アコムを含む消費者金融の借り入れがフラット35の審査にどう影響するのか

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携した長期固定金利型の住宅ローンです。
資金の受取時に返済終了までの借入金利と返済額が確定するため、長期にわたるライフプランが立てやすい住宅ローンであるため住宅購入時にフラット35を検討している方も多いかと思います。

特に、消費者金融でお金を借りた経験がある方のなかには「消費者金融を利用したことで、フラット35や住宅ローンの審査が厳しくなるのでは?」と心配な方も多いかとおもいます。

ここでは、アコムを含む消費者金融の借り入れがある場合のフラット35(住宅ローン)の審査に与える影響についてまとめてみました。

アコムのおすすめポイント
  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり



フラット35とは長期固定金利型の住宅ローン

フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携した長期固定金利型の住宅ローンです。

住宅金融支援機構が民間金融機関から買い取った住宅ローンを担保に債権を発行し、資金調達を行うことで住宅ローンを実現しています。なお、フラット35のローンの申込は、各金融機関の店頭窓口で行います。
フラット35を取り扱っている主な金融機関は以下のとおりです。

上記で記載した金融機関の、地方銀行や第二地方銀行、信用金庫でもフラット35の取扱をしています。
なお、フラット35の詳細は、フラット35公式ホームページ(金融機関一覧)に記載されています。

フラット35は固定金利制の住宅ローンのため住宅ローンの中では審査に通りやすい

フラット35は、一般的な住宅ローンと異なり、固定金利制のため、住宅ローンの中では比較的審査に通りやすいローンの1つです。

消費者金融を利用している際にフラット35の審査に通過できるのか

それではアコムやプロミスなどの消費者金融を利用してお金を借りている人がフラット35の審査に通過できるのでしょうか。
結論として、消費者金融からお金を借りすぎていないのであれば、フラット35からお金を借りることが可能です。
ただし、以下のようなケースの場合には、フラット35の審査に落ちてしまう可能性があります。

  • 信用情報に長期の延滞や債務整理などの金融事故情報がある
  • 消費者金融や銀行カードローンで利用限度額の上限までお金を借りている
  • 返済負担率が30~35%を超えている

信用情報に問題があると審査を通過するのは難しい

過去に消費者金融や銀行カードローンで長期の延滞や債務整理など金融事故(異動情報)の履歴が信用情報に記載されている、いわゆる、「ブラック」と認定されているような人の場合にはフラット35の審査には通りません。
金融事故の種類とは以下の通りです。

  • 長期延滞
  • 債務整理
  • (任意整理、自己破産など)

  • 代位弁済
  • 強制解約

フラット35の審査基準である返済負担率を超えている

返済負担率とは、申込者の年収からローン返済額を割った割合です。返済負担率にはカーローンなどの目的別ローンの返済はもちろん、アコムやプロミスなどの消費者金融また三井住友銀銀行カードローンへの返済金額も考慮されます。
フラット35の返済負担率は基準は以下の通りです。

  • 年収400万円未満:30%以下
  • 年収400万円以上:35%以下

年収300万円の場合は年間90万円(月々7万5,000円)以下年収400万円の場合は年間140万円(月々約11万5,000円)が目安になります。
上記の金額はあくまで年間のローン返済額であり、利用限度額(極度契約額)の合計ではありません。

たとえば、年収300万円で毎月、消費者金融のアコムに2万円、三井住友銀行カードローンの返済に2万円、カーローンに1万円返済している人の場合、

月々のローン返済額は、6万円

よって、年間のローン返済額は72万円となります。

そのため、この場合の返済負担率は24%となります。
関連項目:消費者金融で借り入れある場合の住宅ローンの審査への影響

消費者金融で借り入れがある場合にフラット35の審査に通るためのポイント

それでは、アコムやプロミスなどの消費者金融で借り入れがある場合にフラット35の審査に通るためにはどうしたらいいのでしょうか。

毎月の返済をきちんと行う(返済の遅延をしない)

信用情報に長期の滞納などの金融事故の履歴があるとフラット35の審査に通りません。
消費者金融で借り入れがあるのであれば、返済を滞りなく行うことが大切です。また他のカードローンや自動車ローンなども利用しているなら、毎月の返済を遅れないようにしましょう。

フラット35の申込前に借り入れの完済を目指す

フラット35の返済負担率の基準は、年収400万円未満は30%以下、年収400万円以上は35%以下です。この返済負担率の基準を超えないようにするために、消費者金融や銀行カードローンでの借り入れがある場合には申込前に完済しておくようにしましょう。

技術基準に適合した住宅を購入する

フラット35の審査に通過するためには、購入する住宅が技術基準に適合していることも必須です。
技術基準とは、建築基準法に適合しているかチェックするための基準のことで、一戸建てやマンションなどで耐久性や環境基準、省エネルギー制などの基準が細かく決められています。フラット35の技術基準については、フラット35の公式ホームページ(技術基準:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】)に記載されていますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間