります。

審査時にカードヒストリーが重視されないのがポイント

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の審査方法異なります。
ショッピング枠の審査には割賦販売法、キャッシング枠の審査には貸金業法が適用されますので、適応される法律が異なります。
クレジットキャッシング枠の審査においては、「過去にクレジットカードを持っていたことがあるかどうか(クレジットヒストリー)」はあまり重視されません。
一方、ショッピング枠の審査では、過去のカードヒストリーが重視されます。そのため、初めてクレジットカードの申し込みがある場合でも、過去のクレジットヒストリーが重視されないため、審査に通る可能性が高くなります。
それでは、アコムACマスターカードの審査基準をみていくことにしましょう。

アコムACマスターカードの特徴

年会費無料、最短即日発行

アコムACマスターカードは消費者金融のアコム株式会社が発行しているクレジットカードです。国際ブランドがマスターカードなので、世界中で利用可能。ACマスターカードは年会費無料で使える上、最短即日発行という特徴やキャッシング機能も搭載されており、お急ぎの方やキャッシングも利用したい方にももおすすめのカードです。ACマスターカードは自動キャッシュバック機能を搭載しており、クレジットカードご利用金額の0.25%が差し引かれた金額が差し引かれます。

おすすめのポイント

  • 年会費永年無料
  • 最短即日発行可能
  • カード審査がアコム独自基準
  • ショピング利用金額の0.25%が自動キャッシュバック
  • ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた利用限度額が最高800万円
実質年率10.0%~14.6%
利用限度額(ショッピング)1~300万円
審査時間最短30分
カード発行の時間最短即日発行可能

アコムACマスターカードの審査基準は申込者の属性情報と信用情報

アコムACマスターカードでは、他のクレジットカード会社の審査基準とは異なり、主に以下の審査基準でカード発行が可能かどうかを判断しています。

  • 属性スコアリング(申込者の個人情報)での審査
  • 申込者の信用情報での審査(他社借入状況や事故情報の有無)

ACマスターカードは、カードローンの機能の付いたクレジットカードです。そのため、他のクレジットカード会社の審査基準とは異なりカードローンの審査基準でカード発行ができるかどうかを判断しています。
なお、ACマスターカードの審査基準はアコムカードローンの審査基準と同様です。それでは、アコムの審査基準である申込者の属性と信用情報を詳しくみていきましょう
それでは、アコムACマスターカードの審査基準である申込者の属性と信用情報を詳しくみていきましょう。

属性スコアリングでの審査とは申込者の年収や勤務先などの個人情報である

アコムACマスターカードの審査における属性とは、申込者の職業や年収、家族構成、健康保険の種類などのなどの情報のことをいいます。アコムなどのカードローン会社では、この申込者の属性をシステムで自動的にスコアリング(点数化)して、審査の際の基準としています。
では、申込者の属性のスコアリングとは一体でどのようなところを見るのでしょうか。属性スコアリングでは年収や勤務先、家族携帯などを見て点数化しています。
利用者の属性スコアリングで見られる主な項目は次の通りです。

  • 年収
  • 勤務先・雇用形態
  • 勤続年数
  • 居住形態・居住年数
  • 家族構成・年齢
  • 固定電話の有無

それでは各属性について詳しくみていきましょう。

申込者の年収が高いと審査に有利に働く

申込者の年収が高いほど、属性スコアも高くなります。
また、ACマスターカードは、キャッシングに適応されている総量規制によって、貸金業法で定められた消費者金融やクレジットカードのキャシング枠の借り入れがでの年収の3分の1を超えている
そのため、消費者金融やクレジットカードの借入額が年収の3分の1を超えているあるいは年収の3分の1に近くなっていると審査に落ちてしまいます。
また、申込者の年収の高さの他に安定した収入があるかどうかも審査の基準として重要です。もちろん年収は高いに越したことがありませんが、たとえ年収が200万円でも毎月安定した収入があることが審査では重要となるのわけです。

そのため、年収低くても審査には通りますが、キャッシングの利用限度額が5~10万円程度に可能性があります。

申込者や勤務先や雇用形態も審査結果に影響する

一般的に公務員や大手企業の社員の方は、この属性スコアが高くなる傾向があります。一方、収入が不安定な自営業者や個人事業主また、パートやアルバイト(フリーター)、派遣社員などの非正規雇用の方はスコアが低くなってしまうでしょう。

