公務員が周囲に内緒でプロミスを利用するためにはどうしたらいいのか

公務員や医師、弁護士の方などの方は社会的地位があって、年収も高く、リストラや離職率が低く安定しているため、上場会社の会社員と同様にスコアリングでは高い得点がつく傾向があります。これは、プロミスだけなく消費者金融や銀行のローン審査においても同様です。

公務員の方にとっては、カードローン審査時の属性スコアリング項目の職業においては大きな強みとなり、高い得点が出ることにより、融資可否だけでなく、融資可能額や金利面などにおいて有利となります。

しかし、公務員の方の場合、職場や周囲の人に消費者金融を利用しているということを内緒にしたいと思います。

ここでは、公務員の方がプロミスを利用する際に勤務先や周囲の人にバレないで利用するためのポイントを詳しく解説したします。

公務員はプロミスの審査では有利である

プロミスのカードローンの審査では、公務員の方には有利な結果が出やすくなっています公務員の方にとっては、審査基準の1つである申込者の属性スコアリング項目の職業においては大きな強みとなり、高い得点が出ることにより、融資可否だけでなく、融資可能額や金利面などにおいて有利となります。

公務員でも信用情報に問題があると審査には通らない

いくら公務員が審査に通りやすい職業だといえども、以下のような信用情報に傷がある場合には審査に落ちてしまいますでの注意しましょう。

  • 他社借入件数や金額が多い
  • 長期の滞納や債務整理などの金融事故の記録がある

なお、プロミスカードローンの審査基準については、「プロミスの審査基準と審査に通るためのコツ」で詳しく解説しています。

他社借入件数や金額が多い

公務員がプロミスの審査に落ちてしまう理由は、すでに他社での借入件数や金額が多い場合や他社消費者金融での借入額が申込者年収の3分の1を超える借金(他社借入)がある場合です。公務員の場合でも総量規制の上限を超える融資を受けることはできません。
総量規制とは、消費者金融をはじめとする貸付業者からの融資を年収の3分の1までに制限している法律の規制をいいます。すでに他社から多額の借入をしているならば、プロミスの審査に落ちてしまう可能性が高くなります。
いくら公務員が審査に有利だからといって、総量規制の例外になるわけではありません。

プロミスでは事前に融資可能どうかをWEB上で判断できる

プロミスでは、申し込み前にWEB上にある借り入れシュミレーションを利用して、事前に融資の可否を判断できます。
もし、プロミスの審査に通るかどうか心配でしたら是非ご利用ください。ただし、この借り入れシュミレーションはあくまでも目安です。

プロミスの3秒診断_借り入れシュミレーション

過去に長期の延滞や債務整理など記録がある

過去に長期の滞納や債務整理などの金融トラブルを起こしたことのある人も、プロミスの審査に落ちてしまいます。
返済の長期延滞や自己破産といった金融事故情報を個人信用情報機関に金融事故情報が記録されている人はブラックと見なされ、プロミスの審査はおろか、銀行カードローンやクレジットカードの審査にも落ちてしまいます。申込時に過去の金融事故情報を隠したとしても、プロミスでの審査時に個人信用情報機関に問い合わせれば、すぐにバレてしまいます。加えて、申込時の年収や勤務年数の虚偽申告も審査落ちの原因になりますので、申込時は必ず正確な内容を申告するようにしましょう。

職場や家族にバレないでプロミスを利用するには

いくら公務員ががプロミスの審査に有利であり、融資条件も良いとしても、職場や家族などにプロミスの利用が知られてしまうと、気まずい思いをする方も多いとおもいます。
職場や家族などにプロミスの利用がバレてしまう場合が多いケースは以下の場合です。

  • 審査時の在籍確認の電話(勤務先)
  • 契約書類やローンカード取引明細書などの郵便物の送付(家族)
  • 返済の滞納時の催促の電話(家族・職場)

審査時の在籍確認の電話では職場に個人名で電話がある

プロミスの審査時に、申込時に申告した勤務先へ電話をして申込者が本当に勤務先に在籍しているのかを確認します。(在籍確認の電話)申込者の勤務先にプロミスの担当者が電話をするために、職場の同僚などのキャッシング利用がバレてしまわないか心配だと思いますが、プロミスの担当者は社名を言わずに個人名で電話をかけ、申込者本人以外に電話のを明かすことはありません。
職場にプロミスの利用がバレてしまうことを防ぐのであrば申し込みが完了したあと、携帯電話にかかってくる本人確認の際に、在籍確認についてプロミスの審査担当者と相談し職場に電話がかかってくる時間帯の指定やかけてくる担当者の性別は指定をしてもらうのもいいでしょう。

