アイフルでのお金の借り方

アイフルは日本全国に店舗を展開して貸出を行っている大手消費者金融業者です。TVCMなどで有名ですね。アイフルは様々な借り方、申込み方法があり、非常に利便性が高いサービスを提供しています。

ここではアイフルでお金を借りたいけれど借り方がわからない、どの申込み方法がわからないという人のために、おすすめの借り方、申込み方法を解説していきます。

申し込み完了から融資(借り入れ)までの流れ

アイフルの申し込みから融資までの流れは下記になります。

アイフルでの申し込みが完了すると、すぐに審査がおこなわれ最短30分で、アイフルから申込時に登録した連絡先に連絡がきます。

申し込み完了後にすぐに審査と在籍確認が行われる

申込者の勤務先を確認する在籍確認が完了すれば審査結果が判明します。
在籍確認とは、アイフルの審査担当者が、申込者が申告した勤務先にきちんと在籍しているのかどうかを、申込者の勤務先に電話をして確認することです。

アイフルの審査担当者も、申込者の勤務先に電話をする前には、いったん申込者の本人確認も兼ねて、申込者に連絡し、勤務先に連絡していいかを確認してから、在籍確認の電話を行っています。必ずしも、申込者が勤務先にいる必要はなく、たとえ申込者が不在だとしても、申込者の申告した勤務先に在籍していることが判明すれば、在籍確認は完了となります。

審査に通過して契約手続きを完了すれば借入が可能となる

アイフルに申し込みをして審査完了、その後審査に通過した場合には、その際に金利や利用限度額などが決定され、申込者が登録時に記載した連絡先にアイフルより連絡がきます。その後、インターネット上や契約ルームで、契約をすればアイフルから融資を受けられるようになります。アイフルの店頭窓口や無人契約機(契約ルーム・てまいらず)で契約をした際には、アイフルのローンカードを発行することができます。

審査結果の回答時間は9時~21時

アイフルの審査結果の回答時間は9時~21時です。アイフルではインターネットや電話での申し込みなどを利用すれば、24時間365日いつでも申し込みが可能です。ただし、審査結果の回答時間帯ではない場合には、審査結果はすぐには判明しません。また、後から述べますが、融資可能な時間帯でないと、たとえ審査に通過していても審査結果の回答が来ないため契約することができません。

アイフルのカードローンは、後述するようにインターネットやアイフルの契約ルームや電話での申し込みが可能です。
例えば、インターネット申し込みで19時に申し込みを完了させた場合には、最短30分で審査結果がきますが、一方、インターネット申し込みで22時に申し込みを完了した場合には、審査結果の回答は翌日の9時以降になってしまいます。そのため、アイフルでの即日融資を希望している場合には、この審査結果の回答時間までに申し込みと審査・そして契約を完了させておくことが必要になります。

アイフルでは申し込み方法は4つ

アイフルでの申込みにはどのような方法があるのでしょうか。アイフルでの申込み方法には以下のものがあります。

各申し込み方法を詳しくみていきましょう。

インターネットでの申込み

アイフルでのインターネット申し込みは、アイフルの店頭窓口や契約ルーム(自動契約機)に出向くことなく、24時間365日いつでもどこでもインターネットにつながっていれば、自宅や勤務先、出先などどこでも申し込み手続きが可能です。また、パソコンだけでなく、携帯電話やスマートフォンからでも申し込みができます。

電話での申込み

アイフルでは、電話でもキャッシングローンの申し込みも行っています。
申し込み時に利用する電話番号は次の通りです。

  • はじめてのお申込み専用
    0120-201-810
  • 女性専用ダイヤル(女性オペレーター対応)
    0120-201-884

電話での申し込み受付時間は土日祝日を含む、9:00~21:00です。
電話の場合には、急ぎでの融資希望などの要望や申し込みについての不明点や質問点をアイフルの担当者に伝えることができる点がメリットといえるでしょう。
ただし、電話での申し込みの場合には申し込み内容を担当者に電話口で伝える必要があり、インターネット申し込みと比べると申し込み時間がかかる場合があります。

