学生でも消費者金融で借り入れができるのか

学生の方でお金のやりくりに苦労している人は多いと思います。
サークルなどのイベント、学校の教材費、友達付き合い、飲み会など、意外にお金を使う機会というのは多いものです。

親に金銭的に支援してもらっている人も多いかもしれませんが、それだけではやりくりできないという人も多いでしょう。

そこで思い浮かぶのが消費者金融のキャッシング利用です。
テレビCMなどで手軽に利用できることがうたわれているので消費者金融を利用しようと思ったことのある学生の方も多いのではないでしょうか。

そもそも学生は消費者金融からお金を借りることが出来るのでしょうか。

学生でも消費者金融からお金は借りられる

初めに答えを書いてしまうと、学生でも消費者金融からお金を借りることはできます。

当サイトでおすすめしている消費者金融・カードローンの借入条件を一覧にしてみました。
※ほとんどの場合、公式サイトの「よくある質問」に掲載されています。

消費者金融 借入条件
モビット 年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です。
アイフル 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する「給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・嘱託社員、主婦(専業主婦除く)、学生」の方で、当社基準を満たす方
プロミス 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方。アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。
新生銀行レイク 満20歳以上70歳以下の方で、安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方)は、お申込みいただけます。
オリックス銀行カードローン お申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満であること
原則、毎月安定した収入のあること(専業主婦(主夫)、学生の方は除く)
アコム 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。

上記の中ではオリックス銀行カードローンのみ「学生の方は除く」となっていますが、その他の金融機関については「学生でも20歳を過ぎていて安定収入があれば可能」としているところがほとんどで、アルバイトをしていれば借り入れができることがわかります。

親に頼れるのであれば頼った方がいい

「学生でも消費者金融で借り入れができる」というのは理解いただけたと思います。

ただ、その上でもし親に頼めばなんとかなるということであれば親に頼んだ方がいいです。

理由として、収入の少ない学生の頃に借金をする生活をしてしまうと返済にとても苦労するためです。
もちろん当サイトで紹介している消費者金融は優良消費者金融に絞り込んでいるので騙されるようなことや、怖い目に会うようなことはありません。
ただし、返済にはどうしても金利がかかってしまうので収入が少なければ少ない分だけ金利分は返済時に重くのしかかってきます。
(1回きりで利用するような場合には初回無利息キャンペーンなどを行っている金融機関もありますので、そうした制度を利用してみるのもいいでしょう)

また若い頃から借金の癖がついてしまうと将来的にも借金グセが抜けなくなることも多く、誰にも頼ることが出来ないというような場合以外には学生の消費者金融利用はおすすめできません。

親にバレずに消費者金融で借りられるかどうか

仮に消費者金融にお金を借りるとなった場合、一番心配なのが「親にバレないかどうか」という点です。
基本的に消費者金融から直接親に電話や連絡が行くようなことはありません。
仮にバレるとすれば、

  • カードローンの利用明細
  • カードなどの郵送物

これらを意図せず親に見られてしまうようなケースです。
例えば実家住まいでカードローンの利用明細を机の上に放りっぱなしにしておいたところを親に見られた、財布の中に入っていた消費者金融のカードが見つかった、というのはよくあるケースです。
実は家族などの身内にバレるパターンとしてはこうした小さいことでバレることが大半です。

このようなうっかりミスを防ぐためにも次のようなことを徹底します。

  • 利用明細は発行しない(Web明細で済ませるようにする/業者によって対応の仕方が異なります(※))
  • 郵送物は発行しないようにする(「郵送物なし」としているサービスがありますので各社相談)

※参照:消費者金融でお金を借りると利用明細は自宅に送られるか

上記2点に注意するだけで親バレのリスクのほとんどは防げます。

借りられる限度額の上限は年収の3分の1である

次に学生が借りられる利用限度額について。消費者金融が消費者に融資できる上限を定めたものに「総量規制」という決まりがあります。総量規制とは簡単に言うと「消費者金融で融資できる金額は年収の1/3まで」といった決まりです。
(総量規制の対象になるのは消費者金融のみで銀行カードローンは対象外)

この総量規制を元に月収いくらだと最大どのくらい借りられるのかを算出してみました。

月収 年収 総量規制の上限額(年収の1/3)
5万円 60万円 20万円
10万円 120万円 40万円
15万円 180万円 60万円
20万円 240万円 80万円
25万円 300万円 100万円
30万円 360万円 120万円

このように一覧にしてみると大分イメージしやすくなるのではないでしょうか。

ここで算出しているのはあくまで「法的な」限度額なので、消費者金融の審査によってはこの限度額から低い金額が提示されることがあります。

借り入れ審査時に注意しなくてはいけないこと

消費者金融に申込むと、融資ができるかどうかの審査が入ります。
自分の収入などをここで申告することになるのですが、絶対にやってはいけないのが自分の情報を詐称して申し込みしてしまうことです。

例えば自分の月収・年収を実際の数値以上に大きく申告したり、アルバイトで働いているのに正社員で働いていると虚偽の深刻をするようなケースです。

こうした虚偽の申告はまず確実にバレて審査に落ちることになりますし、万が一バレなかったとしても虚偽申告をしていたことが後々にバレてしまった場合には融資が即停止になったり、悪質な虚偽申告をしていて消費者金融側が多大な被害を受けているということになれば訴訟に発展してしまう可能性もあります。

目先の欲にとらわれて小さな嘘をつかないようにしましょう。

消費者金融を利用することでの将来への不安

最後に学生の方が心配しがちな将来への不安について簡単にまとめておきます。
不安の多くは「学生時代に消費者金融で借り入れをしたら将来何かしらの形で不利益を被るのではないか?」ということですが、消費者金融でお金を借りただけで将来に悪影響をおよぼすことはありません。

取り立て屋が家に来て家族に迷惑をかけるのではないか

古いドラマにあるような夜中に怖い人が取り立てにくるようなことはありません。取り立ての仕方は法律で厳しく取り締まられています。

また「債務者以外の人に借り入れをしていることを知られてはいけない」という法律もありますので、消費者金融が家族に借金をバラすこと自体が法律的に禁止されています。
ただ、借金の遅延が延々と続くと督促状などが来ることもありますので期日はしっかりと守って返済をしましょう。

就職に不利になるのではないか

就職に不利になることはありません。企業側が学生の借入情報(信用情報)を確認することが出来ないためです。

将来住宅ローンなどが組みにくくなるのではないか

消費者金融で借り入れをしただけでは住宅ローンが組みにくくなるようなことや審査に落ちるようなことはありません。
ただし住宅ローンの審査を受ける時に消費者金融での借金が残っているなどの場合には、住宅ローンの審査に落ちてしまうような場合もありますので注意しましょう。