また、あらかじめ職場の方に「クレジットカードをつくったので、職場に電話がある」であると通知しておくのもいいでしょう。

事前にプロミスの担当者に相談することで審査時の在籍確認の電話をなしにできる

職場にバレてしまうまたは、勤務先に電話がかかってくることがないので不審に思われるなどの理由で在籍確認の電話が難しい場合には、例外として在籍確認の電話をなしにすることも可能です。ただし、その際には、勤務先への電話確認の代わりに書類する必要があります。なお、

みずほ銀行三菱UFJ銀行などの銀行カードローンの場合、審査時の職場への電話連絡を回避することはできません。(セブン銀行カードローンの場合に条件を満たせば、在籍確認の電話はなし)

どうしても在籍確認の電話して勤務先を確認することが、できない場合などは、プロミスの担当者の判断で電話以外の方法に変更してもらえることもあります。プロミスの担当者より在籍確認の電話の代替として提案されるのは、健康保険証や組合保険証と直近の一か月分の給与明細書を提出する場合がおおいです。

勤務先への電話連絡が難しい場合には、申し込みが完了時点、または申し込み前にすぐにプロミスの担当者に相談してみることをおすすめします。なお、プロミスカードローンの申し込みが完了するとすぐに担当者が借り入れ審査を進めてしまう場合もありますので注意しましょう。

在籍確認の電話をなしするための流れ

在籍確認の電話を流れをなしにできる流れは以下のとおりです。

  1. 事前にプロミスに電話し、勤務先への在籍確認が難しい旨を相談する
  2. インターネットや自動契約機で申込みを行う
  3. 申込後直後再度在籍確認の電話をなくしてほしい旨を電話で連絡
  4. 必要書類の提出時に会社名の入った社会保険証などの指定されて書類を提出する

ただし、社会保険証などの必要書類を準備できないときには、申込者の勤務先への在籍確認が完了しないと、審査を通過できません。

契約を来店契約にすることで契約書類やローンカードの郵送を回避できる

プロミスでは、WEB申込み時時の際に契約書やローンカードが後日郵送となる場合もあります。自宅への郵送物を避けるのであれば、WEB申込や電話での申し込みの後に、自動契約機で契約(来店契約)することで、契約書やローンカードの郵便物が自宅に届かないようになります。

取引明細書の郵送を回避するにはWEB明細にする

貸金業法では、融資の取引をした場合にはその取引明細書を渡し、その明細書に記載される内容についても細かい規定があります。自社のATMやコンビニなどの提携ATMの場合には出金や入金をした時に出てくる明細書には、貸金業法の規定を満足させる内容に変更が行われているため、自宅に明細書を送付することはありません。どうしても、利用明細書の自宅への郵送を回避するには申込み時の「書面の受取方法」をWEB明細にすることで、利用明細書の郵送を回避できます。
ちなみに、WEB明細にすることは、初回契約時にプロミス30日間無利息期間サービスを受ける際の条件の1つです。(もう1つの条件は、メールアドレスの登録)そのため、申込み時にWEB明細を選択することをおすすめします。

WEB申込後に無人契約機で契約すると郵送物の回避が可能

プロミスのカードローンの申し込み方法には次のようなものがあります。

家族に内緒でプロミスを利用するには、WEB申し込みを行い(WEB明細を選択)、その後、来店契約(自動契約機)で契約することで、自宅や職場への郵便物も回避できます。


長期の返済の滞納の場合には勤務先への電話連絡されてしまうこともある

プロミスでは返済の滞納や遅延が発生した場合にはプロミスは契約者の者の携帯電話に連絡をして督促電話を行います。
それでも返済がなされない場合には自宅に督促状が郵送されてきます。その督促状を無視し続けると、最終的には電話がかかってくる場合もあります。
もちろん、プロミスを名乗ることは携帯電話や自宅への電話同様にありませんが、勤務先に借り入れしていることが発覚してしまう恐れも考えられます。
返済期日を守ってきちんと返済していれば、このようなかたちで職場に電話がかかってくることは一切ありません。

共済組合の貸付制度を利用すればプロミスよりも遥かに低金利でお金を借りること可能

公務員の方がお金を借りるには、消費者金融会社だけではなく、いろいろな方法があります。公務員の方であれば、共済組合の貸付制度を利用してお金を借りることができます。
共済組合の貸付制度を利用した場合の借入限度額は、月額給与の6倍まで(上限額200万円)です。また、金利は、2.66%~4.66%の範囲です。
金利面においては、消費者金融や銀行カードローンなどの民間金融機関と比べると、非常に有利な条件でお金を借りることが可能です。

ただし、共済組合の貸付制度の利用する場合、審査期間長いためプロミスなどの消費者金融と異なり即日融資はできません。また、借入金の使用用途も申込み時に申請する必要があることや返済時は給与天引きになることもあり、家族に共済組合の貸付制度を利用していることが知られてしまうこともあります。

誰にも知られずにすぐにお金を借りたい場合はプロミスを利用し、家の修繕や車の購入など借り入れする金額が多く使用用途がはっきりと決まっている場合には、共済組合の貸付制度を利用するといいでしょう。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間