無人契約ルームでの申込み

アイフルの無人契約機「契約ルーム・てまいらず」ではプロミスやアコムのようなタッチパネル式の自動契約機ではなく、契約機内に設置された電話で、担当者の指示に従って、申し込み用紙に申し込み内容を記載します。
アコムやプロミスのような通常の銀行のATMに近いタッチ式の無人契約機の場合には、操作が分からなかったり、不安に感じる場合もありますが、申し込みやローンカードの発行や契約について、不明点や質問点があれば、担当者に質問しながら申し込みの手続きが可能です。
なお、アイフルでの無人契約ルーム「てまいらず」は、アイフルの店舗内の屋内にあるもの店舗外の屋外に設置されいるものがありますが、2つの無人契約機の営業時間は同じです。アイフルの無人契約ルームは、アイフル公式ホームページより検索がか可能です。
なお、営業時間は7:00~23:00です。

店舗窓口ではキャッシングローンの申し込みはできるが直接の融資を行っていない

アイフルの店頭窓口では、申し込み、審査、本人確認書類などの必要書類の提出、契約、ローンカードの発行が可能ですが、直接借り入れを行っておりません。
そのため、融資を受ける際には、店頭窓口に併設されているアイフルの自社ATMからの契約となります。(「不動産担保ローン」に限り、店舗窓口での融資が可能)アイフルの店頭窓口では、申し込み前に担当者と直接話ができますので、アイフルのローン商品の説明や融資を受ける上でも不明点や返済プランなどをじっくり相談しながら申し込みできる点は安心だといえるでしょう。

ただし、アイフルの店舗窓口は全国に25店舗と少ない上、大都市にしかありません。そのため店舗窓口の近くの方でないと、出向くまでに時間がかかってしまいます。また、アイフルの店頭窓口の営業時間は平日の10時~18時と短く、出社前や仕事終わり、また土日祝日は定休日のためお休みです。

アイフルの申し込み方法別メリット・デメリット
申し込み方法 メリット デメリット
インターネット 365日・24時間申込可能。 担当者に不明点や質問がある場合には電話で担当者に申し込み内容を伝える必要がある。
店舗窓口 アイフルの担当者と直接相談しながら、融資の申し込みができる。 店舗数が少なく、土日祝日はお休みである。直接窓口から融資を受けられない。
無人契約ルーム(自動契約機) 店舗窓口に比べ、営業時間が土日祝日も含め7時~22時と長く、アイフルの担当者と電話相談しながら、融資の申し込みができる 審査時間(在籍確認時)に無人契約ルーム(自動契約機)内で待たされる可能性もある。
電話 土日祝日でも申込可能、電話で申し込みの要望や融資の質問や相談ができる。 申し込み内容を電話口で言うため、インターネット申し込み比べて申し込みに時間がかかる。

アイフルの借り入れ方法は3つある

アイフルに申込みをして、審査に通過すると、契約後融資を受けられるようになります。では、アイフルから実際にお金を借りる場合にはどのような方法があるのでしょうか。
アイフルの融資方法は下記の通りです。

  • ローンカードを利用して自社ATM、提携先ATMで借りる
  • 銀行振込融資(インターネット・電話)
  • 店頭窓口での融資
    (不動産担保ローンのみ)

ローンカードを使い、アイフルATMや提携先ATMで借りる

アイフルカードローンの審査通過後の契約をすると契約ルームなどでローンカードが発行されます。
このローンカードを使ってアイフルのATM、提携先ATMで借り入れや返済時利用することができます。

ローンカードの受け取り方法

契約後アイフルのローンカードの受け取るには以下の2つの方法があります。

  • 契約ルームか店舗窓口で受け取る
  • 自宅に郵送してもらう

ローンカードは契約ルームまたは店舗窓口ならすぐに受け取ることが可能です。
契約ルームは8時から22時(一部21時)まで、店舗窓口は平日の10時から18時までと営業時間
また、ローンカードを自宅に郵送してもらうことも可能です。自宅に郵送してもらう場合は、カードの配達時間を指定することができる「配達時間えらべーる」というサービスをご利用いただけます。(インターネットの申し込みの場合のみ)
仕事や外出が多くあまり自宅にいない方でも、自分の在宅時間に郵便物を受け取ることができるため、自分のスケジュールに合わせることができます。
なお、ローンカードの配達時間を指定できるカードローン会社はアイフルだけで、他のカードローン会社には同様のサービスはありません。

