プロミスの返済シミュレーション

銀行や消費者金融会社でお金を借りる時、最も心配なのは借りたお金を返済する時だと思います。

申込の審査時に利用限度額や金利、また月々の返済額などが決定しますが、はたして利息の総額はいくらなのか。また、どうしたら利息総額を抑えることができるのなど返済時の利息や返済額にについてわからないこともあるかと思います。

今回は、プロミスカードローンを利用した際の返済額を利息総額をシミュレーションをしてみました。

実際にプロミスでキャッシングした際にかかるおおよその利息総額を算出し、利息総額をなるべく抑える返済方法などもまとめましたので、参考になるかと思います。

プロミスでは借り入れ残高で月々の最少の返済金額が決まる

返済方式は残高スライド元利定額返済方式です。この返済方式は借入れ額の残高で月々の返済額が決まる仕組みです。
プロミスの返済方式は、残高スライド元利定額返済方式を採用しています。この返済方式をまとめると次の通りになります。

  • 借り入れ直後の残高で月々の最少返済額が決定する
  • 元金の返済は返済額から利息を引いた金額である

この2つの項目を詳しくみていきましょう。

借り入れ直後の残高で月々の最少返済額が決定する

最少返済額とは、プロミスに月々に最低返済しなければいけない金額のことです。
プロミスでは下の図のように借入残高との割合によって最少返済額が決まります。

プロミスの借り入れ残高と最少返済額の割合
借入直後の残高 最少返済額算出の割合
30万円以下 借入後残高×3.61%
30万円超100万円以下 借入後残高×2.53%
100万円超 借入後残高×1.99%
借り入れ残高と最少返済額
借り入れ残高 最少返済額
5万円 2,000円
10万円 4,000円
20万円 8,000円
30万円 1万1,000円
40万円 1万1,000円
50万円 1万3,000円

いずれの場合とも1,000未満に関しては切り上げます。
例えば、プロミスで30万円を借りた場合、借り入れ残高は30万円ですので、この場合の最少返済額は、1万1,000円となります。

一方、プロミスで30万円を借りて、返済せずに追加融資で20万円借りた場合には、借入直後の残高が50万円となりますので、上の表から月々に返さないとおけない最少返済額は1万3,000円ということになります。

借入残高が減っても最少返済額は変わらない

返済によって借入残高が減ったとしても最少返済額は変わりません。なぜならプロミスの最少返済額は借り入れ直後の残高によって決まるために、新たに借り入れが無い限りは変わることはありません。一方、追加融資をして借り入れ残高が増えた場合には、最少返済額も変化します。

たとえば、プロミスで30万円借りていて10万円返済し、その後40万円借りた場合、

30万円ー10万円+40万円=60万円

現在の借り入れ残高は、60万円となります。
つまり、最少返済額は、
60万円×2.53%=16,000円(1,000円未満切り上げ)となります。

返済額から利息を引いた金額が元本の返済に充てられる

プロミスの返済方式である残高スライド元利定額返済方式では、元本の返済にあてられるのは、返済額から利息分を引いた金額です。プロミスでは利息だけの返済や元金だけの返済または、返済額の中から利用者が利息分にいくら、元本分にいくらと指定して返済することはできません。

つまり、月々の返済額の中に、必ず利息分と元本分の含まれていることになります。つまり、返済する際に利息金額が多ければ多いほど、元本ははなかなか減ることがありません。
後述いたしますが、プロミスでは毎月の返済額を多く入金することによって繰り上げ返済(追加入金)や一括返済が可能です。繰り上げ返済や一括返済することで、利息総額が減り、結果的に元本の減りが早くなります。
そのため、完済までの時間が早まります。
お金のある時には追加入金をして返済を繰り上げてしまいましょう。ただし、口座振替(WEB完結での申し込みを含む)場合には、口座振替での追加入金ができませんので、プロミスATMや提携先金融機関やセブン銀行などの提携先コンビニATMまたは、インターネットバンキングを利用する、銀行からプロミス指定の口座に振り込む、有人の店頭窓口に行くか、いずれかの方法が必要になります。

