三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の申し込みから審査の流れと審査基準

三菱UFJ銀行は、「バンクイック」という名称のカードローンがあります。
三菱UFJ銀行は、三井住友銀行、みずほ銀行といった三大メガバンク1つで日本中に店舗があります。そのため、三菱UFJ銀行カードローンは場所を選ばず全国どこでも利用することが出来ます。実際に、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の利用を検討している人も多いのではないでしょうか。

ここでは、三菱UFJ銀行カードローンの申し込みから審査の流れや審査基準について詳しく解説いたします。

三菱UFJ銀行カードローンの特徴

まず、三菱UFJ銀行カードローンの特徴をみていきましょう。
三菱UFJ銀行カードローンの大きな特徴は以下の5つです。

  • 1,000円単位で借り入れ可能
  • 消費者金融に比べて1.8%~14.6%と低金利である
  • 全国の三菱UFJ銀行ATM・提携コンビニATMが利用できる
  • Eメールサービスがある
  • その場で借り入れ可能なテレビ窓口がある

1,000円単位で借り入れ可能

三菱UFJ銀行カードローンは、最低借入金額は10万円ですが1,000円単位で借り入れ可能です。
例えば、10万円よりも少し多く借りたいけれど、11万円まではいらないといったときに役立ちます。つまり、10万4千円を借り入れするということも可能です。

消費者金融に比べて1.8%~14.6%と低金利である

三菱UFJ銀行カードローンは実質年利率が1.8%~14.6%と低金利です。まず、他の銀行系カードローンと金利を比較してみましょう。

下限金利 上限金利 利用限度額(極度額)
三菱UFJ銀行 1.8% 14.6% 500万円
横浜銀行 1.9% 14.6% 1,000万円
スルガ銀行 3.9% 14.9% 800万円
みずほ銀行 2.0% 14.0% 800万円
りそな銀行 9.0% 12.5% 200万円
三井住友銀行 4.0% 14.5% 800万円

上記の銀行カードローンの中だと最低金利(下限金利)が一番低いことが分かります。
カードローンは借入金額が高いほど金利は低くなります。最高借入金額のときの金利が最低金利だと考えます。ですので、500万円を借りる場合は、銀行系カードローンの中で最低基準の金利になります。

下限金利 上限金利 利用限度額
SMBCモビット 3.00% 18.00% 800万円
プロミス 4.50% 17.80% 1万円~500万円
アコム 3.00% 18.00% 1万円~800万円
アイフル 3.00% 1万円~800万円

大手消費者金融の金利と比べると、下限金利、上限金利ともに三菱UFJ銀行カードローンが低いのがわかるかと思います。そのため、実質年利率(金利)でカードローンを選ぶ方は、三菱UFJ銀行カードローンが断然おすすめです。

全国の三菱UFJ銀行ATM・提携コンビニATMが利用できる

三菱UFJ銀行カードローンの借り入れや返済の際に、三菱UFJ銀行のATMと、さらには提携しているコンビニのATMも利用することが出来ます。

手数料無料の三菱UFJ銀行のATM・提携のコンビニATMは全国にあるので、カードローンを利用するにあたって大変便利です。転勤や引越しなどで住所が変わっても、そのまま返済などの手続きをすることが出来るからです。

Eメールサービスがある

三菱UFJ銀行カードローンはEメールサービスも充実しています。
三菱UFJ銀行のEメールサービスでは、返済期日(返済日)が近くなると事前にメールで知らせてくれます。
このEメールサービスに登録すれば、うっかり期日を過ぎてしまうといったことが起こりにくくなるので、是非利用したいサービスです。

テレビ窓口を利用してその場でローンカードを受け取ることができる

運転免許証などの必要書類を持参してテレビ窓口で申し込みをすれば、その場でカードを受け取ることも出来ます。(申し込み時間や審査状況によっては後日郵送になります。)テレビ窓口は、三菱UFJ銀行が休業となる平日の15時以降や土日祝日でも利用可能です。