ACマスターカードの利用条件は、安定した収入があり、20歳から69歳までの方あるためルバイトやパートだからといって、それだけで審査におちてしまうことはありません。

ただし、専業主婦や無職の方など収入のない方は、アコムカードローンの申し込み条件にある、「安定した収入」の条件をみたしていないので、審査には通りません。

勤続年数が長いほど審査に有利である

現在勤務している会社もしくは職業をどれくらい続けているかも、ACマスターカードの審査の判断材料になります。やはり勤続年数が長い方が、これからもきちんと働いて返済ができると判断されて審査には有利に働きます。

一方、勤続年数が1年未満だと仕事が続けられるのかを審査担当者から信用されず、「返済能力がないとみなされ」審査にマイナスになるケースもあります。ただし、勤続年数が1年未満という理由だけで審査に落ちてしまうことはないでしょう。

居住形態や居住年数

持ち家か賃貸かによって評価が変わってきます。持ち家の方がポイントは高い傾向にあります。
ただし、住居形態が賃貸だからといって即審査に落ちてしまうわけではないので安心してください。

家族構成や申込者の年齢はそこまで審査結果には影響しない

1人暮らしよりも家族と同居しているほうが評価が高くなります。ただし、家族と同居していても子供が小さい場合には、評価が下がってしまう場合もありますので、家族構成だけでは評価しにくいところです。

また、アコムカードローンの申し込み条件は、年齢20~69歳までの方です。この年齢の範囲内であれば特に審査には問題ありません。つまり、70歳以上の高齢者の方は、安定した収入があってもアコムを利用することができません。

申込者が固定電話を持っていると少しだけスコアが上がる

固定電話がなく、携帯電話だけでも審査に落ちてしまうということはありません。固定電話を持っていると少しだけ審査のスコアが上がる程度です。そのため、固定電話を持っている方はきちんと申し込み時に固定電話の電話番号を記載することが重要です。

ただし、家族に内緒でACマスターカードの発行をしたい場合には、逆に固定電話の番号を記載してしまうと自宅に電話がかかってくることもあるので注意しましょう。特に、個人事業主や自営業の方で、自宅などで勤務しており、かつ固定電話がない場合などは、事前にアコムの担当者に確認してみるといいでしょう。

申込者の信用情報をチェックして事故情報などの問題がないかを確認する

信用情報とは、個人のローンやクレジットカードの利用記録(クレジットヒストリー)のことで、信用情報機関という機関で管理されています。信用情報機関とはシー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)という3つの機関です。この機関で、各申込者の信用情報が記録されています。
アコムACマスターカードの申し込みすると、アコムの審査担当者は審査時に自社が加盟している信用情報機関を通じ、必ず申込者の信用情報をチェックします。
そして、これまでの利用状況に事故情報がないかを確認します。現在、アコムではCICとJICCの2つの信用情報機関に加盟しています。ACマスターカードの審査時にチェックしている申込者の信用情報は以下のとおりです。

  • カードローンの借り入れ件数
  • カードローンの借り入れ総額
  • 信用情報での金融事故(異動情報)の有無

借り入れ件数は0件または少ないほうがよい

現在、他社の消費者金融やクレジットカード会社(キャッシング枠)の何社から借り入れいるのかをチェックされます。同じ金額を借り入れ入り場合でも複数社から少しづつ借りている人よりも1社からまとめて借りている人の方が評価が高くなります。

他社借り入れ総額も0円または少ない方がよい

現在の借り入れ総額が年収に対して多い方は、「返せないから借りている」と判断されてしまいます。
ACマスターカードはカードローン機能もついているクレジットカードであるので総量規制となります。そのため、他社消費者金融会社との借入合計額が年収の3分の1を超える金額を貸すことはできません。

他社借り入れのある場合、たとえアコムACマスターカードの審査に通過して融資を受けられたとしても、アコムでの利用限度額額の上限は、総量規制の上限額から他社の借り入れ金額を差し引いたものになります。

長期の滞納や債務整理などの金融事故があると審査に落ちてしまう

お金を借りる際にはアコムに限らず、すべてのキャッシングやローンの審査で利用者の信用情報をチェックされます。信用情報とは信用情報機関で管理されている個人のローンやクレジットカードの利用記録のことをいいます。
アコムへ申し込みした際に、アコムは自社が加盟している信用情報期間を通じて信用情報をチェックします。そして、利用状況に事故情報(異動情報)がないかを確認します。
金融事故とはローンやクレジットカードの返済で、返済日に間に合わなかったなど返済上の何らかの問題が発生し、通常通りに返済が終わらなかった場合をいいます。金融事故が起こると事故情報(移動情報)として記録されます。それでは、金融事故にはどのような種類があるのでしょうか。

