アイフルのローンカードを紛失してしまったときの対応や再発行の流れ

消費者金融でキャッシングを利用する場合には、契約時に自社ATMや提携先ATMで利用可能なローンカードが発行されるのが多いと思います。このローンカードがあれば、銀行のキャッシュカードやクレジットカード同様にATMからお金を引き出すことが可能になります。

もし、アイフルのローンカードを紛失してしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか。
また、アイフルのローンカードはすぐに再発行することができるのでしょうか。ローンカードを再発行する際にどのような手続きをしたらいいのでしょうか。

ここでは、アイフルのローンカードを紛失してしまった場合の対処方法や再発行の手続きをご紹介いたします。

アイフルのローンカードを失くしてしてしまった時はすぐにアイフルに届ける

アイフルのローンカードを失くしてしまった時は、不正利用されないようローンカードの利用停止処理をしてもらうことです。
ローンカード紛失・盗難に気付いた場合、すぐにアイフルの専用ダイヤルへ電話して、担当者にローンカードを紛失した旨を伝えましょう。。
アイフルのローンカード紛失・盗難専用ダイヤルは下記の電話番号です。

  • 0120-109-437(自動音声サービス)
    自動音声が流れたら1を押す(平日9:00~18:00 )
  • 077-503-5102(オペレーター)
    直接担当者とつながる(土日祝日・上記の時間以外の平日の時間帯)

上記のように、平日と土日祝日・平日夜間とで連絡先の電話番号が分かれます。
この時、利用者の住所・氏名など登録情報を答える方法で本人確認を行います。

利用停止の電話する前の注意点

アイフル専用ダイヤルでローンカード利用停止をしてしまうと、たとえなくしたローンカードが出てきた場合でも、ローンカードを利用した一切の取引(ATMを利用した返済または借り入れ)が停止になります。

アイフルでのローンカードの再発行手続きを始めるまでの間に、なくしてしまったローンカードを発見したとしても、一度失くしてしまったローンカードの利用再開は受け付けてもらえません。
まり、いったんローンカード利用停止した以上は、必ずローンカード再発行が必要となります

そのため、自宅内でローンカードを失くした場合などは、アイフルへの電話前にもう一度よく探してみることをおすすめします。

最寄りの警察署に紛失または盗難届を出す

万一、アイフルでのローンカードの不正利用があった場合、その借入額分の返済免除を求める際に警察署発行の「届出受理証明書」をアイフルに提出します。これを発行してもらうには、ローンカード利用停止と合わせて紛失届・盗難届のいずれかを最寄りの署に提出しておく必要があります。
アイフルローンカードをなくした場所だけでなく、警察にも「なくした(または)盗まれた」ことを届け出ましょう。

ローンカードの再発行には運転免許証などの本人確認書類が必要

アイフルのローンカードを紛失してしまった場合には、再発行が可能です。また、再発行するために必要な書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
    (住民票と合わせ来店時契約時のみ有効)

上記にあげた本人確認書類のいずれかと現住所が異なる場合には、下記の書類が必要となります。

  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 携帯電話の領収書は不可
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

上記、いずかの書類は発行から6か月以内ものが必要となります。
アイフルローンカードを再発行する場合の手数料は、郵送・自動契約機・店頭窓口のいずれの方法でも324円<です。すぐにローンカードの再発行をしたい場合には、自動契約機を利用して再発行するといいでしょう。

ローンカード再発行時に収入証明書類の提出や勤務先への電話があることもある

ローンカードなどの再発行手続きの際、アイフルから以下のような質問をされることがあります。

「ローンカード再発行にあたって、登録情報にお変わりありませんか?」

登録情報とは、新規契約時にアイフルに伝えた勤務先、年収雇用形態(正社員・派遣社員・アルバイト・パートなど)などの情報です。

これらの登録情報が変わっている場合には、給与明細や所得証明書などの収入証明書類の提出や在籍確認(勤務先への電話連絡)を行うこともあります。

申込み時と状況が変わっている場合、必要書類・在籍確認の有無は個別に異なるため、利用停止時の電話オペレーターに尋ねましょう。

ローンカードなしでも返済・借り入れは出来る

前述したいずれの再発行方法でも、ATMで使えるローンカードが手元に届くまで時間がかかります。その間の返済・借り入れはどのようにすればいいのでしょうか。

たとえローンカードがなくても返済期日を伸ばすことができない

アイフルではローンカードがなくても返済は可能です。したがって、再発行まで返済を猶予してもらうことは出来ません。
あらかじめ決められている約定返済日に間に合わなければ、遅延損害金が発生し督促されます。アイフル社内に返済遅延情報が記録され、遅れた日数によっては信用情報に記載される(ブラックリスト入り)ことも考えられます。
このため、返済日が迫っているときは必ずいずれかの方法で支払いましょう。

ローンカードなしで返済する方法

ローンカードを再発行してもらうまでに返済する方法は、下記の4つの返済方法です。

  • 口座引き落とし
  • 銀行振込
  • アイフルの自社ATM
  • コンビニメディア端末

上記の中でもすぐに返済でき・なおかつ手数料がかからないのは、アイフル自社のATMです。

口座振替にする場合には直近の返済日に登録が間に合わない可能性もある

申し込みは郵送でも可能ですが、書類返送の時間があるため1~2週間ほど時間がかかります。一方でスマホ・パソコンから会員ページにアクセスして行うWeb登録なら、翌日には受付完了します。
しかし、直近の返済から口座振替してもらうには、約定返済日に合わせて下記日程でWeb登録を済ませる必要があります。

  • 約定返済日が3日の場合:直近の返済日から8営業日+1日前以前
  • 約定返済日が26日~28日のいずれかの場合:毎月27日の8営業日以前

アイフル指定の休業日があるので、直近の返済日に登録が間に合うかは時期・状況によります。利用停止時、電話オペレーターに尋ねましょう。

振込融資であればローンカードがなくても借り入れ可能

ATMからキャッシングするときは必ずローンカードが必要になるため、借り入れは振込のみとなります。銀行口座を用意して、下記いずれかの方法で借り入れの申し込みを行いましょう。

  • 電話予約:0120-109-437
    受付時間は平日9:00~18:00
  • インターネット予約
  • アイフル会員サイトで受付(スマホまたはパソコン)

電話の場合、ローンカード利用停止の際にかけた電話番号とは異なります。受付時間に注意しましょう。
なお、振込名義は、インターネット・電話の予約方法でも「アイフル(株)」か「AIセンター」のいずれかから指定することが出来ます。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間


どうしてもローンカードを利用して借り入れをしたい場合には他のカードローン会社への申込を検討する

アイフルでの振り込みによる借り入れの場合、お手持ちの口座や振込予約をしたタイミングによって、翌営業日まで待つ必要があります。
例えば金曜日に予約をした場合、月曜日まで手元にお金が届かない可能性が考えられます。
このような場合には、新規に他のカードローン会社に申し込んだ方が、早くお金を借りることが可能です。
また、初回契約であれば無利息期間サービスも利用できます。(無利息期間サービスを利用する際には。アコムは、35日ごとの返済、プロミスはWEB明細とメールアドレスの登録が必要です。)

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間