免許証だけで借りられる消費者金融はあるのか

消費者金融の申込みというとさまざまな身分証明書や、本人確認書類などが必要で書類の審査が厳しいと思われがちです。

実はこうした面倒な書類の提出は一定の限度額を超えるもののみで、少額のキャッシングであれば免許証(または他の身分証明書)だけでもお金を借りることができます。つまり、免許証1枚で消費者金融からの借り入れが可能です。

実際に免許証だけで借りられる消費者金融やその条件などをまとめました。

大手消費者金融は実際に運転免許証だけで借りられる

消費者金融の申込みで必要な書類は下記の2つです。
運転免許証やパスポートなどの「本人確認書類」、源泉徴収票の写しなどの「収入証明書」です。

冒頭に書いた通り、実は消費者金融の中でも「条件を満たしていれば収入証明書は不要」としている会社は多いです。
「収入証明書が不要」≒「本人確認書類の提出だけでいい」ということです。

本人確認書類(身分証明書)については運転免許証で済むことがほとんどなので収入証明書が不要であれば免許証1枚で借り入れができると言えます。
実際に当サイトでおすすめしている消費者金融の収入証明書が必要な場合を見てみましょう。

大手消費者金融で収入証明書が必要な場合
消費者金融会社 収入証明必要条件
モビット 必須
レイク(新生銀行) 100万円を超えて契約する場合には必須
オリックス銀行カードローン 原則として限度額300万円を超える場合
プロミス 限度額が50万円を超える場合
(または他金融業者からの借り入れ合計が100万を超える場合)
アコム 限度額が50万円を超える場合
(または他金融業者からの借り入れ合計が100万を超える場合)
アイフル 限度額が50万円を超える場合
(または他金融業者からの借り入れ合計が100万を超える場合)

モビットのみが収入証明書を必須としていますが、それ以外の消費者金融については限度額(または他の消費者金融を含めた借入総額)が少額であれば証明書は不要としています。
「少額」といっても上記のリストの中では50万が最少額なので通常の人であればほとんど問題ない範囲といえるでしょう。

申し込みに必要となる書類が運転免許証のみでも審査が甘いわけではない

運転免許証1枚で、規定のフォームから応募して、審査に通れば借り入れできるというところから「審査がかなり甘いのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。
消費者金融は融資した後にきちんと返済できる人なのかどうかを審査でしっかりと確認します。収入証明がないのにどうやって返済能力を確認するのかという疑問が浮かびますがいたって単純です。

例えば、勤務している会社は申込の段階で記入しなくてはいけないですし、会社できちんと働いているかどうかの在籍確認もあります。
もし勤務している会社が分かればおおよそどれくらいの収入なのかは分かるでしょう。少なくともその会社の勤続年数などからある程度の想定は可能ですし、最低でもこれくらいの年収があるというイメージはできます。

そして審査の中では信用情報も確認され、現在の借入状況から過去の借入情報、他の消費者金融への申込状況など自分自身の細かい借入状況・借入状況が徹底的に調べられます。

このように考えると決して審査は甘くないということは理解できるでしょう。

免許証など本人確認書類を紛失してしまった時のリスク

免許証1枚で申し込みができ、借り入れまで可能という話を聞いて便利だなと思う反面、怖いのは自分が免許証などの本人確認書類を紛失してしまった時のリスクです。
免許証1枚で借り入れができるのですから当然悪用される可能性もあるわけですし、健康保険証などでも身分証明は代用できるのでリスクは大きいです。最後に身分証明書を紛失してしまった時のリスクについてまとめます。

運転免許証などの身分証明書を紛失したらすぐに紛失届を提出すること

まず基本的なことですが本人確認書類を紛失してしまったらすぐに紛失の手続きをしましょう。
運転免許証であれば警察に遺失物届を提出、再発行の手続きをします。

この届出が遅くなればなるほど悪用のリスクがありますので、なくなっていることに気が付いたらすぐに規定の機関に手続きをします。

身に覚えのない請求などがあった場合

もし身に覚えのない請求があった場合は、本来その金融業者に連絡するのがベストなのですが、最近は大手を騙る詐欺や、まったくの架空請求ということも多いです。

もし詐欺かどうか確信が持てないような場合には直接連絡することは避け、国民生活センターなどの公共の施設に問い合わせてみましょう。

原則的に身分証明書が悪用されてしまった場合支払いの義務はない

仮に身分証明書が悪用されて、自分自身に請求が来たとしても基本的に支払の義務はありません。
この場合、被害者は本人確認書類が悪用された側ではなく、お金をかすめ取られた消費者金融会社という扱いになるので被害届は消費者金融会社が出すことになります。

そのためにもし身分証明書が悪用された場合には紛失届・盗難届などを警察に届け出ることにより「運転免許証を悪用された」「自分は正当な支払人ではない」ということを証明しなければなりません。

ケースによって対処方法が異なってくるのでまず国民生活センターや消費者金融と相談することになりますが、原則的に自分が借りていないお金は支払い義務がないということは覚えておくといいでしょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間