プロミスの金利と利息額の計算方法

プロミスは、テレビCMも行っている三井住友銀行と同じSMBCグループの大手消費者金融業者です。

しかし、実際にプロミスカードローンでお金を借りた際に、実際にどのくらいの金利で、返済時にどのくらいの利息を支払うのかが気になったりしませんか。

プロミスカードローン(フリーキャッシング)の金利は4.5~17.8%(実質年率)と公式ホームページなどに記載されていますが、プロミスカードローンの金利が銀行カードローンや他の消費者金融の金利に比べて高いのかどうか実際にわからないないといったこともあるでしょう。

ここでは、プロミスの金利の計算方法や、そして返済時に支払う利息総額を減らす方法などをご紹介いたします。

プロミスのおすすめポイント
  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK


プロミスの金利は年率4.5%~17.8%

プロミスカードローンの金利は、年率4.5%~17.8%です。
それでは、プロミスカードローンの金利は、他の消費者金融や銀行カードローンを比較すると高いのでしょうか、それとも低いのでしょうか。プロミスカードローンの金利を他社消費者金融や銀行カードローンとの金利の比較してみることにしましょう。

プロミスをはじめとする消費者金融業者の上限金利は、銀行カードローンと比較すると高く設定されています。
基本的に銀行や消費者金融などの金融機関でお金を借りる際、申込者に返済能力があるかどうかが不明なためどの金融機関も、初回契約での融資の場合には上限金利で契約することが多いです。
また、プロミスカードローンでの利用限度額の上限は500万円です。

銀行カードローンの金利と利用限度額
銀行系カードローン 金利(実質年率) 最大利用限度額
三菱UFJ銀行カードローン 3.5%~14.0% 500万円
三井住友銀行カードローン 1.8%~14.6% 800万円
みずほ銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円
オリックス銀行カードローン  1.7%~17.8% 800万円
消費者金融カードローンの金利比較と利用限度額の比較
消費者金融会社 金利(実質年率) 利用限度額
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
アイフル 3.0%~18.0% 1000円~500万円
ノーローン 4.9%~18.0% 1万円~300万円

特徴として、銀行カードローンの方が消費者金融系カードローンに比べて低金利です。しかし、プロミスの上限金利は、銀行カードローンであるオリックスカードローンと同じ利率です。また、大手消費者金融カードローンの上限金利を比較すると、アコムSMBCモビットアイフル、ノーローン各社とも18.0%と横並びですが、プロミスが17.8%と大手消費者金融業者中では、上限金利が最も低い金利であるのがわかると思います。ちなみに、金利18.0%と17.8%の0.2%の差というのは、10万円を1年間借りた場合に、100円の差がでるくらいの金額です。

上限金利は借入残高ごとに法律で決められている

過去の消費者金融での高金利による貸付などの影響で、「消費者金融の金利は高い」というイメージを持っている方も多いかと思います。
しかしプロミスをはじめとする消費者金融の上限金利は借入残高ごとに法律によって決められています。

現在、プロミスをはじめとする消費者金融会社の金利は、2010年6月の改正貸金業の1つである利息制限法によって上限金利が20.0%以下に定められています。また、適応上限金利も借り入れ額によって利息制限法により定めがあります。
利息制限法での金利の上限範囲は以下の通りです。

  • 借入額10万円未満の場合は年率20.0%まで
  • 借入額10万円以上100万円未満の場合は18.0%まで
  • 借入額100万円以上は年率15.0%まで

上記のように、利息制限法の上限金利では10万円~100万円未満の借入時の利息上限は18.0%です。(利息制限法の上限金利を超える金利に設定しても、法律上は無効となります。)

また、借入額が100万円を超える契約となると上限利金が15.0%まで下がります。通常、希望利用限度額にもよりますが、初回でのプロミスカードローン利用時には利用限度額50万円を超える契約は少ないため(他社借入がない場合でもプロミスで50万円を超える利用限度額を希望する場合には収入証明書の提示を求められる。)、プロミスでの返済実績のない初回での契約の場合では上限金利の17.8%になるケースがほとんどです。

プロミスカードローンは総量規制対象のカードローンである

プロミスは総量規制の対象のカードローンですので、申込者の年収の3分の1を超える借入はできません。つまり、プロミスのカードローンの金利や利用限度額は審査で決まります。

金利から支払う利息額を計算する方法

それでは、プロミスカードローンの利息額をはどのように金利から計算されるでしょうか借入金の利息(金利)がどのように計算されるのかをみていくことにしましょう。

プロミスの借入金の利息額は日割りで計算される

プロミスの4.5~17.8%という金利の数字は、一年間の借りた時の借入利率「年利」で示しています。銀行やカードローン会社で金利というときには、この年利のことをいいます。
それでは、プロミスカードローンの金利から返済時に支払うべき利息額を計算をしてみましょう