アイフルでは自社ATM以外にコンビニや銀行などの提携先金融機関のATMも利用できる

アイフルでは自社ATMの他にセブン銀行ATMなどのコンビニATMや三菱UFJ銀行など提携先ATMを利用することができます。
アイフルの提携先ATMは次のとおりです。
借入・返済ともに可能な提携先ATM一覧

  • アイフル自社ATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ローソンATM
  • イーネット
  • 親和銀行

借入だけ可能な提携先ATM一覧

  • 福岡銀行
  • 熊本銀行

提携先ATMでの利用手数料は以下の通りです。

取引金額 アイフル自社ATM 提携先ATM
1万円以下 無料 108円
1万円超 無料 216円

アイフルではセブン銀行ATM(セブンイレブン)やローソンATM(ローソン)、イーネット(ファミリーマート、サークルKサンクス)主なコンビニに置いてあるATMを利用して借り入れや返済が可能です。全国各地で便利に借入ができるようになっています。
なお、アイフルATMの営業時間は、全日7:00~23:00となっています。

銀行振込を利用しての融資

アイフルではスマホ、パソコン、ケータイからインターネットの会員サービスを利用することで、24時間振込の予約を行うことができます。
会員ログインからログインし、利用者指定した銀行口座に振り込んで貰います。この時、振込手数料は無料で、利用者の負担はありません。

銀行振込融資を利用して即日融資を受けたい場合には平日の14時までに申し込みを完了させる

即日振込を希望する場合は、平日の14時までに振込の手続きを行う必要があります。14時を過ぎると、翌営業日に振込が行われることになります。つまり、金融機関が営業していない土日祝日を挟んでしまうと振込が行われるまでかなり時間がかかってしまいますので注意してください。
つまり、土日祝日に即日融資を受けたい場合には、銀行振込融資は受けられず、ATMからの借り入れのみとなります。

電話でも銀行振込予約が可能

アイフルではインターネットだけではなく、電話でも振込予約を申し込むことができます。
アイフルのフリーダイヤルに電話するとオペレーターが対応して、振込予約を受け付けてくれます。フリーダイヤルの番号は以下のようになっています。

  • 女性専用ダイヤル0120-201-884
  • 会員様専用ダイヤル0570-000-417

なお、インターネットでの振込融資と同様に平日の14時までに振込手続きを完了しないと、翌営業日の振込になってしまうので注意しましょう。

融資方法 融資方法の種類 利用可能時間
ATMからの借り入れ アイフル自社ATM 7時~23時
金融機関提携先ATM 提携先による
振込融資 インターネット振り込み予約 24時間対応可能
電話振り込み予約 平日9時~21時

申し込みに必要な書類は運転免許証などの本人確認書類

アイフルでは申し込み・契約の際に本人確認書類の提出が必要となります。
パソコンやスマートフォン・または携帯電話を利用してインターネットでの申し込みする際には、メールに記載されているURLに本人確認書類を撮影してその写真をアップロードするだけです。アイフルカードローンで必要な書類は以下のいずれかになります。

  • 運転免許証(運転免許経歴書)
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

ただし、上記の書類に顔写真がない場合、上記書類と現住所が違う場合には次にあげる書類が必要です。

  • 公共料金の領収書(電気・水道・ガス・固定電話・NHKなどの領収書)携帯電話の領収書は不可
  • 社会保険料の領収書
  • 国税、地方税の領収書納税証明書

また、外国の方がアイフルに申し込む場合には、上記の本人確認書類に加えて、「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」が必要になります。