三菱UFJ銀行カードローンの審査の流れ

カードローンの申し込みから審査まで
三菱UFJ銀行カードローンの審査までの流れは以下のようになっています。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡
  4. 契約・カード発行
  5. 利用開始

三菱UFJ銀行カードローンの申し込み

三菱UFJ銀行カードローンは、インターネット・電話・テレビ窓口の3種類の申し込み方法があります。三菱UFJ銀行に口座がある人は申込から契約までWEBで済ませることも出来ます。

先ほど説明しましたが、テレビ窓口でしたら即日カード発行も可能です。

三菱UFJ銀行カードローンでは、d契約することになっても口座を作る必要がありません。
口座を持っていない人でしたら、テレビ窓口での申し込みだと、面倒な必要書類の郵送などもなく早く契約することができるのでおすすめです。

申し込みや契約に必要な書類は本人確認書類

三菱UFJ銀行カードローンは契約時に必要書類を提出します。
誰でも絶対に必要な書類は本人確認書類です。
希望の借入限度額が50万円を超える場合のみ収入証明書も必要となります。

三菱UFJ銀行カードローンの申込時に必要な本人確認書類は、運転免許証・健康保険証・パスポート・マイナンバーカードなど氏名・住所・生年月日が分かり、有効期限内のものです。

なお、テレビ窓口での申し込みの場合は、運転免許証でないと即日カード発行は出来ません。運転免許証以外の本人確認書類になると、カードは後日郵送になります。

収入証明書は、源泉徴収票・納税証明書・確定申告書・住民税決定通知書のうちのいずれかを用意します。

必要書類は、テレビ窓口で直接提出するか、FAXでの送信、写真撮影をして画像をWEBでアップロード、の3つの方法があります。

お急ぎの方は、テレビ窓口での提出がおすすめです。運転免許証があればその場でカード発行が可能だからです。
もし、お時間に余裕があるならば、WEBで写真をアップロードすることが手軽で楽に提出できます。

また、提出義務はありませんが、勤務先の住所・電話番号・社員数・入社年月を申し込みの際に記入しなければならないので、これらが分かる書類も用意しておくと良いでしょう。これら必要書類に不備がありますと、審査が出来ませんので借り入れまでの時間が長くなります。必要書類はきちんと用意しましょう。

申し込みや契約に必要な書類は本人確認書類

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」では、申し込みから仮審査までが3営業日程度、
TV窓口を利用する場合すると、仮審査の結果が出てから即日のうちにローンカードが発行され、融資を受けることが可能となります。

三菱UFJ銀行カードローンの審査基準

それでは、三菱UFJカードローンの審査基準とはどのようなものなのでしょうか。
審査基準は主に以下の項目となります。

  • 申込者の属性スコアリング
  • 他社借入金額や他社借入件数
  • 在籍確認による勤務先の確認
  • 申込者の信用情報

申込者の属性スコアリング

三菱UFJ銀行カードローンでは、審査の際に属性スコアリングを利用しています。
属性スコアリングとは、コンピュータが申込者の情報(属性)を点数化し、採点(スコアリング)することにより、申込者のローンの返済に関する信用度を点数化します。
この点数により、審査を通すかどうかをコンピュータが自動的に判断することが出来るので審査を早くすることが出来ます。
判断される申し込み情報(属性)と点数の付け方についての一覧です。

申込者の属性 審査に有利になる条件
年齢 30~40代が1番点数が高い。
職業 大企業や公務員等安定した職業であると点数が高い。
雇用形態 アルバイトや契約社員よりも正社員だと点数が高い。
勤続年数 長ければ長いほど点数が高い。
年収 高ければ高いほど点数が高い。
居住形態 持ち家が一番点数が高い。賃貸だと点数が低くなる。
居住年数 長いほうが点数が高い。
家族構成 既婚で親と同居していると点数が高い。独身の一人暮らしが一番点数が低い。
電話所有の有無 携帯電話と固定電話の両方を所有していると点数が高い。