プロミスカードローンの借入期間と利息の総額を比較

プロミスカードローンで10万円、30万円、50万円を実質年率17.8%で借り入れをして、
3か月間借りた場合、6か月借りた場合、1年間借りた場合、どのくらい利息総額に差が出るかをシミュレーションしてみました。
プロミスカードローンを新規契約した場合、金利(実質年率)が17.8%になるケースが多いため、実質年率17.8%で計算しました。なお、プロミスの金利や利息については、「プロミスカードローンの金利と利息」で詳しく解説しております。

プロミスでの借り入れ期間別利息総額の比較
借り入れ金額 3か月間借りた際の利息総額 6か月間借りた際の利息総額 1年間借りた際の利息総額
10万円 2,980円 5,224円 9,894円
30万円 8,943円 15,765円 29,701円
50万円 1万4,904円 26,274円 4万9,503円

上の図から、みてもわかる通り、借り入れ期間が短い方が当然利息の総額は低くなります。
つまり借り入れ機関3か月の場合がもっとも利息総額が低くなります。
特に、借入金額が50万円にもなると、3か月での借り入れした場合と1年間借り入れした場合には、
3か月での借り入れした場合には、1万4,904円、

一方、1年間借り入れした場合には、4万9,503円利息総額の差は約3万5,000円となります。これはかなり大きな金額といえると思います。
つまり、短い間で返済してしまうことで、利息総額を抑えることができるのです。
ただし、短い期間で返済するということはそれだけ返済額が大きくなります。よって返済期日に返済できないことにならないように返済計画きちんと立てることが重要です。

毎月の返済額を増やすことで支払う利息総額を節約できる

借り入れ期間を短くする以外に、返済額を多くすることによって利息総額を節約することが可能です。借り入れ金額別に利息総額と完済までの期間を表にまとめて比較しましたので、参考にしてみてくださいね。

借入額10万円の場合、金利17.8%で計算

最少返済額4,000円と返済額1万円での比較です。毎回の返済額が大きいほど利息総額が小さくなっています。

返済額 利息総額 完済までの期間
4,000円 2万5,864円 32か月
1万円 9,043円 11か月

毎月4,000円の返済と1万円の返済ですが、利息総額よりも注目する点は完済までの期間です。毎月1万円を返済した場合には11か月で完済しますが、最少返済額4,000円での返済の場合は完済まで32か月、約2年半以上かかるということになります。

借入金額30万円の場合、金利17.8%で計算

返済額 利息総額 完済までの期間
1万1,000円 8万7,289円 36か月
2万円 4万1,844円 18か月

最少返済額の1万1,000円を毎月返済した場合、利息総額は8万7,289円、毎月2万円返済した場合には4万1,844円と、利息総額の差は約2倍違います。

借入額50万円の場合、金利17.8%で計算

こちらも最少返済額の1万3,000円と2万円と比較しました。毎月1万3,000円返済した場合の利息総額は24万6,160円、毎月2万円ずつ返済した場合には12万9,392円です。

返済額 利息総額 完済までの期間
1万3,000円 24万6,160円 36か月
2万円 12万9,392円 18か月

このように毎月の返済額を多くすることで利息の総額を減らすことができます。

返済額や返済期間以外の方法で利息総額を抑えるにはどうしたらいいか

追加入金をして利息総額を抑える

毎月の返済額を大きく設定することによって利息総額を節約することはご理解いただけたと思います。もう一つ、返済金額を多くする方法あります。それが追加入金です。
追加入金とは、返済期日に申し込みの際に決めた返済額を超えるお金を入金することです。また、お金に余裕のある時などは、返済日以外に入金することも追加入金となります。
追加入金をして繰り上げ返済をすればする程返済回数が減り、利息総額も減らすことができます。お金に余裕のある時などの返済日以外に返済をすることも追加入金です。
例えば、プロミスで50万円借り入れをした場合、最少返済額は1万3,000円でしたね。
この時も最少返済額の1万3,000円より多い3万円を返済した場合、

