アイフルのWEB申込やWEB契約を利用するとは来店不要で申込・審査・契約から借入まで可能

アイフルでは、契約ルーム(自動契約機・無人契約機)やATMの数も多く、提携先コンビニATMも対応しているので借り入れに便利です。

アイフルでの借り入れ時にローンカードを作ろうかなと思っている方、来店だと待ち時間があったり、人に見られる可能性があって嫌だなと思われる方も多いですよね

しかし、アイフルのネット申込なら来店不要で申込から融資まで行えることをご存知でしょうか。アイフルのWEB申込は、パソコンはもちろんスマートフォンでも、インターネット環境がある方ならとても便利な申込方法です。
ここでは、どういう流れでアイフルでのネット申し込みを行えばいいのかといった注意点などを解説します。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。




アイフルではインターネット申し込みは24時間365日いつでも受付可能

アイフルの申し込み方法には、店頭窓口契約ルームに来店するまたは電話での申し込み、そしてインターネットを使う方法がありますが、インターネット申し込みは24時間受付可能であるため、申込から最短30分で審査が完了します。
そのため、アイフルからすぐにお金を借りたい場合には、インターネットからの申し込みがおすすめです。
アイフルカードローンにインターネットで申し込む場合の流れは、以下のような流れとなります。

  1. アイフルの公式サイトを開く
  2. ネットで簡単今すぐお申し込みのボタンを押す
  3. 申し込みに必要な個人情報などを入力する
  4. 運転免許証などの必要書類を送信
  5. 審査開始(在籍確認)
  6. 審査結果がメールか電話で届く
  7. 契約・借り入れ

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。




アイフルでのインターネット申込の大まかな流れは上記の流れです。
それでは、インターネットの詳しい内容や注意事項がありますので確認していきましょう。

アイフルの公式サイトから申込を行う

アイフルのローンキャッシング(カードローン)をインターネットで申し込む場合は、まずは、アイフルの公式サイトを開きます。
なお、ホームページを開く端末は、パソコンでもスマートフォンでも構いません。
アイフルのホームページトップページを開くと、「今すぐお申し込み」というボタンが出ていますのでそちらを押しましょう。もしくは、申込方法ボタンの一覧にもネット申込の文言が出ていますので、そこから進んでも大丈夫です。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。



申し込みに必要な個人情報は間違いの内容に入力する

ネット申込のボタンを押すとすぐに必要事項の入力画面が出てきます。入力するのは以下のようなものです。

  • 申込者自身の氏名や勤務先、電話番号
  • 申込者の年収や勤務形態、勤務年数、保険の種類
  • 申込者の扶養家族の数や持ち家かどうか

なお、申込時に虚偽の申告をすると審査に不利になるばかりか、最悪の場合には、審査に落ちてしまう場合も考えられます。そのため、申込み時には記入漏れや記入ミスなどもないようにしましょう。

なお、年収額は手取り額ではなく、会社が税金などを引く前の総支給の金額で問題ありません。
なお、申込み時にローンカード受け取りについてや審査結果の連絡方法の入力欄もあるので決めてください。

また、後で詳しく説明しますが、申込み時に必要書類の送信が求められます。

審査結果は電話かメールで回答される

申込み後に特に確認事項がない場合は、基本的にはメールで申込者に仮審査の結果が回答されます。
なお、この際に運転免許証などの必要書類に不足があった場合はその旨も連絡があるので送信します。

審査結果回答のメールには、契約までの流れも記載があるので確認しましょう。ここで一度申込の時点で選択していた携帯電話などの連絡先に電話があり、在籍確認についての相談がされます。在籍確認とは審査を受ける人が本当に現在その会社に勤務しているのかという確認です。主には担当が個人名で会社に電話をかけて、申告した勤務先を確認するという形で行われます。

なお、審査結果の回答時間は、土日祝日を問わず9:00~21:00です。そのため、たとえ24時間365日申し込みを受け付けをしているインターネット申し込みで申し込みをしたとしても、夜の22時に申し込みをした場合には、審査回答は翌日の朝9時となってしまい、契約できないためアイフルから即日融資を受けることができません。

アイフルの審査に通過して契約が完了すればアイフルでの借り入れが可能となる

在籍確認後に反社会的勢力でないかなどの簡単な最終審査が行われて契約に進みます。

メールで契約に関する詳細が来ますので内容を確認してください。申込の際にカードを自宅発送か、それとも来店での受け取りかを選ぶ欄がありますので選んだ方法に応じてカードを受け取り、融資が可能になります。

なお、ローンカードの受け取りは無人契約機「てまいらず・契約ルーム」でも可能です。もし、ローンカードを郵送にしており、ローンカードを受け取る前に融資を受けたい場合や近くにATMがない場合は、銀行振り込みを使う方法もあります。

