アコムの審査基準と審査に通過する方法

消費者金融銀行にカードローンを申し込むと、申し込み完了後に必ず融資を可否判断するために審査を行います。

もちろん、大手消費者金融であるアコムでもカードローンの申込後に必ず審査を行っています。アコムでは、主に安定した収入あることと申込者の個人情報である属性情報、今までのローンの申し込みや返済の履歴である信用情報の3つを大きな審査基準としています。

ここでは、アコムカードローンの審査基準やアコムの審査に通過する方法について解説いたします。

アコムで借入できるかWEB上の3秒診断で試してみる

アコムは申し込み前に借入可能かweb上の3秒診断ができます。3秒診断は年齢と年収(総支給額)、他社借入の3項目の簡易診断です。
3秒診断の結果「お借入できる可能性が高いです。」と表示されれば、年齢、年収や他社借入といったアコムを利用するための審査の基準はクリアしていることになります。
そのため、アコムに申し込みするのに年収や他社借入が心配な方は、事前に3秒診断を試してみると良いでしょう。


アコムカードローン
アコム

アコムの3秒診断は、申込者の信用情報が考慮されないので、過去5年以内に長期延滞や債務整理をした場合は、アコムの審査通過が厳しいです。

アコムの審査に通らない人とは安定した収入がない人または信用情報に問題ある人

アコムの審査では、申込者の安定した収入と他社借入金額や件数、信用情報に問題(金融事故の記録)があるかどうかの3項目を重視しています。
そのため、以下の条件に合致する人はアコムの審査に落ちてしまいます。

  • 月1回の安定収入が無はい(無職・専業主婦)
  • 現在年収3分の1に近い金額の借り入れがある(総量規制の上限金額を超えている)
  • 過去5年以内の間にクレジットカードやローンの支払いを61日以上滞納をしていた
  • 過去5年以内に任意整理や債務整理といった債務整理をした

上記で記載した通り、安定収入のない無職や専業主婦といった無収入の人はアコムの審査に落ちてしまいます。
また、アコムカードローンは、総量規制対象のカードローンです。そのため、他社消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用していて、年収の3分の1を超える金額の借入がある場合には、アコムの審査に通りません。

加えて、過去5年以内に消費者金融やクレジットカードローの支払いを2ヶ月以上滞納していた場合や自己破産や任意整理といった債務整理を行った人(いわゆるブラックリストに載っている人)も返済能力がないと判断されアコムに審査に落ちてしまいます。

一方、アルバイトやパートといった非正規社員でも毎月5万の収入がある。または、他社消費者金融の借入はあるが少額、他社借入件数が1件程度である、30日未満の短期延滞をしたことがある程度なら、アコムの審査に通過できる可能性があります。

アコムカードローン
アコム
アコムで借入できるかWEB上の3秒診断で試してみる

アコムは申し込み前に借入可能かweb上の3秒診断ができます。3秒診断は年齢と年収(総支給額)、他社借入の3項目の簡易診断です。
3秒診断の結果「お借入できる可能性が高いです。」と表示されれば、年齢、年収や他社借入といったアコムを利用するための審査の基準はクリアしていることになります。
そのため、アコムに申し込みするのに年収や他社借入が心配な方は、事前に3秒診断を試してみると良いでしょう。



アコムの3秒診断は、申込者の信用情報が考慮されないので、過去5年以内に長期延滞や債務整理をした場合は、アコムの審査通過が厳しいです。

アコムの審査では申込者の属性情報と信用情報の事故情報の有無を総合的に判断して融資の可否を判断している

アコムでは、申込者の氏名・住所・年収や職業や勤続年数といった個人情報(属性情報)スコアリング(点数化)と申込者の信用情報(他社借入件数・金額や金融事故の有無)して借り入れ時の審査基準としています。

ちなみに、アコムが扱っているクレジットカード、アコムACマスターカード(カードローン機能付きクレジットカード)の審査基準もアコムカードローンの審査基準と同様です。
アコムカードローンの審査基準となる項目は次の2つの項目です

  • 申込者の属性スコアリング(申込者の収入・職業・雇用形態などの個人情報をコンピューターで点数化)での審査
  • 申込者の信用情報を照会しての審査(他社借入状況や事故情報の有無)

