消費者金融を利用しているのはどんな人か

消費者金融を利用したことがない人や、これから消費者金融を利用しようと検討している人の疑問として
「そもそも消費者金融を利用しているのってどんな人なの?」
というものがあります。

消費者金融は一般的にネガティブなイメージがあるので「何かに追い詰められている人が最終手段として使っているのではないか?」といったような想像をするかも知れません。

実際にどんな人が利用しているのか、どんな状況で利用しているのかを確認してみます。

データから見る消費者金融を利用している人物像

どれくらいの人がお金を借り入れているのか

まずはじめに日本全体でどれくらいの人が借り入れをしているのか。
「日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関」の統計データが随時更新されているので確認してみます。

残高有り情報:1,067万人
(総登録情報は1,825万人)
元データ:各種統計データ|日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関「3.登録の状況」より

こちらは名寄せデータ(統一人物の重複は除いたもの)なので、おおよそ1,050万人以上の人が借り入れをしていることになります。
単純に日本の人口で割っても9人に一人が何かしらの借り入れをしている計算です。
※消費者金融だけではなく銀行カードローンや住宅ローンなども含まれます。

これだけの人数がいる中で、消費者金融利用者の性別や収入などは分布・利用用途になっているのでしょうか。

分布や利用用途などについては消費者金融やクレジットカードなどの信販会社の業界団体「日本貸金業協会」という団体が毎年度調査レポートを出しています。

今回はこの調査レポート(平成28年度)を参考に消費者金融から借りている人の人物像を見てみます。

性別別の消費者金融利用者

性別 割合
男性 63.7%
女性 36.3%

利用者の性別は男性の方が多めです。
ただ女性も4割近くを占めており、女性で借り入れをする人が決して少ないわけではありません。
最近では女性向けのカードローン商品や女性専用の相談ダイヤルなどを設置し、金融業者各社も女性が借りやすいように注力しているところも多いです。

消費者金融利用者の性別

年代 割合
20代 12.2%
30代 20.6%
40代 26.8%
50代 20.5%
60代以上 19.9%

上の表より20代は少ないものの、30代以降の働き盛りの時期から消費者金融での借り入れをする人が増えていることがわかります。

消費者金融利用者の年収

年収 割合
100万未満 12.5%
100万以上200万未満 14.1%
200万以上300万未満 17.1%
300万以上500万未満 28.0%
500万以上700万未満 16.3%
700万以上1,000万未満 8.9%
1,000万以上 3.1%

300万円以上500万円未満の分布がもっとも多くなっており、単純に年収が少ないので借り入れをするというわけではないことがわかります。

消費者金融利用用途(資金使途)

「利用用途」については項目数が多いので上位5科目のみの抽出を行います。

使用用途 割合
趣味・娯楽 29.3%
食費 16.3%
家賃の支払い 13.8%
自動車購入費 9.0%
衣料費 8.1%

趣味・娯楽に利用されることがもっとも多いというデータが出ています。
食費、家賃の支払い、自動車購入費、衣料費と続きます。

大きな買い物というよりも、生活の中の身近な費用として借り入れされることが多いようです。

※この調査が各種信販会社なども対象になっているので「自動車購入費」については自動車ローンのものが含まれている可能性が高いです。

上記のようなデータから、消費者金融で借り入れをする人は必ずしも何かに追い込まれていたり、生活に困っていたりするわけではなく、通常の収入だけでは足りない生活の補足や急な出費などで必要になった際の生活費などで利用される傾向にあるようです。

消費者金融の利用者が増えていく理由

借り入れをする人が必ずしもお金に困っていないという事実が想定される中で、どうしてここまで消費者金融の利用者が多いのでしょうか。

消費者金融では簡単にお金を借りられる

消費者金融は審査に通ってしまえば驚くほど簡単に借り入れができます。
カードを使ってATMからお金が出てくる、Webで入力すれば指定の金額が口座に入っているという形式なので借金をしているリアル感がありません。

そして実際に利用すると、業者の対応も丁寧なので借りる前にあった「消費者金融=怖い」というメージが払拭されます。(※1)
※1.前述の日本貸金業協会の調査レポートの中でも「貸金業者に対する印象の変化」という調査がありますが利用する前と利用したあとでは印象の良さがどの年代も20%近く上昇しています。

「簡単に借り入れができる」「消費者金融は怖くない」に加え、リボ払いのように「返済額も毎月少ない負担で済む(※2)」となると利用者が増えるのは想像に難くないでしょう。
※2.返済に関してはリボ払い等の少額返済ではなく返済できる時に一気に返してしまうことをおすすめします。返済期間と利息の具体的な関係については「消費者金融で50万を借り入れた際の利息と最終的な返済総額」に詳しく記載していますのでそちらを参照ください。

借り入れ金の不足のため新規で借り入れする自転車操業は禁物

利用するのには便利ですが、借り入れをしている人が陥りやすいのが「借金グセ」。
何かあっても「借りればいいや」となってしまうような状態です。
きちんと返済はしているものの次々と借り入れを続け、利用限度額増枠、さらに借り入れ……と悪いサイクルに入っていってしまいます。

このような状態に陥ると、気が付いた時に多大な借金を背負っていて返済で火の車になっていたなどということにもなりかねません。
あくまで借金をしているという感覚を忘れずに計画的に利用するようにしましょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間



プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間