金利17.8%で1年間借りた場合の利息総額は5万3,400円

例えば、プロミスから30万円を年利17.8%で1年間借りたとします。

30万円××17.8%=5万3,400円

プロミスで、上記の金額と金利設定で1年間借りた時の利息の総額は、5万3,400円になります。

基本的に利息は年間の利息の日割りで計算する

それでは、3か月や6か月などといった1年未満の期間借りる場合はどのように計算するのでしょうか。
このような場合、利息は1年間の利息の日割りで計算します。利息(金利)は下記の式から計算できます

利息=借入金×金利(年利)÷365日×借りる日数

例えば、30万円を17.8%で90日(3か月)借りるとします。このときの利息総額は

30万円×17.8%÷365日×90日=1万3,167円(1円未満切り捨てます)
となります。

また、30万円を17.8%で180日(6か月)借りるとします。このときも同じように計算すると、

30万円×17.8%÷365日×180日=2万6,334円

となります。
ここで、プロミスから90日借りた場合と180日借りた場合とを比較すると、約13,000円の差があります。

同じ金額を同じ金利で借りるとしても、返済期間が短いほうが利息総額安くお得です。
ただし、早く返済しようとして返済額を多めに設定して無理をしてしまうのもあまり良くはありません。

なぜなら、プロミスでは返済日に延滞や滞納してしまいきちんと返済できなかった場合には、遅延損害金を支払わなければなりません。なお、遅延損害金の金利(実質年利)は20.0%です。この延滞損害金は返済期日を1日でも過ぎてしまった場合にでも適応されますので注意してください。
プロミスカードローンの返済期限を遅れてしまって遅延や滞納しそうな場合には、「プロミスで返済金を延滞・滞納してしまった場合の対処方法」で詳しく解説していますので、ご覧ください。

プロミスでは毎月の支払わなければならない最低返済額が決められている

それでは、プロミスえはの返済時には利息を含めて毎月の支払いにいくら返済しないといけないのでしょうか。
プロミスでは、毎月に支払わなければならない最低の金額が決きまっています。それでは毎月の最低返済額がいくらになるのかみていくことにしましょう。

返済方式は残高スライド元利定額返済方式である

プロミスカードローンの返済方式を確認しておきましょう。
プロミスカードローンの返済方式は「残高スライド元利定額返済方式」です。返済方式とは、月々の返済額を決める仕組みのことをいいます。

この返済方式は、クレジットカードなどの「リボルビング払い」の一種です。この返済方式をまとめると次の通りになります。

  • 借り入れ直後の残高で月々の最少返済額が決まる
  • 返済額から利息を引いた分が、残った元金の返済に充てられる

それではこの2つの詳しくみていきましょう。

借り入れ残高で最少返済額が決まる仕組み

残高スライド元利定額返済方式では、借入残高に応じて毎月返済しないといけない最低金額、最少返済額が変動します。下の図に借り入れ残高と最少返済額の割合を図にしましたので、参考にしてみてください。

借入残高と最小返済額の割合
借入直後の残高 最少返済額の割合
30万円以下 借入後残高×3.61%
30万円超100万円以下 借入後残高×2.53%
100万円超 借入後残高×1.99%

上の図のいずれの場合とも1,000円未満に関しては切り上げます。
例えば、プロミスで50万円の借り入れをした場合、借り入れ直後の残高は50万円です。
つまり、この場合の最少返済額は、
50万円×2.53%=1万2,650円
1000円未満は切り上げとなりますので最少返済額は1万3,000円となります

最少返済額は、月々の返済期日に必ず返済しないといけない金額なので、最少返済額以上の金額を返済時に入金しても問題ありません。

返済額から利息を引いた額が元金の返済に充てられる

返済金額の内、元金の返済に充てられるのは、返済額から利息分を引いた額になります。(返済時に、提携先ATMを利用するなどして利用手数料が発生する場合には、利息より先に返済金から一番最初に利用手数料を差し引きます。)
つまり、利息金額が多いほど元金をなかなか減ることはありません。それでは、どのようにしたらいいのでしょうかプロミスでは借入額の繰り上げをすることが可能です。

ただし、返済方法の中で口座振替以外の返済方法の場合には、毎月の返済額を多く入金することによって繰上返済(追加入金)や一括返済が可能です。繰り上げ返済や一括返済することで利息総額が少なくなりかつ、元金の減りが早くなります。そのため、返済完了までの時間が早まりますので、お金に余裕のある時には繰り上げ返済をして完済まで早めることが重要です。この他にも利息総額を節約できる方法があります、それでは、プロミスで利息総額を安くすませる方法をご紹介いたします。

返済時の利息総額を減らすには

プロミスカードローンでの返済時の利息総額を減らすには次の4つの方法あります。

  • 30日間無利息サービスが利用する(初回契約時)
  • ポイントを使って無利息サービスを利用する
  • 積極的に繰り上げ返済を行う
  • 金利を下げてもらう