アコムでは、申込者の属性情報と信用情報を大きな審査の基準としています。
たとえ、申込者の年収が高いという理由で属性情報がよくてもも信用情報に長期の滞納などの履歴がある場合には、審査に落ちてしまいます。
つまり、この属性スコアリングの点数が低いもしくは信用情報に事故情報があるというように1つの審査基準を満たしてない場合には、一方の審査基準をみたしていたとしても審査に通りません。
それでは、アコムの審査基準である申込者の属性と信用情報を詳しくみていきましょう。

属性情報での審査では申込者の年収や勤務先などの個人情報を点数化して融資の可否を判断している

属性とは、申込者の職業や年収、家族構成、健康保険などの個人情報のことです。
アコムを含むカードローン会社では、この申込者の属性をコンピューターで自動的にスコアリング(点数化)して、審査基準としています。(属性スコアリング)
アコムの審査の中で、申込者の属性を点数化して判断される主な項目は次の通りです。

  • 年収
  • 勤務先・雇用形態
  • 勤続年数
  • 居住形態・居住年数
  • 家族構成・年齢
  • 固定電話の有無

それでは、アコムの審査に、申込者の年収や職業や勤務先といった属性情報がどのように影響するのかをみていきましょう。

申込者の年収が高いと審査に有利になる

申込者の年収が高いほど、返済能力があるとみなされ、属性スコアも高くなります。つまり、アコムの審査には有利になっていきます。

また、アコムカードローンは総量規制の対象のカードローンであるため、他社の消費者金融での借り入れと合わせて年収の3分の1を超えていないかも審査しています。総量規制とは、年収の3分の1を超える貸付はできないという貸金業方の規定です。

もし、他社貸金業者での借入額が申込者の年収の3分の1を超えているあるいは、年収の3分の1に近くなっていると、総量規制を理由にアコム審査に通らなくなってしまいます
また、申込者の年収の高さと同様に安定した収入があるかどうかも、審査の基準として重要です。もちろん年収は高いに越したことがありません。アコムでは、たとえ年収が200万円でも安定しているかどうかを融資の可否をきめる判断基準としています。
もし、年収が低い場合には、希望すること利用限度額を5万円~10万円にすることで、返済能力があるとみなされ、審査に通ることもあります。

申込者の勤務先や雇用形態も審査に影響する

アコムでは、申込者の勤務先や雇用形態といった申込者の属性情報は融資の可否を決める審査基準です。。
一般的に公務員や大手企業の社員は、この勤務先のスコアが高くなる傾向があります。

一方、会社員や公務員と比べて、収入が不安定になりがりな自営業者や個人事業主やまた、パートやアルバイト(フリーター)、派遣社員などの非正規雇用の方は、勤務先のスコアが低くなってしまうでしょう。

しかし、アコムでは、安定した収入があれば、申し込み条件を満たしておりますので、アルバイトやパートという理由で審査に落ちてしまうことはありません。
なお、パートやアルバイトの場合には、希望の利用限度額が50万円以下であっても、給与明細書や源泉徴収票といった収入証明書類を提出することで、収入が安定しているとみなされ審査に有利になります。
なお、専業主婦や無職の場合にはアコムカードローンの申し込み条件にある、 「安定した収入」の条件をみたしていないので、審査には通りません。くわえて、無職や専業主婦の場合、他の消費者金融の審査にも通りません。無職や専業主婦の方の場合には、消費者金融や銀行カードローンからの借り入れを諦めて、質屋や金融機関以外での借り入れを検討するようにしましょう。

勤続年数が長いほどアコムの審査に有利になる

申込者が勤務している会社もしくは職業をどれくらい継続しているかもアコムの審査の基準の1つとなります。
申込者の勤務先での勤続年数が長い方が、これからもきちんと働いて返済ができるとアコムの審査担当者に判断されるため、審査には有利に働きます。
一方、勤続年数が1年未満の場合には仕事が続けられるのかを審査担当者から、申込者の返済能力がないとみなされ」審査にマイナスになるケースもあります。
勤続年数が1年未満の場合には、利用限度額30万円にしたいところを利用限度額10万円で申込をするといったように、希望の利用限度額を下げて申し込みをすることで、審査に通過できる可能性が高まります。
ただし、申込者の勤続年数が1年未満という理由だけで、アコムの審査に落ちてしまうことはないでしょう。

申込者の居住形態や居住年数も審査基準となる

申込者の住居が持ち家か賃貸かによって属性スコアが変わります。持ち家の方が属性スコアは高い傾向にあります。
ただし、住居形態が賃貸だからといってそれが理由で審査に落ちてしまうわけではありません。そのため、そこまで審査には影響することはありません。

