みずほ銀行カードローンの審査時間と融資までの時間

みずほ銀行カードローンは、金利2.0%~14.0%、利用限度額10万円~800万円と、消費者金金融と比べて金利も低く利用限度額も高い人気のある銀行カードローンの1つです。

それではみずほ銀行カードローンの審査ではどれぐらい時間がかかるのでしょうか。また、みずほ銀行カードローンの融資を受けるまでの時間を短くするためには、何をすればよいのでしょうか。ここでは、みずほ銀行カードローンの審査や融資までにかかる時間について解説を行っていきます。

みずほ銀行のカードローンの詳細

みずほ銀行カードローンの基本情報を確認しておきましょう。

みずほ銀行カードローンの基本情報
金利 2.0%~14.0%(限度額によって基準金利が変わる)
利用限度額 10万円~800万円
貸出形式 カードローン
総量規制 対象外
申込み対象者 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満で、かつ継続した収入の見込める人

利用限度額と金利は以下の通りです。

利用限度額と金利

みずほ銀行カードローンでは限度額によって金利が変わってきます。

利用限度額 金利
10万円以上100万円未満 14.00%
100万円以上200万円未満 12.00%
200万円以上300万円未満 9.00%
300万円以上400万円未満 7.00%
400万円以上500万円未満 6.00%
500万円以上600万円未満 5.00%
600万円以上800万円未満 4.50%
800万円 2.00%

なおみずほ銀行で住宅ローンを利用している場合は、上記の表より0.5%ほど金利が低くなります。上限金利の14.0%でも、大手消費者金融の最高金利(18.0%程度)よりも低く、優良なカードローンといえるでしょう。

みずほ銀行の口座の有無で申し込みから審査結果や融資までの時間が異なる

それでは、みずほ銀行カードローンの申し込みから審査結果の回答時間また融資までの時間はどのくらいのなるのでしょうか。みずほ銀行の口座を持っている場合ともっていない場合で大きく異なります。
まず、みずほ銀行の口座をもっている場合の審査完了までの時間や融資までの時間をみていくことにしましょう。

みずほ銀行の口座をもっている場合には申込から融資まで2日~2週間

みずほ銀行口座を持っている場合のみずほ銀行カードローンの申込から融資までの流れは以下の通りです。

  1. 申込み
  2. 審査
  3. 審査結果の回答(メール)
  4. 必要書類の登録
  5. カードローン口座開設の連絡

申し込み方法によって申し込みから審査までの時間が異なる

なお、みずほ銀行カードローンの申込み方法によって審査結果の回答までにかかる時間がかわってきます。

申込み方法 審査回答の時間帯
インターネット(パソコン・スマートフォン) 翌営業日以降
店頭窓口 翌々営業日以降
郵送 申込書到着後の翌々営業日以降
電話 翌々営業日以降

上記の審査回答時間はいずれも最短の場合です。なお、審査に時間がかかってしまう場合では、申込から2週間を超えてしまう場合もあります。
なお、審査ではみずほ銀行と保証会社による審査が行われます。審査の内容としては、在籍確認(後述)、信用情報の確認(後述)などが行われます。

つまり、みずほ銀行の口座を持っている場合は、融資まで2日~2週間程度かかるということになります。
できるだけ早く審査回答が欲しい場合は、最短で翌営業日以降回答のインターネット申込みをおすすめします。
なお、後述するみずほ銀行カードローンの審査では、みずほ銀行と保証会社による審査が行われます。

みずほ銀行の口座を持ってない場合には最短でも融資まで2週間程度かかる

みずほ銀行カードローンの口座をもっていない場合の申し込みから融資までの流れは以下の通りです。(普通預金口座を同時申込みする場合)

  1. 申込み
  2. 審査
  3. 仮審査結果の回答(メール)
  4. 通帳の受け取り(約1週間)
  5. カードローン口座の開設、キャッシュカードの送付
    (約1~2週間)

口座なしの場合で、普通預金口座を希望する場合は、申し込みから融資まで2週間~1か月程度かかります。審査結果についてはみずほ銀行の口座を持っている場合と同様です。
その理由は、通帳等の受け取りを確認した後に、カードローンの開設と、キャッシュカードの送付を行うためです。

