消費者金融で50万を借り入れた際の利息と最終的な返済総額

消費者金融でお金を借りた際に気になる利息。
ATMからお金を引き落としている時には自由自在にお金が手に入るような気分になってしまうものですが、返済の時に思っている以上に利息が付いて返済に困ってしまったり、逆に何ヶ月かきちんと返済したと思っていても残高を見てみたら自分が思っていたより返済できていなかったということはよくあります。

これは利息についてきちんと理解していないことで起こってしまう問題です。
消費者金融で借り入れする上で利息はもっとも重要な要素ですが、意外ときちんと認識していない人が多いのも現状です。

今回は実際に消費者金融での50万円を借り入れたケースを想定して具体的な返済総額について確認していってみましょう。

はじめに覚えておきたい金利の基礎知識

具体的な金額を算出する前に、金利について覚えておかなくてはいけないルールを簡単にまとめます。

金利については利息制限法という法律で上限利率が決まっている

金利については「利息制限法」という法律で次のように定められています。

  • 借りたお金が10万円未満の場合は年利最大20.0%
  • 借りたお金が10万円?100万円未満の場合は年利最大18.0%
  • 借りたお金が100万円以上の場合は年利最大15.0%

消費者金融の金利の計算方法

もし既に借り入れしている場合には自分の借りている額に対して必要以上に利息がかけられていないかを確認してみてください。
ポイントは下記の2つです。

  1. 利息が法律の範囲以上にかけられている場合には、違法な闇金融の可能性がある

  2. 過去にこの利息以上の利率で返済をしてしまった場合には、過払い(払い過ぎ)の可能性があり、過払い金としてお金が戻ってくる可能性がある

いずれの場合も当てはまるのであれば弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談してみましょう。

大手消費者金融の金利設定はそれほど差がない

大手消費者金融の金利がどのくらいなのか比較してみましょう。、当サイトでピックアップしている消費者金融と銀行カードローンの金利を一覧にしてみました。

消費者金融・銀行カードローンの金利比較
金融機関 金利
モビット 実質年利3.0%~18.0%
三菱東京UFJ銀行 実質年利1.8%~14.6%
新生銀行カードローンレイク 実質年利4.5%~18.0%
オリックス銀行カードローン 実質年利1.7%~17.8%
プロミス 実質年利4.5%~17.8%
アコム 実質年利3.0%~18.0%
アイフル 実質年利4.5%~18.0%

「実質年利3.0~17.8%」といったものから「実質年利4.5~18.0%」といったようなものまでさまざまです。

金利の幅があるので低い数字に目が行ってしまいますが、多くの消費者金融の場合、審査の後に上限金利(17.8%や18.0%)で融資というケースがほとんどですので、金利を見る場合には上限金利を見て比較したほうがいいでしょう。
(ただし消費者金融の多くはほとんど差がありません)

50万円借りたらどれくらいで返済できるのか

前置きが長くなってしまいましたが、ここから具体的な計算に入ります。

金利の計算方法

月々の利息額を出す計算方法は下記の通りです。

(公式)
借入額 × 年利 ÷ 365 × 1ヶ月分の日数 = 月々の金利

今回例に出している50万円、年利18%で計算すると次のようになります。

50万円 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 7,397円
(※30日の場合)

借り入れの総額が50万円ある場合、7,397円の金利がかかります。

50万円借りた場合の返済総額比較

1ヶ月目で50万円全額まるまる消費者金融に返済した場合には、
50万円(借入総額) + 7,397円(利息) = 50万7,397円
となり、50万7,397円支払って返済が完了となります。

ただ、多くの人はそんなことは出来ず、数万円の返済になることがほとんどです。

多くの消費者金融では「約定返済金額」というもの(「最低限この金額だけは毎月返済してくださいね」という最少返済額)が定められています。
例えばその額が月13,000円だったとしましょう。
その場合、次のような計算になります。

50万円 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 7,397円

利息自体は借り入れ額全体にかかるので同じく7,397円となります。
そして毎月13,000円返済すると、そこから7,397円分の利息が差し引かれて残った金額が返済にあてられます。

13,000円(返済総額) – 7,397円(利息分) = 5,603円(返済額)

実際に返済しているのは5,603円分のみになるため、返済の残高は次のようになります。

50万円(元々の借金総額) – 5,603円(最初の返済) = 494,397円

頭の中では「13,000円返済したからもう48万円台になった」と思っていても、借入残高はまだ5,000円分しか減っていないのです。

さて、月々13,000円の返済でずっと続けていくとどのくらいの期間がかかるかというと4年10ヶ月です。
そして最終的な金利は25万円近くに膨れ上がります。
しかも途中で一切追加の借り入れをしなかった場合なので、途中で細々とした借り入れをしていくとこれ以上の額のお金がかかることになります。

冷静に考えると50万円を借りて75万円にして返済するわけですから、もったいないのですがどうしても目先の返済額の小ささに気を取られてしまうことがほとんどです。

借入金を返済する際には「なるべく早く全額返済」が鉄則

このような金利の仕組みを踏まえた上で絶対に覚えておかなくてはいけないこと。

それは「返済はなるべく早く全額返済する」ということです。

前述の例で言うと50万円を1ヶ月で返済すれば7,397円の利息で済むわけですが、5年近くかけて返済すると25万近くの利息がかかります。

消費者金融は「毎月無理のない金額で返済可能」という文句で誘惑してきますが、無理のない金額で返済回数が増えれば増えるほど多くの金利がかかってくることになります。
返済はすぐに済ませてしまうことが鉄則です。

また各消費者金融ではどのくらいの額を返済すればどのくらいの利息がかかるのかを算出できる返済シミュレーションツールが設定されています。
具体的な返済イメージについては公式のシミュレーションを利用してみましょう。

初めての借入の場合、消費者金融によっては特定の期間(30日や180日など)で返済すれば無利息でOKというようなところもあります。初めて消費者金融を利用するような場合にはそちらも利用してみると良いでしょう。