アイフルの金利を下げる3つの方法

アイフルを利用していると、毎月返済する金額の中には利息(金利)が含まれています。
もともと利息は金利によって計算されており、元金には含まれないため利息の負担が減るのであれば、うれしいものです。

それではどのようなことをしたら、アイフルで初回の契約時に設定された金利を下げることができるのでしょうか。

ここでは、アイフルの金利を下げる具体的な方法や金利を下げる際の交渉に成功するポイントなどを解説したします。

アイフルカードローンの金利は3.0~18.0%である

アイフルのカードローンの金利は、アコムやアイフルなどの大手消費者金融カードローンの金利とあまり変わりありません。
下の表で大手消費者金融と銀行系カードローンとの金利を比較してみました。

大手消費者金融金利比較
消費者金融会社 金利(実質年率)
アイフル 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
ノーローン 4.9%~18.0%
銀行カードローン金利比較
銀行カードローン 金利(実質年率)
三菱UFJ銀行カードローン 3.5%~14.0%
三井住友銀行カードローン 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 4.0%~14.5%
オリックス銀行カードローン  1.7%~17.8%

上の表を見ると、消費者金融は銀行系カードローンを含めて比較すると高いことが分かります。また、アイフルとアコムは貸付金額に応じて利息の上限を定めている「利息制限法(詳しくは後述)」の上限金利と一致しています。

アイフルの初回契約時の金利は上限金利が設定される

アイフルを含む全ての消費者金融は、以下を原則として、利用者と契約しています。

  • 申し込み・借り入れ時の担保や保証人は不要
  • 契約者の返済能力を信じて貸す

これを「信用貸し」と言います。
信用貸しにおいて、お客様としての信頼度の決め手になるのは「アイフルへの返済実績」です。新規契約時の限度額に関わらず、返済実績を一定以上積むまでは完全に信頼してもらえません。

つまり「新規契約時点では誰にでも貸し倒れリスクがある」とアイフルは考えています。
そこで、消費者金融会社の利益となる「金利(利息)」を予め高く設定しています。

そのため、アイフルを含む消費者金融で初回契約の場合には、上限金利が設定されるわけです。

アイフルでの金利や利息などは、「アイフルの金利と利息額の計算方法」で詳しく解説しています。
では、アイフルカードローンを利用している場合には、どのようにしたら金利を下げることが可能なのでしょうか。

アイフルの金利を下げるにはどうしたらいいのか

アイフルで金利を下げる方法は以下の3つの方法です。

  • 利用限度額の増額する(増枠)
  • おまとめローンの利用
  • 金利引き下げ交渉を行う

それでは、各項目を詳しく解説していきます。

利用限度額の増額する

アイフルでは、契約時設定された利用限度額を増額することが可能です。利用限度額を増額することによって、金利が下がることがあります。
なぜなら、利用限度額によって利息制限法に定められている上限金利が異なるからです。利息制限法の定めによる借入額の元金と上限金利の関係を下の表にまとめましたのでご覧ください。
冒頭で少し触れた「利息制限法」という法律が関係しています。利用限度額を一定以上の金額まで増やすことで、法定の上限金利が下がります。
その結果、現在の契約内容より安い利息になる可能性があります。

借入元金 上限金利
10万円未満 年20.0%
10~100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

アイフルに限らず消費者金融では、上の表に記載されている上限金利を超える金利と利用者から取ってはいけないと、利息制限法に記載されています。
(利息制限法で定めた上限金利を超える金利を取った場合には無効。)
現在、アイフルで17.8%(アイフルカードローンの上限金利)に近い金額で借り入れをしている場合には、利用限度額を増額することで金利が下がる場合があります。
例えば、アイフルカードローンを利用していて、80万~90万円の借り入れがあり、その上、借り入れ金の金利が18.0%の場合などは、利用限度額を100万円にすることで金利がさがります。

増額の申し込み方法

利用限度額の増枠を希望する手段は、以下の3つです。

  • インターネット(アイフル会員サイト)
  • 電話
    会員専用フリーダイヤル:0120-109-437(平日9:00~18:00)
  • 契約ルーム
  • アイフルから増額の案内がある場合もある

いずれの場合も申込み時に増額審査があります。すぐに利用限度額を引き上げられるわけではありません。
なお、アイフルで利用限度額を増額する場合には最短即日で審査結果連絡があり、通過した場合はその連絡をもって増額となります。ただし、契約時から勤務先が変わった、また収入が変化した場合には審査時間がかかるので、増額申込から増額審査結果の連絡まで2~3日かかる場合があります。

収入証明書として提出できるもの

アイフルの利用限度額を増額する場合には収入証明書が必要となります。
(50万円を超える利用限度額になるなる場合が多いため)
アイフルで提出可能な収入証明所は以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2カ月分)
  • 住民税決定通知書または納税通知書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 所得証明書

いずれも提出するのはコピーとなります。
なお、収入証明書は利用限度額の申込み時に提出します。

おまとめローンを利用することで金利を下げることができる

銀行や消費者金融でのカードローンの多くでは、複数社のローン一本にまとめて借り換えを行う、おまとめローンのサービスを提供しています。
もちろん、アイフルでもおまとめローンを利用することが可能です。

アイフルのおまとめローンは借り換え専用の総量規制対象外のローン

アイフルのおまとめローンは、アイフルの公式ホームページに記載されているように、貸金業法に基づくおまとめローンです。つまり、複数の消費者金融業者から借り入れをしている方が、その債務を一本化することができるローンです。基本的にアイフルを含むおまとめローンは、債務を一本化するという商品の特性上、顧客に一方的に有利な借り入れと定められているので、総量規制の対象外となります。
なお、アイフルの通常のカードローン(フリーローン)は総量規制対象のカードローンです。