金融事故の種類はどのようなものか

金融事故の種類には主に以下のようなものがあります。

  • 2~3か月以上の長期の延滞や滞納
  • 法的に借金を整理する債務整理(任意整理や自己破産も含まれる)
  • 支払いができなくなった代わりに第三者が支払いを行う代位弁済
  • 金融機関側から一方的に契約を解除される強制解約

これらの事故情報が一度記録されると最長1年~10年間は消えることはありません。この事故情報があると審査に落ちてしまう可能性が非常に高くなります。
この中でも、カードローン会社やクレジット会社でのキャシング枠での借入がなくても携帯電話料金(携帯電話の本体代金の分割払い)を滞納や滞納をしていた場合には、携帯電話の端末料金の分割払いは借金と見なされるため、申込者の信用情報に傷がつくことがありますので注意しましょう。

審査時には申込者の勤務先への電話による在籍確認が行われる

アコムでは申し込みの際に氏名、住所、生年月日だけでなくさまざまな個人情報を入力します。そして、現在勤務している会社名や電話番号また所属部署も入力します。その情報を元にして、アコムの担当者がその会社に在籍しているのかどうかを確認するために勤務先に必ず確認の電話をします。その電話での確認を在籍確認といいます。
しかし、消費者金融であるアコムが利用者の勤務先に電話するとなると、勤務先の同僚や上司にキャッシングを利用していることが知られてしまうのではないかと思ってしまうと思いますが、安心してください。
アコムでは在籍確認の電話をする際、アコムの担当者が社名を名乗ることや用件をいうことは一切ないからです。アコムの担当者は個人名でなおかつ非通知で電話をかけます。

審査時の在籍確認の電話での内容

在籍確認のおおまかな電話での内容を解説いたします。
申込者本人が電話に出る場合と、本人が不在の場合の2つのケースに分けて説明いたします。

申込者が電話に出た場合

申込者本人が電話に出る際には、
「もしもし、私○○(アコム担当者名)と申しますが、●●さん(申込者)はいらっしゃいますか?」
これで申込者が電話を取ると、
「私、アコムの○○と申します。この度はお申込みありがとうございました。これにて在籍確認は終了です」
といって電話が終わり、在籍確認は完了します。

申込者が不在の場合

申込者本人が不在の場合には、
「もしもし、私○○(アコム担当者名)と申しますが、●●さん(申込者)はいらっしゃいますか?」
申込者の勤務先の方が電話を取って
従業員「●●は本日外出しております。」
本人が不在の場合でも勤務先に在籍していることさえ判明すれば在籍確認は完了となります。
アコムに限らずカードローン会社の多くでは、原則として電話での在籍確認は必須といってもいいでしょう。

電話連絡以外の書類提出でも在籍確認としてみとめられることもある

勤務先に電話をしてもその職場に在籍しているかどうかを教えてくれない場合、また利用者の勤務先が土日祝日などで定休日等の場合などは、本人確認の連絡がきた際にアコムの担当者に相談してみましょう。担当者の判断で在籍確認の代わりになる会社名の記載された健康保険証や給与明細書などの書類提出を求められる場合と電話での在籍確認を勤務先の翌営業日に延期してくれることもあるようです。
アコムの担当者が在籍確認の電話をして、他に問題がなかければ審査に通過となります。あとは契約すれば融資を受けることができます。

アコムACマスターカードの特徴

年会費無料、最短即日発行

アコムACマスターカードは消費者金融のアコム株式会社が発行しているクレジットカードです。国際ブランドがマスターカードなので、世界中で利用可能。ACマスターカードは年会費無料で使える上、最短即日発行という特徴やキャッシング機能も搭載されており、お急ぎの方やキャッシングも利用したい方にももおすすめのカードです。ACマスターカードは自動キャッシュバック機能を搭載しており、クレジットカードご利用金額の0.25%が差し引かれた金額が差し引かれます。

おすすめのポイント

  • 年会費永年無料
  • 最短即日発行可能
  • カード審査がアコム独自基準
  • ショピング利用金額の0.25%が自動キャッシュバック
  • ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた利用限度額が最高800万円
実質年率10.0%~14.6%
利用限度額(ショッピング)1~300万円
審査時間最短30分
カード発行の時間最短即日発行可能