1万7,000円が追加入金としての扱いとなります。
この時の利息分が、1万円で場合には2万円が元金の返済にあてられるわけです。
一方、1万3,000円を返済した場合
1万1,000円-1万円=3,000円
3,000円が元金にあてられることになります。

3万円を返済した場合と最少返済額の1万3000円しか返済しなかった場合を比較すると、
3万円を返済した方が1万4,000円多く元金が減るのがご理解いただけたかと思います。

このように最少返済額より多く入金すればするほど、元金の減りは早くなるため、完済までの期間も短くなり、利息の総額も節約できます。

追加入金の方法は、申込時に選択した返済より毎月決まって返済する金額(約定返済額)よりも多く入金するだけです。ただし、毎月の返済方法で口座振替(口座引き落とし)を選択している場合には、口座振替以外の方法で追加入金する必要があるでしょう。
なお、プロミスでの一括返済については、「プロミスで一括返済するメリットと方法」で詳しく解説しています。

30日間無利息サービスを利用して利息総額を減らす

プロミスでは、初めての申し込みに限り借入期間30日間の無利息サービスを受けることができます。
ただし、30日間無利息で融資を受けるには下記の条件を満たす必要があります。

  • メールアドレスを登録
  • Web明細の利用登録

このサービスを利用すると、初回出金日(借入日)の翌日から30日以内に返済が完了した分については利子を返す必要がありません。また、無利息サービス期間中であれば、期間中に追加融資を受けたり、完済後に再度借り入れをしても無利息期間は適応されます。ただし、無利息期間を過ぎても返済が完了していなかった分については通常通り利息が発生するため、注意が必要です。
例えば、30日間無利息期間中サービス中に30万円を借りた場合を考えてみましょう。

30万円を30日間無利息期間サービス中に返済した際には、利息総額は0円です。

どのくらいお得になるかというと、30万円を利息17.8%で30日間(1か月)借りた場合の利息総額は、4,389円になりますので
利息総額の4,000円以上お得になります。

たとえば、無利息期間サービス利用して借り入れ金の30万円を、6か月(180日)かけて返済した場合
利息総額は、1万5,765円となりますが、無利息サービス期間中の利息4,450円が0円になりますので、合計で1万1,315円となります。

ショッピングなどで急にお金が必要になった時で、次回のお給料日などで全額返済できるようでしたら、無利息サービスを利用した場合、期間内であれば利息が0円になるため銀行カードローンよりもお得です。

プロミスのポイントサービス使って無利息サービスを受ける

プロミスでは、ポイントサービスを行っています。プロミスのサービスを利用することで、ATMの手数料を無料で利用する可能となります。
ポイント獲得するには、会員サービス内にあるプロミスから来るお知らせを確認するだけでポイントを獲得することができます。また、プロミスに収入証明書を提出することで160ポイントを獲得できたりもします。

このポイントをつかってキャッシング時に無利息期間のサービスを受けることもできます。ポイント数と無利息サービス期間は下の図の通りです。

プロミスポイント利用の際の無利息期間のサービスと必要なポイント数
獲得ポイント数 無利息サービス期間
250ポイント 7日間無利息サービスが利用可能
400ポイント 15日間無利息サービスが利用可能
700ポイント 30日間無利息サービスが利用可能

ポイントをためればためるほど無利息期間のサービスが長くなります。もし、プロミスのポイントがたまっているようでしたら早めに使ってしまったほうが、利息も節約となりお得ですよ。

公式サイト内にある返済シミュレーションを利用する

プロミスの公式ホームページには「返済シミュレーション」ページには返済額や返済回数を計算してくれるツールや返済早見表などがあります。
プロミスの公式ホームページにある「返済シミュレーション」では下記のことが算出できます。

  • 「ご返済金額シミュレーション」
    借入希望額をご指定の期間(月数)で返済する際の、毎月の返済金額が算出できる
  • 「ご返済期間シミュレーション」
    借入希望額を毎月一定の金額で返済する際、返済期間(月数)を算出できる
  • 「お借入可能額シミュレーション」
    毎月のご返済可能額とご返済期間(月数)を設定したときの、借入可能額を算出できる