それでは、各項目をみていきましょう。

初回契約の場合には30日間無利息サービスが利用する

プロミスでは、初回の契約に限り借入期間30日間の無利息サービスを受けることができます。
ただし、30日間無利息サービスを利用するには、下記の条件を満たす必要があります。

  • 利用者のメールアドレスを登録
  • Web明細への登録

このサービスを利用すると、初回出金日の翌日から、無利息期間サービス内である30日以内に返済が完了した分については利子を返す必要がありません。(サービス期間内は利息免除となります。)
ただし、無利息期間を過ぎても返済が完了していなかった分については通常通り利息が発生するため、注意が必要です。
ショッピングなどで急にお金が必要になった時で、次回のお給料日などで全額返済できるようでしたら、
プロミスでの30日間無利息サービスを利用した場合、無利息期間中は、利息が0円になるため銀行カードローンよりもお得だといえるでしょう。
なおプロミスの無利息サービス期間については、「プロミスの30日間無利息期間サービスの利用条件や上手な利用方法」で詳しく仮説しています。

プロミスポイントを使っても無利息サービスを利用できる

プロミスではポイントサービスというものがあります。決められた条件をみたすとポイントを貯めることができ、その貯まったポイントを利用してサービスを受けられるというものです。そのサービスの一環として、無利息期間サービスを受けることが可能です。下の図に無利息適用期間と必要なポイント数をまとめましたのでご覧ください。

無利息適用期間と必要なポイント数
無利息適用期間  必要ポイント
7日間 250ポイント
15日間 400ポイント
30日間 700ポイント

また、プロミスでのポイントを貯めるには、プロミスの会員ページへのログインや源泉徴収票などの収入証明書の提出などをすることで、ポイントを貯めることが可能です。

ポイントが貯まる条件と獲得できるポイント
ポイントを貯める条件 獲得できるポイント
プロミスポイントサービス申込 100ポイント
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認 5~20ポイント
プロミスインターネット会員サービスログイン 10ポイント

ポイントサービスの申し込み方法は下記の通りです。
プロミスの会員サービスページにログインし、「ポイント申し込みボタン」をクリックすれば、ポイントサービスに登録されます。プロミスのポイントサービスへの登録は無料でできますので、ぜひ登録してみてください。

積極的に繰り上げ返済を行うことで利息総額を節約できる

利息総額を抑えてカードローンを利用したいのあれば、返済時に毎月返済しなければならない最低金額のより多くの額を入金することで、元金を減らしていくことができます。

先ほども述べたように、プロミスは、残高スライド元利定額返済方式ですので、繰り上げ返済をすればする程返済回数が減り、利息総額も減らすことができます。
追加入金(随時入金)とは、最少返済額よりも多く返済することや毎月の返済期日以外の別の日に返済することをいいます。

例えば、プロミスで30万円を借り入れた場合最小返済額は1万1,000円(1,000円未満切り上げ)となります。
このときに、最少返済額の1万1,000円よりも多く合計2万円の返済をした場合
9,000円が追加入金しての扱いとなります。

この時の利息分が3,000円である場合には、1万7000円が元金の返済にあてられます。

一方、同条件で最低返済額 つまり1万1,000円しか支払わなかった場合、
1万1,000円-3,000円=8,000円
8,000円が元金にあてられることになります。

2万円を返済した場合と最少返済額の1万1000円しか返済しなかった場合を比較すると、2万円を返済した方が9000円多く元金が減ったのがわかったと思います。
このように、最低返済額よりも多めに入金するほど、元金の減りが早くなるために完済までの期間も短く、利息の総額も節約することができます。

なお、追加入金の方法は、申込時に選択した返済より毎月決まって返済する金額(約定返済額)よりも多く入金するだけです。ただし、毎月の返済方法で口座振替(口座引き落とし)を選択している場合には、口座振替以外の方法で追加入金する必要があるでしょう。
プロミスでの借入金の一括返済については、「プロミスで一括返済するメリットと方法」で詳しく解説しています。
プロミスでは、キャッシングの借入残高によって、月々の返済金額が変化していきます。
もちろん、余裕のある時は追加入金をして多めに返済することも可能です。支払う利息総額を節約したいまたは、早期の完済を目指しているのであれば、積極的に繰り上げ返済を利用するなど、無理のない返済計画を立てるのがいいでしょう。

金利を下げてもらう

プロミスでは初回の契約時に設定された金利を下げてもらうことが可能です。
プロミスでの金利を下げることができる方法は、次の3つです。

  • 金利引き下げ交渉を行う
  • 借入限度額を増額(増枠)する
  • おまとめローンを利用する

金利引き下げ交渉を行って金利を下げてもらう

プロミスだけでなく消費者金融業者の多くは、消費者金融業者側から優良なお客さんだと認識されると利用限度額の増額(増枠)や金利の引き下げなど、利用者に有利な条件でキャッシングが利用できます。優良なお客さんとプロミスの担当者に認められるようになるには、毎月の返済額を遅延することなく返済していることが最低条件となります。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間