これらの項目について採点し、申込者の信用度を数値化することが属性スコアリングです。
この点数が高ければ高いほど、三菱UFJ銀行カードローンの審査に通りやすくなります。
三菱UFJ銀行カードローンでは、パートやアルバイト・年金のみの方でも、安定した収入があれば申し込み可能です。
専業主婦や主夫でも配偶者が安定した収入があれば申し込みできます。
このことから三菱UFJ銀行カードローンは、雇用形態よりも年収のほうが重要視されていることが伺えます。

他社借入金額や他社借入件数

三菱UFJ銀行カードローンは、他社借入金額や他社借入件数も審査の対象になります。
他社借入金額が多ければ、横浜銀行での借り入れに対する返済が難しくなるので、年収や借入希望金額とともに考慮し、三菱UFJ銀行への返済がきちんと出来るのか審査されます。
三菱UFJ銀行カードローンの公式ホームページには、簡易的な借り入れ可能診断を行うことが出来ます。この借り入れ診断では、生年月・性別・独身既婚・借入件数・借入金額を入力し行われます。

これにより、審査基準として借り入れ件数や借入金額が関わってくることが分かります。

申込者の信用情報も審査基準になる

三菱UFJ銀行カードローンでは信用情報も審査の対象になります。
信用情報とは、その人の現在の消費者金融や銀行から借り入れしている総額や、その返済状況(残高や滞納があるかどうかなど)、過去のローンの利用状況のことをいいます。
三菱UFJ銀行カードローンに申し込む際に、個人情報の取り扱いに関する同意事項に同意しなければなりません。その同意事項には、信用情報を集めて保存・管理している個人信用情報機関から情報を利用するということが記されています。
個人信用情報機関は、個人の現在や過去の借り入れ・返済状況などの信用情報を記録していて、銀行などが提示を要求したときに、その信用情報を消費者金融に提出します。

個人信用情報機関は、株式会社日本信用情報機構(JICC)CIC全国銀行協会(JBA)の3種類があります。
消費者金融や銀行を利用したときに、その消費者金融や銀行が加入している個人信用情報機関に利用金額や返済状況などの信用情報が登録されます。

三菱UFJ銀行カードローンはCICとJICCの二か所に加入しています。
ですので、三菱UFJ銀行カードはCICとJICCに登録してある、申込者の利用状況を見て審査の参考にしていると考えられます。

審査時には申込者の職場への電話連絡はどのような場合でも必ず一回は行われる

三菱UFJ銀行カードローンは必ずではありませんが、審査時に在籍確認を行うことがあります。
在籍確認は、申込時に申請した勤務先に本当に在籍しているのかを確認するために行われます。

もしも、勤務先が違っていた場合、もしくは本当は働いていなかった場合は、三菱UFJ銀行カードローン側が想定している返済が行われない可能性もあります。
返済がきちんと行われず、貸し倒れが起こらないために在籍確認が行われるのです。

在籍確認は、三菱UFJ銀行カードの審査担当者が申込者の勤務先に電話をすることにより行われます。勤務先だけでなく、申込内容に間違いがないか自宅に確認の電話がくることもあります。もし在籍確認が行われた場合でも、銀行名や担当者名を名乗ってくれるので、カードローンを利用することが周囲にバレることはありません。
どうしても職場への電話連絡が難しい場合だとしても、必ず一回は申込者の勤務先へ電話を連絡します。その際に、申込者が申告した勤務先に勤務していることが確認できない場合には、審査担当者から申込者へ勤務先確認ができなかった旨の連絡があります。その際に、担当者に職場への電話連絡が難しいため

どうしても職場への電話連絡をなしにしたいのであればSMBCモビットのWEB完結申込を検討する

SMBCモビットは三井住友銀行グループではありますが、消費者金融のカードローンで銀行カードローンではありません。
SMBCモビットでは審査時に基本的に職場への電話連絡をを行っています。WEB完結申込を選択すると、社会保険証や組合保険証を提出すれば、職場への電話連絡なしで、契約をすることが可能です。
どうしても勤務先への電話連絡をしたくないという人は、SMBCモビットのWEB完結申し込みを検討してみてもよいでしょう。

