公務員が職場の人に知られずにアコムでお金を借りるには

リストラの心配もなく年収が安定してる公務員は、最もローン審査に通りやすい職業です。大手消費者金融のアコムにおいても審査に通りやすい職業といえます。

そのため、会社員やアルバイト・パートにまたは自営業者や個人事業主に比べて、他社借り入れなど信用情報問題がなければ、アコムの審査を有利にすすめることができでしょう。

しかし、公務員の方の場合、職場や周囲の人に消費者金融を利用しているということを内緒にしたいと思います。

ここでは、公務員の方がアコムを利用する際に勤務先や周囲の人にバレないで利用するためのポイントを詳しく解説したします。

公務員はカードローンキャッシング審査に通りやすい職業

公務員は、最もローン審査(キャッシング審査)に通りやすい職業だと言われています。それは、」住宅ローンや自動車ローンをはじめ、金融機関が扱うあらゆるローンに共通して言えることです。
その理由は、公務員という職業には社会的信用があり、リストラされるリスクが低く、収入も基本的に右肩上がりだからです。
銀行や消費者金融としての金融機関としては、公務員は最も融資したい顧客と言えます。

それは、大手消費者金融のアコムも例外ではありません。

公務員でも信用情報に金融事故の記録が審査に落ちてしまう

いくら公務員が審査にアコムの通りやすい職業だといっても、以下のような信用情報に傷がある場合には、審査に落ちてしまいますでの注意しましょう。

信用情報に傷があるとは以下の状態のことをいいます。

  • 他社借り入れ件数や金額が多い
  • 過去に長期の滞納や債務整理などの金融事故を起こしたことがある

そのため、信用情報に傷がある場合には、信用情報に傷があっても、審査に通過可能な独自の審査を行っている中小消費者金融の利用を検討しましょう。

なお、アコムの審査に落ちてしまう理由や審査基準については、「アコムの審査基準と審査に通る方法」で詳しく解説しています。

    アコムは申し込み前に借入可能か3秒診断ができます。3秒診断は年齢と年収、他社借入の3項目の簡易診断です。
    3秒診断の結果「お借入できる可能性が高いです。」と画面に出れば、年収や他社借入というアコムを利用するための審査基準はクリアしていることになります。そのため、アコムに申し込みするのに年収や他社借入が心配な方は、事前に3秒診断を試してみると良いでしょう。


他社借り入れ件数や金額が多い

公務員がアコムの審査に落ちてしまう理由は、すでに他社での借り入れ件数や金額が多い場合や他社消費者金融での借入額が申込者年収の3分の1を超える借金(他社借入)がある場合です。そのため、公務員でも総量規制の上限を超える融資を受けることはできません。

総量規制とは、消費者金融をはじめとする貸付業者からの融資を年収の3分の1までに制限している法律の規制をいいます。すでに他社から多額の借入をしているならば、アコムの審査に落ちてしまう可能性が高くなります。
信用力の高い公務員だからといって、総量規制の例外になるわけではありません。

たとえば年収が600万円であれば、アコムから借りられる総量規制の上限金額は200万円になります。なお、他社借り入れがある場合は、その借り入れ金額を差し引いた金額が利用限度額の上限となります。

申込者の信用情報に過去の長期の延滞や債務整理など記録がある(ブラックリストに入っている)

過去に長期の滞納や債務整理などの金融トラブルを起こしたことのある人(ブラックの人)も、アコムの審査に落ちてしまいます。
返済の長期延滞や自己破産といった金融事故情報を個人信用情報機関に金融事故情報が記録されている人はブラックと見なされ、
アコムの審査はおろか、銀行カードローンやクレジットカードの審査にも落ちてしまいます。申込時に過去の金融事故情報を隠したとしても、アコムでの審査時に個人信用情報機関に問い合わせれば、すぐにバレてしまいます。加えて、申込時の年収や勤務年数の虚偽申告も審査落ちの原因になりますので、申込時は必ず正確な内容を申告するようにしましょう。

職場や周囲の人にバレずにアコムを利用できる

たとえ、アコムの審査の通過して、お金を借りることができるとしても、一番の心配は、勤務先や家族などの周囲の人にバレてしまうことではないでしょうか。

公務員の中でも特に、自衛隊員や警察官など寮で生活している方の場合は、アコムの利用が周囲にバレてしまわないか心配だと思います。
職場や周囲の人にアコムの利用がバレてしまう項目は以下の3つです。

  • 審査時の勤務先への電話連絡(在籍確認時)⇒申込者の勤務先
  • 返済の滞納時の催促の電話⇒申込者の自宅・勤務先
  • 契約書類などの郵便物の自宅への送付時⇒申込者の自宅

審査時の在籍確認の電話では職場に個人名で電話がある

アコムの審査時に、申込時に申告した勤務先へ電話をして申込者が本当に勤務先に在籍しているのかを確認します。申込者の勤務先にアコムの担当者が電話をするために、職場の同僚などのキャッシング利用がバレてしまわないか心配だと思いますが、アコムの担当者は社名を言わずに個人名で電話をかけ、申込者本人以外に電話のを明かすことはありません。

