アイフルの審査における利用者の信用情報との関係

信用情報というのは、利用者のローンやクレジットの申し込みや契約、返済の履歴のことです。

この信用情報は、カードローンやクレジットカードの審査時にたいへん重要になってくる情報です。

信用情報には何が記載されているのでしょうか?
また、信用情報と深い関わりがある個人信用情報機関というのはどのような機関なのでしょうか。これらの信用情報をアイフルでは借り入れ審査時に利用者の信用情報をどのように利用しているのでしょうか。

ここでは、カードローンを利用する際に大切になってくる利用者の信用情報アイフルでの審査における信用情報との関係について詳しく解説いたします。

信用情報とは利用者のローンの申し込みや契約などの履歴

カードローンに関する審査などの情報を見ている時によく出てくる「信用情報」とは一体何なのでしょうか?信用情報というのは、クレジットカードやカードローンなどの申込や契約に関する記録のことです。具体的には個人を識別するための情報と、申込・契約内容、支払状況、残高で構成される情報のことを指します。

信用情報に記載されている項目

信用情報に記載されている内容は以下の通りです。

利用者の個人情報

  • 氏名・生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先
  • 運転免許証等の記号番号

利用者の契約内容に関する情報

  • 登録会員名契約の種類
  • 契約日
  • 貸付日
  • 契約金額
  • 貸付金額
  • 保証額

なお、アイフルと契約を行った場合は、アイフルとの契約内容が登録されます。
これらの信用情報の登録期間は契約継続中及び契約終了後から5年間です。。

返済状況に関する情報支払い状況などを表す情報。

こちらの信用情報の登録期間は契約期間中及び完済日から5年を超えない期間です。
ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実にかかわる情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間とされています。

  • 入金日
  • 入金予定日
  • 残高金額
  • 完済日
  • 延滞

取引事実に関する情報

下記が金融事故の有無(異動情報)などの情報です。これらの情報が登録された場合「ブラックリストに載った」などと言われます。

申込みに関する情報

新規で申込みを行った際に登録される情報です。審査が落ちても申込みの情報の登録は行われています。
登録期間は申込み日から6ヶ月を超えない期間です。

  • 申込日
  • 申込商品種別
  • 契約予定額
  • 支払い予定回数
  • 照会会社名

個人信用情報機関が利用者の信用情報を保管している

利用者の信用情報の記録を保管している機関のことを「個人信用情報機関」と言います。代表的な個人信用情報機関としては「株式会社日本信用情報機構(JICC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」「全国銀行個人信用情報センター」などがあります。
アイフルをはじめとするカードローン会社やクレジット会社は、個人信用情報機関に登録を行っており、利用者の信用情報を信用情報機関に渡しています。クレジットカード会社やカードローン会社は顧客に無断で行っておるわけではありません。申込を行う時の契約書や規約に、信用情報機関に信用情報を渡すことへ同意する項目が含まれているのです。

アイフルが加盟・登録している個人信用情報機関はJICCとCIC

アイフルが登録している個人信用情報機関は「JICC(ジェイアイシーシー)株式会社日本信用情報機構」と「株式会社シー・アイ・シー」の二社です。それでは、この2つの個人信用情報期間の特徴をみていきましょう。

JICC(ジェイアイシーシー)株式会社日本信用情報機構

代表的な信用情報機関の一つで「JICC(ジェイアイシーシー)」と呼ばれています。主要な業務として信用情報の収集・登録・管理・提供を行っています。多くの消費者金融業者がJICCを利用しています。

株式会社シー・アイ・シー

シー・アイ・シーも代表的な信用情報機関の一つで「CIC」とも表記されます。主要な業務として消費者信用取引に係る信用情報の収集・管理・提供・開示を行っています。多くのクレジットカード会社・信販会社がCICを利用しています。
JICCとCIC以外にも、大きな信用情報機関として「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」という会社がありますが、アイフルは利用していません。アイフルのようにJICCとCICの二社を利用している消費者金融業者としては他に、アイフル、アコムなどがあります。複数の信用情報機関を利用しているのはより確かな審査をするためだと考えられます。

申込者の信用情報はアイフルの審査どのように影響するのか

それでは、利用者の信用情報がアイフルでの借り入れ審査でどのように影響について解説したします。
アイフルの審査では、申込者の年収や勤務先などの「属性情報」と他社借り入れ件数や過去の金融事故の有無などの「信用情報」の二つを判断材料にしています。

アイフルでは審査時に申込者の信用情報を照会して融資の可否を判断している

アイフルでは、申込者がカードローンに申込をした後に、必ず申込者の信用情報を個人信用情報機関に照会して、信用情報に問題がないかどうかを判断しています。

アイフルでの審査では申込者の信用情報に事故情報があるかどうかを判断している

個人信用情報機関に照会をして得られた信用情報を、アイフルは審査においてどのように活用するのでしょうか。
アイフルでは審査の際に、申込者の信用情報に「金融事故情報(異動情報)」がないかを確認します。こうした金融事故情報があると、返済能力に疑問を持たれることになり、アイフルの審査に通ることが難しくなります。いくら年収が高いなどの属性情報がよくても、信用情報によって落ちてしまうということがあるのです。
金融事故情報というのは、クレジットカードやカードローンなどの長期延滞、代位弁済といったネガティブな情報のことを言います。
主な金融事故の種類は以下の通りです。

  • 2~3か月以上の返済金の長期の延滞
  • 法的に借金を整理する債務整理(任意整理や自己破産)
  • 支払いができなくなった代わりに第三者が支払いを行う代位弁済
  • 金融機関側から一方的に契約を解除される強制解約

これらの事故情報が一度記録されると最長1年~10年間は消えることはありません。この事故情報(異動情報)があると審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

同時に複数の金融機関に申込をしている場合も注意が必要

アイフルを申し込むのと同時に他の消費者金融や銀行などに申し込みを行ってしていないでしょうか。
他の消費者金融への申込み状況は、信用情報に記録され、個人信用情報機関によって各金融機関が利用者の申し込み履歴を共有しています。そのため複数社への同時の申し込みは「よっぽどお金に困っている人」という印象を与え、審査に落ちてしまう可能性があります。(いわゆる「申し込みブラック」と呼ばれています。)

アイフルの申し込みから審査結果が出るまでの時間は。最短30分と早く、アイフルでの申し込み後は、審査結果はすぐに受け取れるので、複数のカードローンに一度に申し込みするのは避けましょう。

アイフルの審査時には申込者の信用情報から他社借り入れの件数や金額の確認もしている

アイフルが個人信用情報機関を通じて入手する大切な情報として、他の消費者金融業者やクレジットカード会社からどれだけの借り入れを行っているかというものがあります。なぜこの情報が大切なのかというと、「総量規制」という決まりがあるからです。

アイフルは総量規制対象のカードローン

総量規制とはクレジットカード(キャッシング枠)やカードローンなどの借入を、年収の3分の1までに制限する決まりです。
たとえば年収300万円であれば、借入総額上限は100万円までに制限されます。アイフルを含む消費者金融系のカードローンは総量規制の対象のカードローンです。

一方、みずほ銀行カードローンなどの銀行系カードローンは総量規制の対象外になります。
総量規制での借入額は、他社との借入との総額で計算されるので、他の金融機関での借入額に関する情報が必要になるのです。たとえば、年収300万円で、他社で60万円の借金がある場合、300円÷3-60万円=40万円までというのが借入の上限額になります。

なお、アイフルの審査基準については、「アイフルの審査基準と審査を通過するポイント」で詳しく解説しています。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間