オリックス銀行カードローンの申込の流れや審査完了・融資までの期間

オリックス銀行カードローンは、金利が1.7%~17.8%、利用限度額(極度額)が最高800万円という優良なカードローンです。

そんなオリックス銀行カードローンでは、申込みから審査完了までにどれくらい時間がかかるのでしょうか。

また、オリックス銀行カードローンの申込から審査完了または融資までにはどれぐらいの時間がかかるのでしょうか。ここでは、オリックス銀行カードローンの申込み、審査、融資と時間について詳しく解説をしていきます。

オリックス銀行カードローンの詳細情報

まずオリックス銀行カードローンの詳細情報をみてみることにしましょう。

金利 1.7%~17.8%(利用限度額によって変わる)
利用限度額(極度額) 最高800万円(10万円単位)
貸出形式 カードローン
申込み条件 ・申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の人
・原則、毎月安定した収入のある人(年金受給者の場合には、年金以外の収入が必要)
・日本国内に在住している(外国籍の場合、永住者か特別永住者であること)
返済日 毎月10日、あるいは末日
返済方式 残高スライドリボルビング方式
提携先ATM手数料 借入・返済のどちらでも終日0円
コース ご利用限度額 借入利率(年)
800万円コース 700万円超800万円以下 1.7%~4.8%
700万円コース 600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
600万円コース 500万円超600万円以下
500万円コース 400万円超500万円以下 4.5%~8.8%
400万円コース 300万円超400万円以下
300万円コース 200万円超300万円以下 5.0%~12.8%
200万円コース 150万円超200万円以下
150万円コース 100万円超150万円以下 6.0%~14.8%
100万円コース 100万円
100万円未満コース 100万円未満 12.0%~17.8%

オリックス銀行カードローンは、100万円を超える利用限度額が認められれば、消費者金融カードローンの金利と比べてかなりよい金利条件で借入を行うことができます。
ただし、100万円未満の利用限度額での上限金利である17.8%というのは、大手消費者金融の上限金利とあまり変わらない水準です。(プロミスの上限金利と同じです。)

申込・審査から融資までには1週間から10日かかる

オリックス銀行カードローンでの申込みから審査、融資までの流れは以下の通りです。

  1. オリックス銀行カードローンの「お申込みフォーム」で入力を行う
    (パソコン、スマホ、携帯電話)
  2. オリックス銀行からEメールを送信、確認する。
  3. 本審査が行われる(在籍確認を含む)
  4. 運転免許証や収入証明書類などの必要書類の提出
  5. ローンカードの発行・送付
  6. 契約・融資

オリックス銀行カードローンでは、大手消費者金融のように即日融資には対応していません。
そのためカードローンの申し込みをしてから、本審査の回答が来るまで数日かかります

申込みから本審査の回答までには、Eメールの返信、仮審査、本審査などの手続きがあります。この行程でどれくらいの日数がかかるかは個人差があります。

特に、本審査における在籍確認(後述)がスムーズに行われるかどうかでかかる時間が変わってきます。

なお、運転免許証などの必要書類の提出は指定されたURLにアップロードするという方式で行います。

また、申し込み完了からローンカードを発行し、送付するまで1週間程度の時間がかかります。ローンードは自宅住所に簡易書留(転送不要)で届きます。

ローンカードが届くまで借入を行うことはできない

オリックス銀行カードローンは申し込み完了から融資までにかかる時間は、1週間から10日程度ということになります。
オリックス銀行カードローンでは、オリックス銀行の口座開設をする必要がないので、口座作成が必須となっている銀行カードローンと比べると、手続きはシンプルでかかる時間も短くなっています。しかし、たとえ審査に通ったとしても、ローンカードを郵送で送付完了しないと融資を受けることはできません。なぜなら、ローンカードの送付完了が、申込者の居住確認も兼ねているためです。

なお、オリックス銀行カードローンでは、振込での融資も可能です。振込での融資を希望している場合でも、ローンカードの送付完了後、振込融資をしたい旨をオリックス銀行に電話して(平日のみ対応)、振込融資の手続きとなります。そのため、すぐに融資を受けたい場合には、ローンカードを利用してセブン銀行などの提携先コンビニATMからお金を引き出したほうがスムーズです。

また、先に契約完了前にローンカードが送付されることもあります。この場合、契約完了をしないとたとえローンカードが送付されたとしても、融資を受けることができないので注意しましょう。

申込から審査・融資までの期間を短縮するにはどうしたらいいのか

オリックス銀行カードローンの申し込みから融資までの時間をできるだけ短くしたいのであれば、「本人確認書類の必要書類(後述)の提出を速やかに行う」「在籍確認(後述)がスムーズに行われるようにする」などが考えられます。
また、申込日に土日祝日を挟む場合は、その分だけ審査の期間が長くかかるます。
審査に時間がかかってしまう一番の原因は、審査を通すか落とすか判断が難しい申込者であるということです。
年収が高く、他社借入や過去に長期の滞納などがない優良な申込者の場合、すぐに審査結果を出せます。しかし。そうでない場合、銀行や保証会社で検討する時間がかかってしまうのです。大手消費者金融などと比べてある程度時間がかかることは知っておきましょう。

