アコムからの借金を一括返済・全額返済する方法とメリット

カードローンを利用してお金を借りた際には、その返済は分割でしていくのが一般的です。返済期日までに決まった額を返済している方が多いのではないでしょうか。

しかし、なかには「借金の返済が長引いていていやだな」「ボーナスで全額返済できないの?」と感じる人もいるのではないでしょうか。

大手カードローン会社のアコムでは、借入金の一括返済が可能です。

そこで、アコムの一括返済とはどのようなものか一括返済のメリットと方法についてまとめました。
アコムでの借金を一括返済したい方、あるいはアコムでの借り入れを検討している方も必見の内容だと思います。

一括返済とは借入金を全額返済すること

一括返済するための特別な手続きは不要である

一括返済とは借りたお金と利息を一括で返済するものです。アコムに限らず借入金を一括返済するには、特に一括返済のための書類を準備するわけででもなく、残りの元金と返済日までの利息を払えばいいだけです。

全額の返済額を知るにはアコムのコールセンターに電話するのがおすすめ

一括返済のために残りの元金と利息は、自分で計算することもできますが、一括返済日によって利息がかわってきますので、アコムコールセンターに電話をして、一括返済する予定日を決め、全額の返済額を算出してもらいましょう。

アコム総合カードローンデスクの電話番号は、
0120-629-215
営業時間は、平日のみの9:00~18:00です。

自分で借り入れ残高を確認することもできる

自分で現在の残高確認を確認するには、支払い方法が口座振替、または利用明細書の送付を希望している場合にはカード利用明細書で確認できます。また、明細書の受取をWEBにしている場合には、会員ページにログインし、「明細の確認」より、現在の借入金の残高の確認ができます。

ただし、利用明細書が発行された日を過ぎてしまいますと利息分が増えてしまいますので、利用明細に記載された金額と一括返済額異なることがありますので注意しましょう。

また、アコムからの借入金を一括返済した場合には、アコムからの借り入れ自体は0円になりますが、契約を解約したわけではないので、お金が必要になった際には再びカードローンを利用することができます。

全額返済したからといってアコムとの契約を解約したわけではない

一括返済で借入金を全額返済したからといって、アコムとの契約そのものを解除する場合には、アコムカードローンデスクへ連絡をするかアコムの店頭窓口での手続きが必要となります。しかし、アコムのカードローンは手数料や年会費などの費用は無料です。
したがって、再びアコムを利用する機会がある方は、解約しないほうがいいでしょう。アコムとの契約を解約してしまうと、再び利用する際には、申し込み・審査、契約が必要となりますので注意しましょう。

一括返済の最大のメリットは利息総額が減ること

一括返済のメリットは、利息の総額が減るということです。
アコムに限らず消費者金融業者の借入金の利息は、
利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

で計算します。
そのため借りている期間が長ければ長いほど、利息総額は増えていきます。

それでは、アコムカードローンを一括返済した場合と分割返済した場合の利息総額を比較してみることにしましょう。

アコムでの一括返済と通常時の返済との利息総額を比較する

アコムでキャッシングした場合、一括返済することによってどのくらい利息総額が減るのか、具体例をあげて解説いたします。

アコムから金利18.0%で、30万円を1年間借りた場合、月1回返済(12回払い)したと考えると、利息総額は29,584円となります。

一方同様に、アコムから金利18.0%で30万円を1ヶ月間借りて、一括返済した場合、利息総額は4,438円
利息の差は、2万5000円も違います。

早く一括返済すればするほど支払う利息の総額が少なくなります。

毎月少額で返済すると返済額の負担は小さくなるかもしれませんが、結果として多くの利息を払うことなります。

また、アコムの提携先ATMやコンビニATMを利用して返済をすると利用ごとに1万円までは108円、1万円を超えると216円の手数料がかかりますので、この手数料も一括返済であれば節約できることになります。

また、アコムの場合には、無利息サービスを利用することによって利息総額を減らすことができます。

無利息サービスを利用して一括返済するとよりお得

アコムでの無利息サービス期間中に一括返済した場合には利息総額は0円になります。
ただし、アコムの金利0円サービスを受けられるのは、初回でのアコムの利用で、返済期日を35日ごとに設定した方が適用となります。金利0円サービスは契約日の翌日からサービス期間がはじまりますので、注意しましょう。
たとえば、3月1日に契約をして、3月15日に借入した場合でも、金利0円サービスの期間は3月2日~3月31日までとなります。

それではどのような方法で、アコムカードローンの一括返済をすればいいのでしょうか。一括返済の流れをみていくことにしましょう。

アコムでの借り入れ金を一括返済のする流れ

それでは一括返済したい場合にはどうしたらいいのでしょうか。一括返済の流れは以下の通りです。

  1. 一括返済する返済日を決める
  2. 借入金合計の返済額を確認する
  3. 返済方法を選ぶ
  4. 入金

一括返済する返済日を決める

まずは一括返済をする返済日を決めます。基本的に返済日はいつでも大丈夫です。次回の返済期日に合わせて全額返済することも可能です。

借入金額合計の返済額を確認する

返済日が決まったら、自分で残りの元金と決定した返済予定日までの利息を計算してもいいですが、確実なのはアコムのコールセンターに電話して一括での返済額を確認することです。電話や店頭窓口で『一括返済をしたいのですが・・』と担当者に伝えると、返済額だけでなく、返済方法についても案内してくれます。