申込後に審査を急ぎたいなら申し込み完了後に電話をかける

アイフルは、公式ホームページでインターネット申込でも最短30分審査を謳っていますが、これはあくまで最短の時間です。
特に急いで審査結果が欲しいという場合は、申し込み後にホームページに記載されている番号に電話をかけてインターネットで申し込んだことと、急ぎ希望であることを伝えましょう。優先して審査をしてくれます。
申込内容に沿って審査に必要になりそうな提出書類について詳しく説明してくれます。ただし、電話受付も審査も基本は9時から18時までですので、急ぐ場合はこれに間に合うように申し込んだ方がいいでしょう。アイフルの電話番号は、0120-337-137です。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。


アイフルでのWEB申込時に必要な書類

申込時に必要な書類には、運転免許証などの本人確認書類と、場合によって収入証明書があります。使える書類を確認してみましょう。申込・契約時には運転免許証などの本人確認書類は必須
アイフルの審査で必ず必要なのは本人確認書類のみです。本人確認書類は以下のようなものが使えます。

  • 運転免許証
  • 顔写真入りの個人番号カード
  • 顔写真入りのパスポート
  • 健康保険証+住民票の写しなど現住所の分かるもの

外国籍の場合は次のようなものも準備しましょう。

  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

アイフルの契約時に必要な本人確認書類は、顔写真入りの公的書類が基本になります。顔写真がない健康保険証や、免許証などでも引越しなどで現住所が記載されていない場合は他に現住所の分かるものも必要になります。
これらはWEB上から提出できますし、FAXも可能です。WEB上から提出する場合はスマートフォンで写真を撮ってWEBサイトにある書類提出サービスを利用して送信すると便利です。もしもWEB上でのサービスがうまくいかないなどの場合は、ホームページ上や届くメールに記載されている専用のアドレスに送信しましょう。

収入証明書類が必要な場合がある

50万円以上アイフルで借りたい場合や他の貸金業者も合わせて借り入れが100万円を超える場合は以下のような収入証明書が必要です。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知
  • 給与明細
  • 確定申告書
  • 所得証明書

個人事業主の場合は確定申告書か所得証明書を求められますので注意しましょう。こちらも本人確認書類と同じ方法で送ることができます。

収入証明書類を送る際の注意点

収入証明を送る際には次のようなことは確認しておいた方が送信し直しなどの手間が少なくなります。

  • 収入証明書類は直近のものか
  • 支給年月、会社名とフルネームの記載があるか
  • 1年以上勤めているか、勤めていない場合は給与明細2ヶ月分か
  • 計算される年収は申告年収に近いか

これらの収入証明書類は必ず直近のものが必要ですので注意します。それから支給年月と会社名とフルネームがないと採用されないので確認しましょう。給与明細などで封筒に会社名やフルネーム、支給年月の記載がある場合は一緒に送信します。勤務して1年未満の場合は年間の収入証明書が使えないので注意しましょう。年間の収入証明が使えない場合は給与明細2ヶ月分と、あれば賞与の明細で計算をしますのですべて送信してください。

最後に総支給金額は申告の年収を下回っていないかは見ておきましょう。あまりに差があると登録の年収も少なくなって、本来作れたはずの限度枠も取れなくなるという事態になりかねません。とくに自営業の確定申告などは総売り上げではなく自身の収入が見られますので、節税などをしている方はご注意ください。

なお、アイフルで提出する収入証明書類については、「アイフルの申し込み・審査で収入証明書が必要な場合」で詳しく解説しています。

必要書類や収入証明書類の送付時と送信先に注意する

送信の際には送信先にも注意しましょう。また、提出する運転免許証などの書類が見切れていないかも確認してください。2枚に分かれる場合などでも、一部が重なるようにして、必ず全体像を送信します。
また、インターネット上の書類提出サービスを使う場合は、送信先を選ぶ上二つの欄で新規申し込み中の選択肢を選ぶように気をつけましょう。他の選択肢を選んでしまうと申し込みの部署ではないところに届いてしまい、審査が遅れてしまったり破棄されてしまう可能性があります。メールで送る場合にはメールアドレスの間違いにご注意ください。

ネット申込でも審査時の在籍確認の電話はある

アイフルではネット申込でも、審査時の在籍確認はほとんどの場合で必須になります。在籍確認は基本的に電話で行われます。在籍確認とは、審査の中で行われるもので、申込み時に申告した勤務先にきちんと在籍しているかをアイフルの担当者が実際に電話をして確認するものです。

審査時の在籍確認の電話連絡は個人名で行われる

会社に電話がかかってきて、借入がばれると困ると思う人も多いでしょう。しかし、在籍確認の電話はアイフルとは名乗らず担当の個人名で会社に連絡が行く形です。また、本人が不在でも今は不在ですよ、など在籍していることが確認できれば問題ありません。要望にも応えてくれますので、例えば自分が出たいなど時間の指定があれば対応してくれます。

勤務先への電話確認が難しい場合には書類提出での在籍確認できる

もし電話での在籍確認が嫌だったり、会社が個人情報の兼ね合いで電話を繋がないようにしているなどの場合は書類での在籍確認もできます。使える書類には次のようなものがあります。