オリックス銀行カードローンのの申込や契約に必要な書類

オリックスカードローンの申込や契約に必要な書類は以下の通りです。
オリックス銀行カードローンでの必要書類
本人確認書類は以下のいずれか(写し1通が必要)

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 個人番号カード
  • 日本政府発行のパスポート
  • 在留カードまたは特別永住者証明書
    所得証明書類(写しが1通必要)

所得証明書類が必要な場合は下記の通りです。

    利用限度額が50万円超になる場合
    その他、審査の過程でオリックス銀行が必要と判断した場合

オリックス銀行カードローンでの所得証明書類は会社員の場合は源泉徴収票や住民税決定通知書または課税証明書、個人事業主、会社経営者の場合には住民税決定通知書または課税証明書、納税証明書(その2)および確定申告書(付表含む)です。
なお、預金口座振替依頼書は返済方法で口座引き落としを選んだ場合に必要になります。振込(ATM)返済の場合は必要ありません。

オリックス銀行カードローンの審査内容

それでは、オリックス銀行カードローンではどのような審査が行われるのでしょうか。
オリックス銀行カードローンの審査内容は以下の通りです。

  • 申込者の年収や勤務先などの属性情報の審査
  • 申込者の信用情報の傷があるかどうかの確認
  • 申込者の申告した勤務先に電話かける
    (在籍確認)

申込者の年収、職業などの属性を審査

オリックス銀行カードローンでは属性情報についての審査も行われます。
属性情報とはいうのは申込者の個人情報ことです。具体的には「年齢、職業、雇用形態、勤務先、勤続年数、年収、収入形態、居住年数、居住形態、住宅ローンや家賃負担額、家族構成、固定電話か携帯か、健康保険の種類」のことです。
オリックス銀行カードローンの審査ではスコアリングシステムが採用されています。スコアリングシステムというのは属性情報の各項目について点数を付けて、その合計点数を審査の参考にするシステムのことです。
たとえば、職業では医者、弁護士、公務員などの点数が高く、審査に通りやすくなる傾向があります。

申込者の信用情報に金融事故情報があれば落ちる

本審査において在籍確認と並んで重要とされているのが信用情報の確認です。
信用情報というのは、信用情報機関に記録されている個人のローンやクレジットカードの申込み、借入、返済などに関する情報のことです。
日本信用情報機構(JICC)シーアイシー(CIC)全国銀行個人信用情報センターという3つの信用情報機関があります。
カードローン会社は審査の際に信用情報機関に照会を行って、審査の参考にしています。
信用情報の中でも、長期延滞、債務整理、強制解約といった信用に関するネガティブな情報のことを金融事故情報と呼んでいます。
オリックス銀行カードローンでは、信用情報に金融事故情報の記録があると審査に通りません。

オリックス銀行カードローンでは審査時に在籍確認がある

オリックス銀行カードローンの本審査においては在籍確認が特に重要とされています。
在籍確認とはカードローンなどの審査の際に、申込者が申告した勤務先に実際に勤務しているかどうかを担当者が勤務先に電話をすることで確認をするというものです。

オリックス銀行カードローンの審査でも、在籍確認は必須となっており、職場への電話連絡なしで済ますことはできません。
担当者が勤務先に電話をかける時には、銀行名や在籍確認であることについては話さないことになっているので、在籍確認によって勤務先にカードローンの申込みがバレる可能性はほとんどありません。なお、在籍確認の電話ががスムーズにいかない場合、審査時間が長くなる原因になります。

オリックス銀行カードローンの保証会社の審査もある

オリックス銀行のカードローンでは、オリックス・クレジット株式会社新生フィナンシャル株式会社という2つの保証会社がついています。

保証会社とは審査の保証を請け負っている会社のことを保証会社と呼びます。銀行カードローンの保証会社は、実質的に審査の大部分を請け負っています。また、利用者が返済できなくなった場合は保証会社に債権が移ります。
保証会社による審査の際には、オリックス・クレジット株式会社か、新生ファイナンシャル株式会社かのどちらかの審査に通ればよいということになります。

オリックス銀行カードローンの審査結果の完了期間までまてない場合

オリックス銀行カードローンでは、申込みから借入が可能になるまで、1週間から10日程度の時間がかかります。
「即日融資を受けたい」「1週間以内にどうしてもお金が必要」などという場合には、オリックス銀行カードローンでは間に合わないケースも出てきます。

急ぎでお金が必要な場合は大手消費者金融での借入を検討する

どうしても急ぎのお金が必要な場合は、アコムアイフルプロミスSMBCモビットの大手消費者金融業者の利用をおすすめします。これらの大手消費者金融業者では、迅速な審査・融資が売りとなっており、即日融資も可能となっています。オリックス銀行カードローンの上限金利が17.8%で、大手消費者金融の上限金利が18.0%程度なので、利用限度額が100万円未満の場合では金利面でも条件は大きく変わりません。
また、アコムでは30日間金利0円無料サービス(初回契約・35日ごとの返済が適応条件)を行っているために、借入期間によってはオリックス銀行カードローンよりも有利な条件で借入を行える可能性もあります。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間