SMBCモビットの特徴

モビット

申込後10秒簡易審査結果表示 WEB完結可能

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
実質年率3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査時間10秒簡易審査
融資までの時間当日融資
14:50迄の振込手続完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有


大手消費者金融では書類提出で勤務先への電話連絡なしにすることが可能

消費者金融のカードローンの場合には、審査時には基本的に職場への電話連絡を行います。
ただし、アイフル、アコム、プロミスは、書類提出に応じてくれることがあるようです。その場合、以下のような書類の提出によって、在籍確認をします。

  • 社会保険証
  • 直近1ヶ月分の給与明細
  • 写真入りの社員証
  • 雇用契約書の写し

プロミスやアイフルなどでどうしても職場への連絡をさけたい場合には、申込み後に審査担当者に職場への電話連絡が難しい旨を相談してみましょう。
ただし、申込状況やタイミング、職場電話を避けたい理由などによっては承諾されないこともあります。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間


三菱UFJ銀行カードローンの審査に落ちてしまう理由

それでは三菱UFJ銀行カードローンの審査に落ちてしまう理由とはどのようなものなのでしょうか。
次のような場合には、三菱UFJ銀行の審査に落ちてしまう可能性があります。

申込内容と事実が異なる

申込内容と事実が異なる場合は、虚偽の内容で申請したということで審査に落ちます。

もしも、事実とは違う内容で申し込んだとしても、横浜銀行は提出される本人確認書類や在籍確認、個人信用情報機関からの情報により、すぐに嘘だと分かります。
虚偽の内容で申し込みをすれば、横浜銀行の申込者への信頼は0になると言えます。

このようなことをすれば、三菱UFJ銀行カードローンの審査に落ちる上に、社内ブラックリストに載ってしまい、二度と三菱UFJ銀行で借り入れすることが出来なくなる恐れもあります。また、三菱UFJ銀行カードローンの審査を行う保証会社はアコム株式会社です。

虚偽の内容で申し込みをしてしまうと、今後アコムのカードローンの利用も難しくなります。

審査に落ちるのが怖いからと、申込書に嘘を書くことは絶対にやめて下さい。

他社での借入件数や借入金額が多い

三菱UFJ銀行カードローンの公式ホームページには簡易診断をすることが出来ます。
その借り入れ診断には他社での借り入れ件数と借入金額を記入する欄があります。
ですので、他社借入件数と金額も審査の基準になることが分かります。
ちなみにこの簡易診断は他社借入件数が5件以上、もしくは他社借入金額が800万円を越えると「お申し込み可能と考えられます」から「利用が可能かどうか判断できませんでした」となりました。

このことから、他社借入件数が5件以上もしくは他社借入金額が800万円よりも多い場合は審査に通りにくくなるでしょう。

三菱UFJ銀行カードローンは銀行系カードローンなので、貸金業法ではなく銀行法を順守して運営しています。ですので、年収の3分の1以上の貸し付けを禁止する貸金業法の総量規制を守る必要はありません。

しかし貸金業法の総量規制は、利用者が年収の3分の1以上の金額を借りてしまうと、返済が困難になり生活が立ちいかなくなるのではないか、という考えの元設定されたものです。
そのことから、2017年10月に三菱UFJ銀行を含む三大メガバンクがカードローンの貸付上限を法律で制限されていないが、自主的に設定しました。