アイフルでは申し込み時に収入証明書が必要な場合もある

アイフルでは下記の場合に、他の消費者金融と同様に貸金業法に基づき、本人確認書類に加えて収入証明書の提出が必要となります。

  • アイフルで50万円を超える借入限度額を希望する場合
  • 希望借入金額と他社との借入総額が100万円を超える場合

アイフルでの収入証明書として有効なものは、下記のいずれか1つの書類です。

  • 給与明細書(直近1か月分)
  • 源泉徴収票
  • 市民税・県民税税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告証明書

なお、会社員やパート・アルバイトなどの給与取得者の場合は給与明細書・自営業者などの個人事業主の場合には、所得証明書や確定申告証明書が一般的です。

アイフルでのシーン別おすすめの借り方

ここではすぐに借りたいかいつでもいいか、平日か土日か、などのシーンに合わせて、おすすめの借り方を提案します。

即日融資希望の場合はインターネットで契約してATMから融資を受ける

アイフルで即日融資を希望する場合は、インターネットで申し込み・契約後、アイフルの契約ルームでローンカードを発行してもらい、契約ルームに併設している自社ATMからお金を引き出すのがもっとも速い借り入れ方法です。理由は、インターネットで契約まですることで、契約ルームではじめから申し込みをするよりも審査時間が短縮できるためです。くわえて、すでに審査結果が判明しているので、審査に落ちてしまったとしても無駄足ならなくてすむという点もあります。

すぐに借りたい時は提携先のコンビニATMを利用する

急にお金が必要になった時は、コンビニの提携先ATMで借りることをおすすめします。なぜなら提携先コンビニATMはさきほど解説したように日本全国各地にありATMの台数も多いためです。
アイフルでは、日本全国のほぼ全てのコンビニに提携先ATMがあり、それを利用して借入を行うことができます。
ただ、コンビニATMで借りることのデメリットは次のような手数料がかかってしまうことです。提携先コンビニATMの利用は、とにかく何よりも時間を優先したい時におすすめしたいですね。

土日祝日は振込予約は出来るが口座への反映は翌営業日になってしまう

振込でのキャッシングは便利ではあるのですが、土日祝日などに利用する時は注意が必要です。
まず、アイフルの振込キャッシングで当日中に指定口座に振り込んで欲しい場合は、平日の14:00までに振込予約を行う必要があります。これより遅くなると、翌営業日振込になってしまうのです。たとえば、金曜日の14:00を過ぎてから振込み予約を行うと、月曜日が祝日でなければ、振り込みは月曜日に行われるということになります。つまり、土曜日、日曜日は即日振込はできません。銀行の翌営業日振込となってしまうので、急ぎの入用には向きません。
そのため、土日祝日にすぐにお金が必要な場合には、ローンカードを利用してATMからお金を引き出すようにしましょう。

時間に余裕がある時は手数料無料である振込融資がおすすめ

時間や日数に余裕がある時に振込での融資がおすすめです。先ほど解説したように振込融資はインターネットもしくは、電話で振込予約を行い、指定の銀行口座に振り込んでもらうという方法ですね。振込融資のメリットは手数料がかからないことです。また、

店舗に出向く暇がない人は申込みから借入までWEB完結がおすすめ

仕事が忙しいなどの理由で店頭窓口や契約ルームに出向く時間のない方には、申込みから借入までをWEBだけで行うという方法です。
この場合におすすめの申込み方法は、「インターネットでの申込み」です。そのままウェブ上で審査、必要書類の提出を行い、「インターネットでの振込予約」をして銀行口座に振り込んでもらうのです。アイフルではこうすることで、一歩も家の外に出ずに申し込みから借入までを行うことが可能になっています。

現金か引き落としでの支払いかなどの用途で使い分ける

必要なのが現金なのか、引き落としの支払いのために必要なのかで使い分けをすることも考えられます。
すぐに現金が必要であるならば、ローンカードを使ってアイフルのATMや、提携先ATMから現金で借入を行うのがよいでしょう。
一方、クレジットカードなどの引き落としでの支払い予定がある銀行口座があり、お金が足りていない場合は、振り込みキャッシングで銀行口座に振り込んでもらうと二度手間にならなくてすみますね。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間