家族構成や申込者の年齢はそこまで審査結果には影響しない

申込者が一人暮らしよりも家族と同居しているほうが評価が高くなります。
ただし、申込者に子供がいて、なおかつ子供が小さい場合には、学費や生活費などがかかり返済能力が低いとみなされ、アコムでの評価が下がってしまう場合もありますので、家族構成だけでは評価しにくいところです。

アコムを申し込みできる年齢は20歳~69歳

アコムカードローンの申込み可能な年齢は、年齢20~69歳までの方です。
申込可能な年齢の範囲内であれば、特に審査には問題ありません。
なお、70歳以上の高齢者の方は、安定した収入があってもアコムを利用することができません。

申込者が固定電話を持っていると少しだけスコアが上がる

固定電話を持っていると少しだけ審査のスコアが上がる程度です。
そのため、固定電話を持っている方はきちんと申し込み時に固定電話の電話番号を記載することが重要です。
しかし、申込者が固定電話を持っておらず、携帯電話だけしか持っていない場合には、それが理由で審査に落ちてしまうということはありません。
ただし、家族に内緒でアコムを利用したい場合などは、逆に固定電話の番号を記載してしまうと自宅に電話がかかってくることもあるので注意しましょう。特に、個人事業主や自営業の方で、自宅などで勤務しており、かつ固定電話がない場合などは、事前にアコムの担当者に確認してみるといいでしょう。

アコムの特徴

アコム

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり


申込者の信用情報をチェックして金融事故情報などの返済に問題がないかを確認する

信用情報とは、個人のローンやクレジットカードの申込や返済または延滞といった利用記録のことで、個人信用情報機関という以下の3つの機関で管理されています。

申込者がカードローンへの申し込みを完了すると、アコムは自社が加盟している個人信用情報機関を通じ、必ず申込者の信用情報をチェックします。
そして、これまでの利用状況に事故情報がないかを確認します。現在、アコムはCICとJICCの2つの信用情報機関に加盟しています。
申込者の信用情報の中でアコムが審査をするを行う点は、以下の3点です。

  • 申込者の他社借り入れ件数
  • 申込者の他社借り入れ金額
  • 申込者の金融事故の有無

他社借り入れ件数は0件または少ないほうがよい

現在、申込者が消費者金融やクレジットカード会社の何社からお金を借り入れいるのかをチェックされます。
たとえ、他社で同じ金額を借り入れている場合でも、複数社から少しづつ借りている人よりも1社からまとめて借りている人の方が評価が高くなります。

なぜなら、複数社で借り入れをしている人は、返済能力がないために利用限度額が低めに設定されていると審査担当者に判断されるためです。そのため、他社借り入れ件数が多い場合には、借金をまとめるなどして、アコムの申し込み前に他社借り入れ件数を減らしておくようにしましょう。

他社借り入れ総額も0円または少ない方がよい

現在の消費者金融や銀行カードローンなどの借り入れ総額が年収に対して多い方は、「他社の借金を返済できないから借りている」と判断されてしまいます。
アコムカードローンは総量規制の対象のカードローンであるため、他社消費者金融会社との借入合計額が年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。つまり、年収の3分の1を超えているあるいは年収の3分の1に近くの借入がある方は審査に落ちてしまいます。

他社借り入れのある場合、たとえアコムの審査に通過して融資を受けられたとしても、アコムでの利用限度額額の上限は、総量規制の上限額から他社の借り入れ金額を差し引いたものになります。

たとえば、年収300万円で、他社消費者金融A社で50万円の借り入れがある人は、申込者の年収の3分の1の金額(総量規制上限額)から他社借り入れ金額を引いた金額、つまり50万円がアコムでの利用限度額の上限となります。

そのため、他社借り入れ金額が、年収の3分の1に近い金額の場合には、アコムでの申込の前にできるだけ今ある借り入れを返済するまたは、おまとめローンを利用して借り入れ件数を減らしておくようにしましょう。

申込者の信用情報に長期の滞納や債務整理などの金融事故記録があると審査に落ちてしまう

消費者金融や銀行を利用してお金を借りる際にはアコムに限らず、すべてのキャッシングやローンの審査で利用者の信用情報をチェックされます。信用情報とは信用情報機関で管理されている個人のローンやクレジットカードの利用記録のことをいいます。
アコムに申込者が申し込みした際に、アコムは自社が加盟している個人信用情報機関を通じて、申込者の信用情報をチェックします。そして、申込者の信用情報の中の利用状況に事故情報(異動情報)がないかを確認します。
金融事故とはローンやクレジットカードの返済の際に、返済日に間に合わなかったなど、返済上の何らかの問題が発生し、通常通りに返済が完了いていないことを言います。
金融事故を起こしてしまうと、申込者の信用情報に事故情報(移動情報)として記録されます。

