アコムACマスターカードの審査が甘いはずがない(審査が甘くない理由)

大手消費者金融のアコムが発行する、ACマスターカードは、「楽天カードやオリコカードなど一般的なクレジットカードよりも審査が他の甘くない」と口コミなどで言われています。

実際に他社のクレジットカードと比べ、ACマスターカードはカードローンの審査基準を元にしているため、申込基準や審査基準が通常のクレジットカードと異なります。
そのため、通常のクレジットカードでは審査が通過できるような属性の方でもACマスターカードの独自審査においては審査に落ちてしまう可能性があります。

ACマスターカードの審査が甘くない理由

ACマスターカードの審査が甘くないと言われる理由には、下記の2つの根拠があります。

  • 無職や専業主婦は絶対に審査通過できない
  • ブラックリストに載っている方は、100%審査に落ちる

無職や専業主婦は絶対に審査通過できない

イオンカードや楽天カードは無職や専業主婦の方でも審査通過可能ですが、ACマスターカードは無職や専業主婦の方を審査に通過させることは絶対にありえません。

そもそもACマスターカードの申込条件には「20歳以上の安定した収入がある方」という記述があります。
無職や専業主婦の方は、本人収入がないためACマスターカードに申し込むことすらできません。

たとえば、ACマスターカードに申し込み前に、「年齢」「年収」「借入状況」を入力するだけでカードが発行できるか分かる「3秒診断」があります。
無職や専業主婦の方は、「3秒診断」を受けて「年収」の欄に0円と入力してみましょう。
アコムは。貸金業法に従っている正規の貸金業者なので「年収」の欄に0円と入力すれば、必ず「カードは発行できません」となるはずです。

無職の方は、収入がないにもかかわらずクレジットカードを発行しようとは考えず、ハローワークなどで職を見つけてからACマスターカードに申し込むことをおすすめします。

ブラックリストに載っている方は、100%審査に落ちる

デビットカードやバンドルカードなどは、入会審査ないカードなのでブラックリストに登録されている方でも、審査に通過することができます。

しかし、ACマスターカードは日本最大級の消費者金融アコムが発行するクレジットカードです。超大手消費者金融のアコムが、公序良俗に違反してブラックリストに登録されている方にクレジットカードを発行することはありえません。

たとえば、お金を貸して言われて、まだ一度も貸したお金を返したことがない友人から再度、お金を貸してと言われたらあなたはどう思いますか?
絶対に貸したくはないですよね。

アコムも同様です。ブラックリストに登録されている信用のない方にクレジットカードを発行することはありえません。

アコムACマスターカードの審査では、申込者に安定した収入があることと、他社借り入れの件数や金額、信用情報の3項目が重視されます。
そのため、以下に該当する場合にはアコムACマスターカードの審査に通りません

  • 月1回の安定収入が無い(※)
  • 現在年収3分の1に近い金額の借り入れがある
  • 過去5年以内にクレカやローンの支払いを61日以上長期滞納した
  • 過去5年以内に債務整理をした

上にあげた、安定した収入がない人、他社での借り入れ金額が多い人、過去5年以内に債務整理をした人は返済能力がないとみなされ、アコムACマスターカードの審査に通りません。
一方、安定した収入があれば、他社での借り入れ金額が少なく、債務整理や長期の延滞をしていても手続きから5年以降経過していれば、アコムACマスターカードの審査に十分通る可能性は高いです

ACマスターカードの審査に通りやすくなる方法

上記でも述べた通り、ACマスターカードの申込資格や審査基準は通常のクレジットカードを発行と異なるため、審査を通過するにはチョットしたコツが必要です。
ここでは、初めましてACマスターカードへ申し込みをする方のために、審査に通りやすくなる方法を紹介します。

申込者の年収が高いと審査に通りやすくなる

申込者の年収が高いほど、属性スコアが上がり審査に通過しやすくなります。
ACマスターカードは審査の際に下記の2つの情報を重要視すると言われています。

  • 属性スコアリング(申込者の個人情報)での審査
  • 申込者の信用情報での審査(他社借入状況や事故情報の有無)

属性スコアリングとは、申込者の情報を独自に点数化して審査を行う方式のことです。
たとえば、年収300万円なら3点、100万円なら1点などの配点になっています。

ACマスターカードは申込条件に「安定した収入」との記述があるように、申込者の年収を特に重要視します。そのため、年収が高いほど審査に通過しやすくなります。

借り入れ件数を少なくする

ACマスターカードは、審査の際に申し込みの返済能力を重視します。実際にアコムの「3秒診断」には、「年収」と「借り入れ件数」の項目があります。

そのため、SMBCモビットやプロミスなどのカードローンを利用して借り入れをしている方は、借金を返済してからACマスターカードに申し込むようにしましょう。

借金を完済すると、借金を返済できたという情報が、個人信用情報機関に登録されるので、アコムの審査担当者に返済能力があると判断されて審査に通りやすくなります。

固定電話があると審査に通過しやすくなる

固定電話がなく、携帯電話だけでも審査に落ちてしまうということはありません。しかし、固定電話を持っていると少しだけ審査に通りやすくなります。
固定電話を引いていると、携帯電話と固定電話の2つの電話料金を払えるだけの余裕があると、審査担当者に判断されて審査に通りやすくなると言われています。

そのため、固定電話を持っている方はきちんと申し込み時に固定電話の電話番号も記入しましょう。

在籍確認が取れないと審査に落ちるので注意

ACマスターカードの審査においては、必ず在籍確認が行われます。
acマスターカードでは申し込みの際に氏名、住所、生年月日だけでなく、現在勤務している会社名や電話番号また所属部署も入力します。

在籍確認とはそれらの情報を元にして、アコムの担当者が申込者の申告した会社に在籍しているのかどうかを確認する作業です。

アコムでは在籍確認の電話をする際、アコムの担当者は非通知で電話をかけ社名を名乗ることや用件をいうことは一切ありません。

そのため、非通知だからという言う理由で、在籍確認の電話に出ないでいると審査が終了しません。その場合、在籍確認しているか、判断不能と見なされて最悪の場合は審査に落ちてしまう可能性があるので注意しましょう。

電話連絡が取れない場合は書類での在籍確認を希望しよう

勤務先に電話をしてもその職場に在籍しているかどうかを教えてくれない場合、また利用者の勤務先が土日祝日などで定休日等の場合などは、アコムから連絡がきた際に担当者に相談してみましょう。
担当者の判断で在籍確認の代わりになる会社名の記載された健康保険証や給与明細書などの書類提出を求められる場合と電話での在籍確認を勤務先の翌営業日に延期してくれることもあるようです。
アコムの担当者が在籍確認の電話をして、他に問題がなければ審査に通過となります。あとは契約すれば融資を受けることができます。