職場にアコムの利用がバレてしまうことを防ぎたいのであれば、申し込みが完了したあと、携帯電話にかかってくる本人確認の際に、在籍確認についてアコムの審査担当者と相談し職場に電話がかかってくる時間帯の指定やかけてくる担当者の性別は指定をしてもらうのもいいでしょう。

また、あらかじめ職場の方に「クレジットカードをつくったので、その在籍確認」であると事前に通知しておくのもいいでしょう。

在籍確認が難しい場合には事前にアコムの担当者に相談する

職場にバレてしまうまたは、勤務先に電話がかかってくることがないので不審に思われるなどの理由で在籍確認の電話が難しい場合には、アコムの担当者に相談するようにしましょう。相談の結果には、勤務先への電話確認の代わりに書類する必要があります。

なお、三井住友銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンの場合、審査時の職場への電話を回避することはできません
どうしても、在籍確認の電話して勤務先を確認することが、できない場合などは、アコムの担当者の判断で電話以外の方法に変更してもらえることもあります。アコムの担当者より在籍確認の電話の代替として提案されるのは、健康保険証や組合保険証と直近の一か月分の給与明細書を提出する場合がおおいです。

勤務先への電話連絡が難しい場合には、申し込みが完了時点、または申し込み前にすぐにアコムの担当者に相談してみることをおすすめします。なお、アコムカードローンの申し込みが完了するとすぐに担当者が借り入れ審査を進めてしまう場合もありますので注意しましょう。

長期の返済の滞納の場合には勤務先への電話連絡されてしまうこともある

アコムでは返済の滞納や遅延が発生した場合にはアコムは契約者の者の携帯電話に連絡をして督促電話を行います。
それでも返済がなされない場合には自宅に督促状が郵送されてきます。その督促状を無視し続けると、最終的にはに電話がかかってくる場合もあります。もちろん、アコムを名乗ることは携帯電話や自宅への電話同様にありませんが、勤務先に借り入れしていることが発覚してしまう恐れも考えられます。
返済期日を守ってきちんと返済していれば、このようなかたちで職場に電話がかかってくることは一切ありません。

基本的に契約書類やローンカードの自宅に郵送される

アコムでは、カードローンの契約書類やローンカードなどの郵便物が申込時に入力した住所へ送付されてしまいます。もし、家族などにバレたくな場合には以下の点に注意しましょう。
関連項目:「アコムからの郵送物を自宅に届かないようにする方法

  • カードローンの申し込みをインターネットで行う
  • 本人確認や審査結果報告の連絡を携帯電話にしておく
  • あらかじめ勤務先への在籍確認があることを認識しておく
  • 店頭窓口やむじんくん(自動契約機)で契約する

カードローンの申し込みをインターネットで行う

パソコンやスマートフォンからインターネット、またはスマートフォンアプリから申し込みをすることをおすすめします。自宅への郵便物を無しにするには、インターネットでの申し込み以外にもありませんまた、インターネットからの申し込みの場合、24時間365日受付けています。ネット環境さえあれば、いつでもどこでも申し込みが可能です。そのため、周囲の人にアコムの利用を知られたくない場合には、インターネットから申込をするようにしましょう。
なお、アコムのインターネット申し込みについては、「アコムのWEB完結」で詳しく解説しています。

本人確認や審査結果報告の連絡先を携帯電話にしておく

アコムでの申込時に申告する連絡先を自分の携帯番号にしておけば安心です。
この番号は本人確認の連絡時にかかってくる電話番号ですので、家族や周りの人にアコムのキャッシングを利用していることが気づかれたくないのであれば、申込時の連絡先を自分の携帯電話にしておいたほうがいいでしょう。

本人確認や審査結果の連絡を利用者の携帯電話にする方法

申し込み欄の「審査結果通知・お申し込み内容確認の連絡先について」を選択する際には「携帯」を選択するようにしてください。

  • 返済方法を口座振替にしない
  • WEB上で明細を受けとれるサービスを利用する
  • 返済はなるべくアコムATMや提携先ATMから行う

返済は店頭窓口やアコムATMまたは提携ATMから行う

口座振替の返済、指定口座への返済は、後日「お取引明細書」が送られてきます。
アコムの店頭窓口、アコムATM、提携ATMなどからの返済ですと取引明細書にすべて取引内容が明記されるので自宅に郵便物が送られてこないので安心です。ただし、金融機関やコンビニの提携ATMを利用した場合には、利用ごとに1万円以下の場合で、108円、1万円超の場合で218円の利用手数料がかかるので注意しましょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 最短30分で審査完了!即日融資が可能!
  • 利用者数NO1!WEB申し込みなら24時間申し込み可能
  • 30日間無利息サービスを実施中
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間