審査に落ちてしまうと口座は作られない

みずほ銀行カードローンの普通預金口座との同時申込みを行って、カードローンの審査に落ちた場合、普通預金口座の開設もされません。カードローンとは別にみずほ銀行の普通預金口座が必要な方は、再度口座開設の手続きを行う必要があるようです。普通預金口座

みずほ銀行カードローンの審査結果の回答や融資までの時間を短くするには

具体的にみずひ銀行カードローンの審査時間を短くする対策は以下の3つです。

  • あらかじめみずほ銀行の口座を開設しておく
  • みずほ銀行の利用実績をつくっておく
  • みずほ銀行の口座がある場合にはインターネットから申し込みをする

みずほ銀行の口座を開設していくことで融資までの時間を短縮できる

特に口座のありなしに関しては、みずほ銀行のみずほ銀行の口座を持っていると早くなります。
みずほ銀行を持っていない場合は、カードローンを申込みする時に同時に口座開設の申込みを行うと、後から口座開設申し込みを行う場合と比べて1週間ほど融資までの時間が短くなります。

みずほ銀行の利用実績があると審査時間が早くなる

すでに自動車ローンや住宅ローンでみずほ銀行を利用している方は、カードローンの審査時間が早くなります。なぜなら、審査時は過去の返済状況から返済能力を判断できるからです。
また、みずほ銀行を給与振込口座として利用していれば、「安定した収入」があること証明できるので、審査もスムーズに進むため

申し込み時にできる審査時間を短くする対策

みずほ銀行カードローンの申込み時に審査時間を短くする方法は下記の通りです。

  • インターネット申込みをする
  • 平日の午前中に申し込みをするようにする
  • 申込み時の記載ミスや記載漏れをなくす
  • メールアドレスの設定を確認しておく
  • 在籍確認をスムーズに行うようにする

審査時間を短縮するにはインターネットでの申し込みがおすすめ

さきほども申し上げましたが、みずほ銀行カードローンの申し込みでは、申し込み方法によって審査結果の回答時間が異なります。
インターネット申し込みであれば、申し込みから最短で翌営業日ですので、審査結果を早く知りたい方にはおすすめの申し込み方法です。

平日の午前中に申し込みをするようにする

申込み人数が多いと、審査にも時間がかかってしまいます。みずほ銀行カードローンは土日祝日でもでも申込・審査・借り入れは可能です。特に、土日祝日とその前日の夕方から夜にかけては、申込みが多くそのため審査に時間がかかってしまうようです。できれば、平日の午前中などの比較的空いている時間帯に、申し込みをすると時間もそこまでかかりません。

申込み時の記載ミスや記載漏れをなくす

申し込み時の項目、年齢、住所、年収、勤務先、勤続年数、社会保険の種類など申込み時の記載事項の記入漏れや記入ミスには注意が必要です。仮に、申込時の個人情報に記載漏れや記載ミスがあったとすると、申し込み情報の再確認や修正作業のため審査に時間がかかるか、または審査が通りづらくなることもありますので、申込み時の個人情報の記載には間違えのないようにしましょう。

メールアドレスの設定を確認しておく

みずほ銀行カードローンから来るメールが受信拒否設定になっていないか確認しておきましょう。
特にインターネット申し込みをしてそのままインターネット契約をする場合には、申込者が連絡先をメールで設定している場合が多く、たとえみずほ銀行カードローンの審査に通過したとしても審査結果が申込者に届かないため、契約ができなくなってしまいます。

在籍確認に時間がかかると審査時間が長くなってしまう

みずほ銀行カードローンカードローン会社にキャッシングの申し込みをすると、審査時に申込者が申込時に記載した勤務先にきちんと在籍しているかを確認する在籍確認を行います。この在籍確認では、みずほ銀行カードローンの審査担当者が個人名で申込者の勤務先に電話をして、申込者が勤務先に在籍しているかを電話確認します。
この在籍確認の電話の際に、休職している場合などの勤務先に在籍していない事実が判明すると、審査に時間がかかってしまう場合があります。

審査結果の回答まで待てない場合は消費者金融のカードローンへの申し込みを検討する

みずほ銀行カードローンは消費者金融と比べて金利、利用限度額などの面で優良なカードローンですが、申し込みから審査結果の2日~1カ月程度と、場合によっては融資までにかなり長い時間がかかってしまうことがあります。
今すぐにお金が必要!というような場合には向かないカードローンと言えます。では、そんな時はどうすればよいのでしょうか。