そのことにより、他社での借り入れ金額が年収の3分の1に達していると審査に通りにくくなり、年収の2分の1を超えてしまうと、審査に通るのはかなり難しくなります。

他社借り入れ金額が多く、既に年収の2分の1に達している人が審査を通過するこは厳しいです。

短期間に複数社のカードローンに申し込みをしている

短期間にたくさんのカードローンに申し込みをすると、その人はお金にかなり困っている「申し込みブラック」とされます。
カードローンに申し込みをした時点で個人信用情報機関にその情報が半年間登録されるので、たとえ申請しなかったとしても三菱UFJ銀行側には申込者がどのくらいカードローンに申し込んでいるのか把握されています。一般的に月に3回以上申し込みをすると、申し込みブラックとなります。

信用情報に金融事故情報がある

三菱UFJ銀行カードローンは、2,3カ月以上も返済を延滞する「長期延滞」、本人以外の親や保証会社が返済する「代位弁済」債務の免除や減額を申請する「債務整理」といった金融事故を起こしてしまいますと、審査に通りにくくなります。
個人信用情報機関には、長期延滞は延滞解消日から1~5年間、代位弁済は5年間、債務整理は5~10年間記録されます。
この期間内に以上のような金融事故を起こした人は審査に通りにくいです。

保証会社でのトラブルがあった

三菱UFJ銀行カードローンは、大手消費者金融であるアコム株式会社が保証会社を務めています。
保証会社であるアコム株式会社が、申込者を審査し保証人となります。
ですので、保証会社であるアコムと過去にトラブルを起こしてしまっていると、その記録が残されて今後アコム株式会社での借り入れはもちろんのこと、アコム株式会社を保証会社としている三菱UFJ銀行カードローンも利用することは難しいでしょう。

三菱UFJ銀行カードローンの審査に通るためにできることは?

借入希望額を必要最低限にする

三菱UFJ銀行カードローンの審査に通るためには、借入希望額を年収や他社借入金額と照らし合わせて、無理なく返済出来る金額を希望金額とすることが大切です。
返済することが現実的ではないような金額では、三菱UFJ銀行カードローンの審査に通ることは出来ません。
後から追加融資を申し込むことも可能です。
まずは必要最低限の金額を希望して、審査に通ることを目標としましょう。

他社での借入件数や借り入れ金額を減らしておく

先ほど説明しましたように、三菱UFJ銀行カードローンでは他社借入件数が5件以上、もしくは他社借り入れ金額が800万円を超えてしまうと審査に通りにくくなります。
ですので、三菱UFJ銀行カードローンの審査に通るためには、他社での借入件数は4件以下に、他社借り入れ金額は800万円より少なくしておくといいです。
借り入れ金額は800万円から、借入希望額を差し引いた額くらいまで減らしておくとさらに審査に有利になります。

申込情報は間違いのないように申告する

申込情報に間違いがあると、虚偽の内容で申告したと判断されます。
申込情報は間違いの無い正しい情報で提出しましょう。
1度そういった虚偽申告があると、三菱UFJ銀行カードローンどころか保証会社であるアコム株式会社でブラックリストに載ってしまう可能性があります。正しい内容で申し込みしましょう。

三菱UFJ銀行カードローンのカードローンの審査に落ちてしまったら

アコム以外の消費者金融の申し込みを検討する

三菱UFJ銀行カードローンでの審査に落ちてしまったら、大手消費者金融に申し込んでもいいでしょう。
大手消費者金融は銀行系カードローンよりも金利が高い傾向にありますが、審査は少し通りやすい傾向にあります。
しかし、三菱UFJ銀行カードローンの保証会社は大手消費者金融であるアコム株式会社です。
ですので、三菱UFJ銀行カードローンに落ちてしまい、大手消費者金融を検討する際はアコム株式会社以外の会社にすべきです。
また、大手消費者金融は貸金業法を守らなければなりません。貸金業法には、本人の収入の3分の1までしか貸し付けをしてはならない総量規制というものがあります。ですので、無収入の専業主婦や、すでに他社などで年収の3分の1ほど借り入れしている場合は、大手消費者金融でも借りることは出来ません。
自分に安定した収入があり、借り入れが年収の3分の1より低い人は、アコム以外の大手消費者金融に申し込んでみでも良いでしょう。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間