派遣社員がアイフルの審査に通過するにはどうしたらいいか

急な出費などでアイフルを利用してお金を借りたいけど、正社員じゃなく派遣社員での契約だから心配、という人も多いですよね。

しかしアイフルでは派遣社員であるからといって審査に不利ということは実はほとんどないと言われています。

ただし、派遣社員の方が申込み時に気を付けたいポイントはいくつかありますのでぜひ確認してみましょう。申込時の注意点や審査基準、派遣社員でもクリアできる審査で有利になるポイントなどもしっかり解説します。

派遣社員であってもアイフルを利用してお金を借りることはできる

アイフルを利用する予定だけれど、派遣社員でも大丈夫?と迷われる方は多いです。
しかし正社員かどうかはアイフルではそれほど気にする必要はありません。
アイフルカードローンの申し込み条件は、20歳以上70才までで、定期収入がある方となっています。
定期収入さえあれば正社員でなくパートやアルバイトでも大丈夫なので、もちろん派遣社員だからと言って特別不利になることはありません。年収にもよりますが大きな金額が借りられる場合ももちろんあります。日給であれ月給であれ、途切れることなく給与を得ている方なら心配しなくても大丈夫ですよ。

短期派遣契約の場合は定期収入とみなされない

派遣社員で唯一注意が必要なのは定期収入とみなされない契約をしている場合です。
定期収入とみなされない派遣社員には以下のような人が当てはまります。

  • 単発の派遣
  • もうすぐ契約が切れて更新される予定がない派遣

例えば1週間だけ、ですとか1か月だけの契約の場合は要注意です。更新の予定がなくそこで契約が途切れることが決まっていて次の派遣先を探さなければならないという場合は定期収入に当たりません。ただし以下のような場合は安定収入としてみなされます。

  • 派遣スタッフなど派遣先は日替わりだが契約は長期
  • 特に問題なければ毎回自動更新予定の更新制

派遣先はよく変わるけれど契約自体は長期で、同じ派遣会社から日替わりや月替わりで別の派遣先に派遣されているだけ、というようなものは大丈夫です。ただしこの場合は担当に派遣先を聞かれた場合には日替わりなどであることを説明しましょう。
また、数か月に一度など更新の紙を書いたり、更新内容が送られてくるけれど基本的に自動更新というものも問題ありません。要は同じ派遣元から途切れずに定期収入がある予定であれば問題ないと考えましょう。

派遣社員の場合は審査時の在籍確認の電話連絡に注意する

派遣社員の方で、申し込みの際に正社員よりも特に注意したいのが在籍確認についてです。まずは在籍確認とは何なのかを見てみましょう。
在籍確認とは審査時に申込者がその会社に勤めているかどうかを確認することをいいます。
アイフルの申し込み時には、申込者の氏名や勤務先など個人情報を申告します。この時勤務先は基本的に派遣元を申告し、派遣先が固定であれば派遣先の登録も後に行います。そしてこの時どちらかの会社で確かに働いているという確認が必要になります。これが在籍確認です。

在籍確認は基本的には電話で行う

アイフルで申込をする場合、基本的には申込時の連絡先の記載は推奨されています。在籍確認の前には担当から連絡があり、担当も電話での確認をまず切り出すでしょう。ただし派遣社員の場合は正社員よりも在籍の確認が取りにくい場合があります。これは次のような理由があるためです。

派遣会社(派遣元)に在籍確認の電話をしても確認がとれない場合がある

在籍確認を電話でとろうとする場合、アイフルの担当は申込者に確認を取った後で勤務先に個人名で連絡をします。
しかし、派遣元である派遣会社はたくさんの派遣社員を抱えていることもあって基本的に契約している派遣さんの個人情報を明かさないようになっています。そのためあなたの名前を伝えても取り次いだり、勤めているかどうかを教えてくれず在籍の確認が取れないということが多々あります。
派遣先に電話をかけて在籍の確認が取れればいいのですが、難しい場合もあることを覚えておきましょう。特に以下の場合は派遣先でも電話での在籍確認が取れません。

  • 派遣先も個人情報を明かさない会社である
  • 日替わりや週替わり派遣である
  • 大規模な工場など派遣社員の名前が把握されていない
  • 派遣先への連絡をあなたが拒否した

こういった場合は、もうひとつの書類での在籍確認が必要になります。

どうしても在籍確認の電話が難しい場合には書類提出でも可能

派遣先でも在籍の確認が取れなかったり、あるいはそもそも電話をして欲しくないという場合は書類での在籍確認も可能です。在籍確認として使える書類は以下のようなものになります。

  • 会社名の入った社会保険証
  • 会社名とフルネームの記載された給与明細などの会社の書類
  • 会社名とフルネームの記載された名刺や社員証、ネームプレート

社会保険証がある場合はそれを求められることが多いです。特に派遣社員は電話での在籍確認が取りにくい場合が多いので、できれば準備しておくことをおすすめします。申し込みの時に求められる本人確認書類などと一緒に提示してしまって、書類での在籍確認を希望する旨を担当に伝えればスムーズに進みます。ちなみに在籍確認に使う書類は派遣元の会社名でも派遣先の会社名でも構いません。また、給与明細での在籍確認の場合は半年以内に発行されたものが必要です。