急ぎの融資を受けたい場合は、アイフル、アコム、プロミス、SMBCモビットなどの大手消費者金融業者のカードローンの利用をおすすめします。大手消費者金融のカードローンでは、どこの会社でも即日融資が可能となっています。みずほ銀行カードローンと比べると、金利面では少々高くなりますが、大手消費者金融

また、アコム、アイフル、プロミスでは、初めての利用で30日金利無料サービスを行っています。借りる期間によっては、みずほ銀行カードローンよりもよい条件で借入を行える可能性もあります。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間


みずほ銀行カードローンの申込や契約時に必要な書類

みずほ銀行ではカードローンの申し込みや契約にどのような書類が必要なのでしょうか。みずほ銀行カードローンでは以下の書類が本人確認書類として認められます。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート(写真およびご住所のページ)
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

収入証明書の提出が必要な場合は下記の収入証明書類が必要となります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その1・その2)

なお自営業者や個人事業主のは、「住民税決定通知書または課税証明書」「納税証明書(その1・その2)」が必要です。
みずほ銀行カードローンの契約では印鑑が必要となります。なお、返済用の普通預金口座を持っている場合、その口座の印鑑を用意してください。

みずほ銀行カードローンのや審査内容

最後にみずほ銀行の審査内容をみていくことにしましょう。みずほ銀行カードローンの審査内容は以下の通りです。

  • 申込者の年収や職業などの属性情報から返済能力を判断する
  • 申込者の信用情報に問題がないかどうか
  • 在籍確認(申込者の申告した勤務先への電話)

申込者の年収や職業などの属性情報の審査

みずほ銀行カードローンでは、他のカードローンと同様に審査時に申込者の属性情報の審査も行われます。
属性情報というのは、申込者の個人情報のことをいいます。具体的には「年齢、職業、雇用形態、勤務先、勤続年数、年収、収入形態、居住年数、居住形態、住宅ローンや家賃負担額、家族構成、固定電話か携帯か、健康保険の種類」のことです。
みずほ銀行カードローンの審査ではスコアリングシステムが採用されています。スコアリングシステムというのは属性情報の各項目について点数を付けて、その合計点数を審査の参考にするシステムのことです。

たとえば、職業では医者、弁護士、公務員などの点数が高く、審査に通りやすくなる傾向があります。一方、自営業やアルバイト・パートの場合にはこのスコアが低くなります。

申込者の信用情報に問題がないかの審査

みずほ銀行カードローンの審査では、信用情報の確認も行われます。
信用情報というのは、信用情報機関に記録されている個人のカードローンやクレジットカードなどの申込み、借入、返済などに関する情報のことです。カードローンなどの審査の際に貸手は信用情報機関に照会を行い、信用情報を取得して審査の参考にします。
日本には、日本信用情報機構(JICC)、シーアイシー(CIC)、全国銀行個人信用情報センターの3つの信用情報機関があります。
信用情報の中でも、長期延滞、債務整理、強制解約などの信用に関するネガティブな情報のことを金融事故情報といいます。
みずほ銀行カードローンでは、信用情報に金融事故情報の記録が残っていると審査に通ることが非常に困難になります。

審査時に申込者の勤務先に電話をする在籍確認を行う

みずほ銀行カードローンの本審査では在籍確認が重要になってきます。
在籍確認というのは、カードローンなどの審査の際に、申込者が実際に申告した勤務先に在籍しているのかを担当者が電話をかけることで確認するというものです。
みずほ銀行カードローンの在籍確認の電話では、担当者は銀行名で申込者の勤務先に電話をかけます。ただし、カードローンの申込みについてだということも話しません。なので、在籍確認の電話によって、カードローンの申込みをしていることがバレるということはほとんどありません。

みずほ銀行では在籍確認の電話を回避できない

大手消費者金融のアコムやプロミスの場合には、どうしても在籍確認の電話をなしにしたい場合には、書類提出によって在籍確認をなしにすることが可能ですが、みずほ銀行の場合には

アコムでの在籍確認をなしにして申し込みをしたい場合、「アコムでは勤務先への在籍確認の電話なしでも審査に通過してお金を借りることができる」で、プロミスの場合は「プロミスなら勤務先への在籍確認の電話連絡なしでも審査に通過してお金を借りることができる」で詳しく解説しています。