  • 社会保険証
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書

書類での在籍確認の場合には会社の名前と本人のフルネームが入った書類が必要ですので、会社名のない組合保険などでは難しいです。また、源泉徴収票や給与明細は直近のものか半年以内のものが必要です。上記の書類がなかったり、あっても社名やフルネームがない場合は名刺やネームプレートなど何か確認が取れるものでも可能な場合があるのでアイフルの担当者に相談してみてください。

アイフルでの融資方法はATMからの融資か振込融資

アイフルでの融資の方法はいくつかあり、本人名義の銀行口座を登録すればネットからの融資も可能です。融資の方法を詳しく見てみましょう。アイフルで契約が済んだら、次のような方法で融資を受けることができます。

  • アイフルの自社ATM
  • 提携先のコンビニATM
  • 提携先の銀行ATM
  • 銀行振込
  • スマホアプリを利用してのセブン銀行ATMからの借入

なお、ATMを利用しての融資の場合には、ローンカードを発行してすぐに現金を引き出すことが可能です。
ただし、ATMを利用しての融資の場合にはローンカードが必要になりますので、店頭窓口や契約ルーム(無人契約機)で発行してもらうか、あるいは郵送で受け取ってから可能になります。
もし、申し込みの時点で郵送受け取りを希望した場合でも、店舗への来店での発行に切り替えることが可能な場合もありますので、急ぐ場合は電話をして切り替えを希望してもいいでしょう。

ATMを利用しての借り入れ

ATMを利用した融資の場合にはアイフルの自社ATMだと手数料がかからないのでおすすめです
。近くにない場合は提携先のATMが利用できます。引き出しに使えるコンビニは次のようなところです。返済にも使えるので確認しておきましょう。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • イーネットのあるコンビニ

なお、イーネットがあるコンビニにはファミリーマートやサークルKサンクス、ポプラ、スリーエフ、デイリーヤマザキなどがありますがすべての店舗に設置してある訳ではないのでご注意ください。銀行だと以下のところで引き出しが可能です。

  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 親和銀行

西日本シティ銀行は関西圏に、親和銀行は九州に多い銀行です。ただし、ローンカードを郵送で受け取る場合は、ローンカードが届かない限りATMの利用ができませんので、それまでの間は銀行振込での融資のみとなります。

銀行振込での融資はネットからでも可能

契約時のメールに記載されている方法で振込を希望すると、振込先の登録が求められますので必ず自分名義の振込先を登録して、カードの上限金額内の金額を入力して振り込んで貰いましょう。アイフルという名義で振り込まれるのが嫌な場合は個人名を使った振り込みができるサービスも行われています。

スマホアプリを利用してセブン銀行で借入や返済ができる

アイフルでは公式アプリよりカードレス(ローンカードなし)でセブン銀行ATMから、原則24時間いつでもローンカードなしで融資を受けることが可能です。現在、このようなスマホATM取引のサービスを展開している消費者金融はアイフルの他、プロミスSMBCモビットが実施しています。

スマホアプリを利用したセブン銀行ATMでの取引の流れ

スマホアプリを利用したセブン銀行ATMでのスマホATM取引の流れは下記の通りです。

  1. アイフル公式アプリにログイン)
  2. 「スマホATM取引」をクリック
  3. セブン銀行ATMで「スマートフォン出金・入金」を押す
  4. (※)専用QRコードが取引画面に表示
  5. 「出金」「入金」を選択してクリック
  6. (※)専用QRコードを読み取る
  7. 「企業番号」「ワンタイム暗証番号」が表示されるのでセブン銀行ATMの取引画面に企業番号を入力
  8. セブン銀行ATMの取引画面にワンタイム暗証番号を入力
  9. 取引金額を入力

振込融資で即日融資希望なら平日の14時までに契約を完了しておく

もし、当日融資希望であればご注意ください。午後に依頼すると翌営業日の振込になることが多いですし、特に14時以降は翌営業日の対応になります。午前中か午後の早いうちに振込を依頼すると当日振込がしてもらいやすいです。
どうしても当日中の融資を希望する場合には13時頃までに電話で依頼をする方が優先してもらいやすいでしょう。振込先の登録や金額の設定が分かりにくい場合も申し込み時と同じ番号に電話をかけて口頭で伝えれば振込を受けることが可能です。振込だと銀行の兼ね合いもありどうしても当日中の対応に限界がありますので、即日融資を希望する場合はカード受け取りを契約ルームなどにした方がいいかもしれません。

返済もWEBから手続きが可能

アイフルでの返済方法は次の通りです。

  • アイフルATMや提携先金融機関やコンビニATMからの入金
  • 銀行振り込み
  • 口座振替(自動引落)
  • 店頭窓口での支払い

上記に記載されているアイフルの返済方法については、「アイフルの返済方法の種類と返済期日」で詳しく解説しています。
インターネットバンキングを利用していればWEB上で銀行振り込みの手続きができますし、口座振替についてはアイフル公式サイトから自動引落をする口座の登録が可能です。WEB上で支払いまで手続きを完了させたい場合は利用してみましょう。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間