派遣社員でもアイフルの審査で有利になるポイント

アイフルで審査を受けようと思っている場合は、以下のようなポイントが重要になります。申込時に申告するものについては間違えないように記載しましょう。

  • 同じ派遣元で勤続年数が長い
  • 他社の利用が少ない
  • 年収が高い
  • 会社の規模が大きい

それぞれについて詳しく見てみましょう。

同じ派遣元で勤続年数が長い

申込の時には入社年月を記載する欄があります。これは派遣先に勤め始めた時ではなく今の派遣元に登録した年月で構いませんので、間違いがないように入力しましょう。入社年月が早いほど、つまり勤続年数が長いほど信用が高くなり審査に有利になります。

他社での借り入れが少ない

アイフルをはじめとする消費者金融では総量規制という法律の兼ね合いで他社の消費者金融を含めて年収の三分の一しか借りられないと決まっています。そのため、他社で借り過ぎているとそもそも審査に落ちてしまう可能性があります。また、消費者金融でない銀行での借入やショッピングの分割払いなども少ない方が審査には有利です。

年収が高い

上記の総量規制にも関係して、年収は高い方が有利になります。年収も申し込みの時に申告しますので間違いのないようにしましょう。このとき年収とは税金を引かれた後の手取りでの金額ではなく、社会保険などを引かれる前の総支給での金額であることに注意します。月収に加えてボーナスや賞与などがある場合は加算しましょう。

会社の規模が大きい

会社規模を入力する欄もありますが、規模が大きい方が潰れにくく安定しているので信用が高くなります。派遣元についての社員数を記載する形になりますが、例えば営業所などの人数ではなく全体での人数ですので注意してください。通常通うわけでもないため派遣元のことは分からないという人が多いと思いますので、先に調べておくといいでしょう。

アイフルの審査基準は派遣社員でも特段変わらな


申込はできるけれど、派遣社員だと審査に不利にならないのかな?と考える人もいるかと思います。しかし、審査基準は派遣社員も正社員も、あとはパートやアルバイトなどでも基本的に変わりません。アイフルの審査基準を見てみましょう。
アイフルの審査基準は以下の通りです。

  • 申込者の属性スコアリングでの審査
  • 申込者の信用情報での審査

利用者の属性スコアリングでの審査

属性とは最初に申告する勤務先や勤続年数、年収、社会保険かどうか、持ち家の有無、扶養家族の有無などのことです。これらはコンピューターに取り込まれ、ここから自動的にどのくらい貸しても返済が可能なのかという判断が下されます。例えば総量規制上は100万円まで借りられる、という場合でもコンピューターが30万円まで、と判断することもあります。

公務員や正社員との違いがスコアリングに出る可能性はある

属性スコアリングには正社員か派遣社員か、もしくはその他のパートやアルバイトかという選択もあるので多少正社員でないことが関わってくる可能性はあります。ただ、派遣社員だから必ずいくらまでしか借りられない、ということはなくあくまで総合的な判断です。派遣社員でも大きな金額を借りられる人もいます。

申込者の信用情報での審査

もうひとつの審査が信用情報を見るものです。信用情報とは信用情報機関というところに登録されている、今までのお金の借入についての情報です。これには以下のような情報が含まれます。

  • 銀行での借り入れ
  • 消費者金融での借り入れ
  • ショッピングなどカードの使用履歴
  • 携帯電話など分割払いの履歴

これらについて次のようなところが見られています。

  • 年収に対して借り入れが多すぎないか
  • 総量規制を超過していないか
  • 現在支払い遅れがないか
  • 今までに金融事故の記録はないか

借り入れや総量規制については前述しましたが、他に主に見られるのは支払い遅れについてです。今現在支払いが遅れている状況だと審査に落ちてしまう可能性は高くなります。カードの引き落としができていなかったり、コンビニ払いが終わっていないものがないかには注意しましょう。また、金融事故についても当てはまらないか確認してみましょう。

金融事故とは信用情報に返済上の大きな問題があること

金融事故とはこれまでの返済に何かしらの問題があり、異動情報として信用情報に記載されてしまっているもののことを言います。これがあると多くの金融機関で借り入れをしたりローンを組むことが大変難しくなります。異動情報には主に以下のようなものが挙げられますのでチェックしてみてください。

  • 2か月以上など長期の延滞
  • クレジットカードなどの強制的な解約
  • 代理人による支払い
  • 自己破産などの債務整理
  • 弁護士を通すなどして借り入れ額の変更をしたり返済免除を受ける

金融事故の履歴が残ると、5年から10年もの間その履歴は消えなくなってしまいます。数年の間に上記のようなことがあった場合は、この為に審査に落ちるかもしれないということは覚えておきましょう。ちなみに、少額であれば異動情報があってもアイフルで借り入れができるケースもあるようです。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間