金融事故の種類はどのようなものか

金融事故の種類には、主に次のようなものがあります。

  • 2~3か月以上の長期の延滞や滞納
  • 法的に借金を整理する債務整理(任意整理や自己破産も含まれる)
  • 支払いができなくなった代わりに第三者が支払いを行う代位弁済
  • 金融機関側から一方的に契約を解除される強制解約

これらの金融事故情報が一度、異動情報として利用者の信用情報に記録されると、最長1年~10年間は消えることはありません。
信用情報に事故情報(異動情報)の記載があると、返済能力がないと判断され、アコム審査に落ちてしまうだけなく、他の消費者金融や銀行カードローンの審査にも落ちてしまう可能性があります。
この中でも、カードローン会社やクレジット会社でのキャッシング枠での借入がなくても、携帯電話料金(携帯電話の本体代金の分割払い)を滞納や滞納をしていた場合には、携帯電話の端末料金の分割払いは借金と見なされるため、申込者の信用情報に傷がつくことがありますので注意しましょう。なぜなら、携帯電話の本体代金は月賦販売であるため、銀行や消費者金融のローンと同じ扱いになるためです。

カードローンやクレジットの利用実績のない場合にも審査落ちてしまう場合

過去にカードローンやクレジットカードを全く利用してない方も審査に落ちてしまうことがあります。
なぜなら、ローンやクレジットカード、携帯電話本体の分割払いをしたことがない方は、ローンやクレジットの利用実績がない人だとみなされるためです。
一方、金融事故を起こしていわゆるブラックリスト入りしてしまった人も先ほど述べたように金融事故後、最長10年経過すると、この履歴が消えるようになっています。つまり、利用実績がないとブラックリスト入りしていたのかと、カードローン会社に疑われる可能性があり、審査に落ちてしまうこともあります。

アコムの特徴

アコム

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり


アコムの審査に通るためには

それでは、アコムの審査に通るためにはどうしたらいいのでしょうか。申込者の年収や職業などの属性情報は、すぐに変更するわけにはいきません。まして年収などの個人情報の嘘の申告したとしてもすぐにアコム側に嘘が発覚して審査に落ちてしまいます。
また、過去の金融事故の履歴などの信用情報に記載されている金融事故情報なども記録として残ってしまっている以上、すぐに消せるわけではありません。
しかし、プロミスの申し込み前に、以下のような対策しておくことで、審査に通る可能性が高くなるでしょう。
すぐにでも対策ができるアコムの審査に通るコツは次の3つです。

  • 申込者の年収の3分の1よりも低めの利用限度額にする
  • 申し込み前に他社借り入れ件数や借り入れ金額を減らしておく
  • 申し込み時の記載ミスや記載漏れをなくす

年収の3分の1よりも低めの利用限度額で申し込む(必要な分だけ借りる)

アコムへ申し込みする際は、申込者の利用限度額の上限である年収の3分の1の金額よりも希望の利用限度額(契約極度額)を低めに設定することで、アコムの審査に通過する可能性があります。
希望の利用限度額は、申込者の年収と他社借入件数(他社借入残高)にもよりますが、必ず総量規制の範囲内の金額(申込者の年収の3分の1以内)にするのが審査に通過するために最低の条件です。

もし、可能であれば、申込者自身の年収を比較して利用限度額を低めに設定しておくと、返済能力があることがアコムの審査担当者に評価され、審査に通過する場合があります。
特に、年収が少ない場合や他社借入件数や他社借り入れ件数がある場合などは、総量規制の上限の額(年収の3分の1)よりも低い希望限度額(20万円以内)にしましょう。
ただし、申込者の年収が100万以下の場合だと、返済能力に問題があるとみなされるためアコムの審査に通過することは難しいでしょう。

アコムでの申し込み前に他社借り入れ件数や借り入れ金額を減らしておく

アコムへの申し込み・審査の前に、他社借り入れ件数や他社借り入れ金額を完済や追加入金などをして減らしておくといいでしょう。
また、他社借り入れ金額はどうしても返済が難しく減らすことが難しい場合でも、借り換えローンやおまとめローンを利用して他社借り入れ件数を減らしておくことで、申込者の返済能力に問題がないことを審査担当者にアピールできるでしょう。