これら上記3つは、プロミス公式ページ内の入力欄に半角数字で借り入れ希望額や毎月の返済金額を入力することで、自動的に返済月数や毎月の返済金額を計算してくれる便利なサービスと言えます。プロミスでの利用がない場合でも、無料で利用できるのでプロミスでのキャッシング前に返済プランを練ってみてもいいかと思います。

プロミスカードローンの返済方法

プロミスの返済方法もご紹介いたします。
プロミスの返済方法については下記の7つになります。
詳しい返済方法については、「プロミスカードローンのお得な返済方法」で詳しく解説しております。

  • インターネット返済
  • 口フリ(口座振替)
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • プロミスATM
  • 提携ATM
  • コンビニマルチメディア端末
  • 銀行振込

それでは各返済方法を詳しく見ていきましょう。

インターネット決済は手数料無料で利用できる

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行の口座から、インターネットバンキングを利用して手数料無料で返済が可能です。

口フリ(口座振替)は自動引き落としで返済可能

申込時などに指定した口座から返済日に自動引き落としで返済する方法です。
口座振替なので返済日を忘れることなく計画的な返済が可能です。ただし、口座振替を利用する場合には、以下の点に注意が必要です。

  • 引き落とし先の口座を三井住友銀行・ジャパンネット銀行以外の銀行口座に設定した場合、返済日は自動的に5日になってしまう
  • 契約内容が変わる可能性があるため、口座振替に変更する前にプロミスに電話する必要がある
  • 口座振替の申し込み手続きをした後、実際に引き落とされるようになるまで長くて2か月ほどかかるので、それまで他の方法で返済しなければならない

上記のように口座振替にはデメリットもありますが、一度変更してしまえば、返済日を忘れる心配もなく、契約者の口座から自動的に引き落としてくれるので大変便利です。

店頭窓口(お客様サービスプラザ)でも返済できる

プロミスの店頭窓口でも返済することができます。
ただし、営業時間が限られているので注意してください。

プロミスATM・提携ATMでは24時間返済可能

プロミスの店頭窓口(お客様サービスプラザ)やプロミスの自動契約機の近くに設置されているプロミスATMから返済した場合には手数料がかかりません。また、三井住友銀行のATMを利用した際も同様に手数料が無料となります。
一方、三菱東京UFJ銀行やイオン銀行など多数の提携先金融機関やセブン銀行、ローソンATMでも返済は可能ですが、利用ごとに手数料がかかりますので注意しましょう。

プロミスの指定する口座への振込でも返済できる

プロミスの指定する三井住友銀行の口座に振り込みをして返済する方法です。なお、口座手数料は利用者の負担となります。

プロミスカードローンの返済期日は5日・15日・25日・月末から選ぶことができる

プロミスでの返済の場合、返済期日は利用者に合わせて、毎月5日、15日、25日、末日から選ぶことが可能です。この返済期日は、プロミスの休業日である土日や祝日または年末年始の場合には、翌営業日が返済期日となります。

ただし、返済方法で口座振替を選択し、ジャパンネット銀行と三井住友銀行以外の金融機関以外を利用する際には返済期日は毎月5日に固定されます。

借入後1回目の返済期日は、「指定した返済期日」と「借入日」によって決まります。
たとえば、7月中にプロミスから初回の借り入れをした場合、1回目の返済期日はいつになるのでしょうか。下記の図にまとめましたので参考にしてみてください。

プロミスの返済期日と借り入れ後初回の返済期日
指定した返済期日 借入日 借入後初回の返済期日
毎月5日 7月1日~19日 8月5日
7月20日~31日 9月5日
毎月15日 7月1日~31日 8月15日
毎月25日 7月1日~9日 7月25日
7月10日~31日 8月25日
毎月末日 7月1日~14日 7月31日
7月15日~31日 8月31日

上の図は、追加で融資を受けた時にも適用されます。

プロミスカードローンを利用してキャッシングする際には、事前に返済シミュレーションをしてみるなど、借り入れ前に無理のない返済計画を立てることが、上手に利用するポイントですよ。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間