返済方法を選ぶ

一括返済の返済方法については、後で詳しく解説しますが、口座振替以外の返済方法であればどの手段からでも一括返済が可能です。

口座振替以外の返済方法すべてで一括返済が可能

アコムの返済方法には、インターネット返済、アコムのATMでの返済、アコムの提携ATM(三菱東京UFJ銀行、セブン銀行などのATM)での返済、店頭窓口での返済、振り込みでの返済、口座引き落としでの返済などさまざまな返済方法があります。
なお、アコムの返済方法については、「アコムカードローンの返済方法」で詳しく解説しております。

アコムでは毎月返済しなければならない最低返済額がある

アコムの場合、毎月の決められた最低金額以上の金額であれば毎月の返済額を自由に変更しても問題ありません。毎月決められた最低金額を最少返済額といいます。アコムではこの最少返済額は、借入額により割合が決められています。その割合と最少返済額は下の図の通りです。

アコムカードローンの借入額と最低返済額
借入額 最低返済額の割合  利用限度額×割合 決定返済額
10万円 4.2% 4,200円 5,000円
20万円 4.2% 8,400円 9,000円
30万円 4.2% 12,600円 13,000円
40万円 3.0% 12,000円 12,000円
50万円 3.0% 15,000円 15,000円

例えば、アコムから30万円借りた場合、毎月の返済しなければいけない金額は、1万3000円となります。一括返済する場合には、残りの元金と返済日までの利息の合計額を支払うことになるので、最少返済額額以上の金額を入金することになります。

アコムで一括返済が可能な返済方法

一括返済が可能な返済方法が下記の通りです。

  • インターネット返済
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 銀行振り込み

上記の返済金額のいずれでも、一括返済が可能です。
ただし、返済方法で口座振替を選択している場合には、自動引き落としでの一括返済ができません。アコムコールセンターに連絡後、アコムコールセンターに電話をして、一括返済する予定日を決めてから、残りの元金と返済予定日までの利息の合計を算出してもらい上記の方法で一括返済する必要があります。

ATM返済時は1,000円未満の端数残高入金できないので注意

アコムの自社ATMを含む提携先ATMやコンビニATMでの返済では硬貨での支払いが一部の機械を除きできないということです。そのため、一括返済の際はピッタリの金額での返済が難しくなります。そのため、ATMでの一括返済するばあいには、1,000円未満の端数残高が残ってしまいます。

この利息の発生しない端数は「無利息残高」つまり、残高に対して利息や手数料がつかない残高扱いとなります。

アコムでの契約を解約する場合、借入金を完済することが解約の条件となっていますので、無利息残高がある状態では解約することができません。

もし、完済後にアコムとの契約を解約する場合には、インターネット決済や店頭窓口または銀行振り込みにて1円単位までぴったりと返済する必要がありますので注意してください。

なお、完済後に再び借り入れの申し込みした場合、この端数分は最初の返済日に精算されます。

一括返済の際に便利な返済方法はインターネット返済

アコムでの借入金を一括返済する場合に一番便利な方法が、インターネット決済です。その理由は、インターネットにつながる環境であれば、24時間いつでもどこでも返済が可能であることと、1,000円未満の端数が出てしまうATMでの返済とは異なりで1円単位での返済ができるということです。おまけに、利用手数料も無料なので、アコムでの借入金を全額返済する場合には、最もおすすめできる返済手段ですよ。
なお、インターネット返済については、「アコムのインターネット返済」にて詳しく解説しております。

長期の滞納や延滞の場合アコムから一括返済のお願いが来る

通常は、アコムでの借入金の返済については分割払いですが、アコムで借金をしていて長期の延滞や滞納などをしている場合、アコムから「一括返済」通知書や催告状が届くことがあります。

このような場合には、アコムからの通知書や催促状を無視するのではなく、アコムと今後の支払いについて話しあいましょう。
例えば、「一括返済は現状できないので、月々1万円ずつに支払いにしてほしい」などこちらの要求を伝えれば、アコム側も話し合いには応じてくれます。
また、支払いが難しく利用者本人がアコムと話し合いしたくない場合には、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談するのもいいでしょう。
アコムから一括返済のお願いが来ているということは、返済金の延滞が度々生じているか返済金を長期滞納しているおり、遅延損害金(実質年率20.0%)も発生している状態ですので、早めに対応することをおすすめいたします。

これまでみてきたように、アコムでの返済を一括返済することで利息総額を抑えられるというメリットがあることがおわかりいただけたと思います。お金に余裕のある際には、一括返済や繰り上げ返済を行って、早めの完済を目指すことが、アコムのカードローンを上手に利用するコツですよ。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間