申し込み時の記載ミスや記載漏れをなくす

アコムの審査に落ちてしまう原因の1つに、申し込み内容の記入ミスや記載漏れもあります。
申し込み内容を記入する際に記載ミスや記載漏れがあると、アコムの審査担当者が確認のため審査に時間がかかるだけでなく、虚偽の申告をしたと見なされてします場合がありますの注意しましょう。アコムに申し込む場合には、 年収や他社借り入れ金額など、絶対に虚偽の申告はしないようにしましょう。

アコムでの利用限度額の増額の場合にも増額審査がある

すでにアコムカードローンを利用している方の中には、アコムの利用限度額を増額したいと考えている方も多いと思います。
アコムでは、契約後6か月以上経過しておりなおかつ、遅滞や滞納など返済に問題がないようであれば、インターネットまたは電話で利用限度額の増額することが可能です。

利用限度額を増額する方法はアコムからの案内がある場合と利用者が申請する場合の2つ

利用限度額を増額する方法は、「アコムから増額の案内が来る場合」と「利用者が増額を申請する場合」の2つの方法がありますが、どちらも初回申し込みと同様に増額には審査が必要です。
ただし、申し込み時と勤務先が同じ場合には在籍確認はなしになります。(申し込み時に申請した勤務先が異なる場合には、再度電話で在籍確認が行われる場合もあります。)
なお、アコムの利用限度額の増額については、「アコムカードローンの利用限度額の増額方法と増額審査」で詳しく解説しておりますので是非ご覧ください。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間


アコムの審査や審査基準についてのよくある質問

アコムのキャッシング時の審査についてよくある質問をまとめましたので、ご紹介いたします。

アルバイトやパート、フリーターでも審査に通りますか?
アコムカードローンは、20歳から69歳までの安定した収入があれば、アルバイトやパート、契約社員や派遣社員の方でも申し込みが可能です。他社カードローン会社での借り入れがなく、過去に長期の滞納や金融事故などを起こしてないのであれば審査に通過することが可能です。
アコムでの審査通過後キャンセルはできるでしょうか?
アコムでは申し込み、審査通過後のキャンセルも可能です。アコム契約後にキャンセルしたい場合には、アコムカードローンデスク電話をして担当者にキャンセルの旨を伝えるだけで、アコムとの契約がキャンセルできます。また、アコムの店頭窓口でも契約のキャンセルができます。
自営業者や個人事業主は審査に通りづらいのでしょうか?
アコムの審査に落ちる項目に該当していないとしても自営業者・個人事業主は、公務員や会社員と比べて収入が不安定なために審査に通りづらい傾向があります。アコムに限らず、自営業者や個人事業主が消費者金融のキャッシング申し込み審査を受ける際には、申込者の収入や業種などが確認できる事業計画書や返済計画書の提出が求められるケースもあります。ただし、これらの書類を提出すればすぐに審査に落ちてしまうということはありません。
また、アコムでは自営業者や個人事業主の方専用のビジネスサポートローンもありますので、こちらも検討してみてはいかがでしょうか。
他社のカードローン会社での返済を長期滞納している状態ですが、審査に通りますか?
アコムを含めた大手消費者金融では、消費者金融や銀行カードローンや住宅ローンなどの返済を61日以上滞納している場合には、信用情報に長期の滞納の記録が記載されてしまっているため、審査に落ちてしまいます。ただし、返済日を一日遅れ場合などは、信用情報に滞納の履歴が記載されていないため審査に通過する可能性もあります。
アコムカードローンとACマスターカードの審査内容は異なるのでしょうか?
アコムが提供しているクレジットカード「アコムACマスターカード」の審査基準は通常のアコムカードローンの審査基準と同じです。
アコムの仮審査と本審査では具体的にどのようなことを調べているのでしょうか?
アコムの仮審査では、申込者の年収や職業といった申し込み内容をコンピューターで点数化し、(属性スコアリング)や申込者の信用情報に長期の返済の滞納などの問題がないかと調べます。その後の本審査では、申込者が申告した勤務先で本当に働いているかを確認する在籍確認の電話連絡や申込者が提出した運転免許証などの本人確認書類や源泉徴収表や確定申告書といった収入証明書類に間違いがないかをアコムの審査担当者が確認しています。
なお、アコムの本審査と仮審査については「アコムの仮審査通過後スムーズに本審査に通るためのポイント」で詳しく解説しています。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間