アイフルのおまとめローンはパート・アルバイトでも安定した収入があれば申し込み可能

アイフルのおまとめローンの申し込み資格は、20~65歳で安定収入があればパートでもアルバイトでもまたは派遣社員でも問題ありません。また、年収による制限もないので、銀行系おまとめローンとは異なり安定した収入があれば気軽に申し込みが可能です。
アイフルのおまとめローン、かりかえMAXとおまとめMAXの詳細情報は下の表の通りです。

アイフルおまとめローンの詳細
おまとめMAX かりかえMAX
申し込み条件 アイフルを利用していたことがあり、20歳以上65歳以下で本人に安定した収入がある方 アイフルの利用は初めてで20歳以上65歳以下の本人に安定した収入がある方
資金使途 他社借入金の借換えのみ
借換対象ローン 銀行カードローンや消費者金融・クレジットカードなどのキャッシング
融資額 1万円~800万円
金利適用方式 単一金利
借入利率 3.0%~17.5%(実質年率) 3.0%~17.5%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 元利定額返済方式
返済期間・回数 最長10年、1回~120回
担保・保証人 不要
必要書類 本人確認書類(運転免許証、または健康保険証、パスポートなど) 収入証明書(源泉徴収票、確定申告書などで最新のもの)借り入れを証明できる書類

なお、アイフルのおまとめローンについては、「アイフルのおまとめローン「おまとめMAX・かりかえMAX」の特徴や申込方法・審査基準」で詳しく解説しています。

金利の引き下げ交渉をする

金利の引き下げ交渉とは直接アイフルの担当者と話し、利用限度額はそのままで契約条件の見直し(金利引き下げ)をしてもらう方法です。それでは、アイフルでの金利引き下げ交渉の方法・例を紹介します。

金利の引き下げ方法は電話で行う

アイフルの担当者と金利引き下げ交渉を行う場合には、会員専用フリーダイヤル(0120-109-437)の営業時間内に電話します。
利用限度額の方法と違い、インターネット・アイフルの契約ルームでは対応していません。
それではどのように交渉をしたらいいのでしょうか。
交渉による金利の引き下げは、アイフルの通常業務ではないものです。これまでのアイフルでの取引実績(返済状況)や信用情報はもちろんのこと、交渉時の印象も金利引き下げ判断に影響します。

  • 「アイフルを今後長く利用する意思がある」旨を伝えること
    • お金に困っていそうな印象を与えない

交渉で金利引き下げとなるのはあくまで「特別対応」なので、アイフルにとってメリットのあるお客様であることを強調しなければなりません。
ここで交渉の一例を紹介してみます。

    「ATMでも借り入れや返済ができるので、アイフルを利用したいが、他社カードローンのほうが低金利なのでアイフルを今度利用するかどうか迷っている。金利を引き下げてくれれば、今後もアイフルと取引したい」

アイフル担当者との交渉次第になりますが、利用者に返済能力があり、今度も長くアイフルを利用する意志が伝われば、現在の金利を下げてもらえることもあります。

金利引き下げ交渉に成功するためのポイント

優良顧客を認められることで金利を引き下げてもらえる

アイフルでは大前提として、アイフルが「優良顧客」と認めた人しか金利下げに応じてくれません。
アイフルだけでなく消費者金融業者の多くは、消費者金融業者側から優良なお客さんだと認識されると利用限度額の増額(増枠)や金利の引き下げなど、利用者に有利な条件でキャッシングが利用できます。
金利引き下げに成功しやすい条件を考察すると、以下のようになります。

  • 返済期日までに滞りなく返済している
  • 利用限度額に余裕がある
  • 積極的に繰り上げ返済を行っている
  • 新規契約から1年以上/返済期間が通算6カ月以上
  • 収入が安定している(契約後よりも収入が増えた)

金利引き下げの成否は、ここに書かれている条件だけで判断されるものではありません。
新規契約時の審査と同様、総合的に判断されます。まずは、いずれかの方法で試してみましょう。

具体的な金利の引き下げができる目安として アイフルを利用して6か月以上経過してしており、なおかつアイフルでの返済時の遅延や滞納がないようであれば、アイフルコールに電話をして担当者に金利引き下げの交渉をしてみてはいかがでしょうか。

返済に遅れたり返済実績がないと金利の引き下げは難しい

利用限度額の増額やおまとめローンの利用・電話による金利引き下げ交渉のいずれの方法でも、金利の引き下げに失敗しやすい人には一定の傾向があります。まとめると、以下のようになります。

  • 支払いに遅れたことがある
  • 限度額いっぱいまで借りている
  • ほとんど繰り上げ返済していない
  • 返済実績が6カ月未満
  • 契約から1年経っていない

アイフルでは、利用可能枠に余裕がある人ほど・完済実績が多い人ほど好印象にとらえる傾向があります。返済実績については、冒頭で述べた通りアイフルからの信用を高める必須条件です。

また、返済の遅延や滞納については、アイフルでは社内の取引データや利用者の信用情報からの記録からしっかりと管理してるため、返済が遅れがある場合には、返済能力にもんだがあると判断され

なお、利用者の信用情報に残っている返済の遅延や滞納などの記録記録(通称ブラックリストと呼ばれる状態)については、遅延が解消されてから2年で消えます。
ただし、アイフル社内で管理されている情報には、抹消までの期間の定めがありません。
つまり、一度アイフルで返済の遅れをしてしまうとアイフル社内のデータにずっと残ったままになってしまいますので、金利の引き下げに不利になってしまいますので注意しましょう。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間