アイフルの申込や審査時に収入証明書類の提出が必要な場合とは?

大手消費者金融アイフルのカードローンに申し込みをして、審査や契約時に、収入証明書類が必要になる場合があります。

アイフルの審査や申込み時に収入証明書類の提出が求められるのはどのようなケースになるのでしょうか。また、アイフルで認められている収入証明書類にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、アイフルでの審査や契約時に収入証明書類の提出が必要なケースについて詳しくみていきましょう。

アイフルカードローンで収入証明書類が必要なケース

アイフルのカードローンに申し込みや審査・契約時に収入証明書類が必要になるケースは以下のケースです。

  • アイフルでの利用限度額(借入希望額)が50万円を超える場合
  • アイフルでの希望の利用限度額(借入希望額)と他の貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合
  • 就業状況の確認等、借入時の審査の段階でアイフルが必要だとした場合

上記のいずれかに当てはまる場合は、アイフルカードローン申込み時に収入証明書類の提出が必要になります。つまり、50万円を超える

上記の条件に該当しない場合には、申込み時に収入証明書を提出することなく、運転免許証やパスポートといった本人確認書類の提出のみ申し込みが可能です。
そのため、すぐにお金が必要で、他社借入がなく、希望の利用限度額が50万円以下であれば、本人確認書類を準備して以下のインターネット申し込みから申し込みをしましょう。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルのおすすめのポイント

  • ネット申し込みから電話で急ぎの融資にも対応
  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • 誰にも知られずWEB完結利用で郵送物なし!

収入証明書類を提出が必要な理由は申込者の年収を確認するため

アイフルでのカードローンの申込にあたり、収入証明書の提出が必要になる理由としては、貸金業法の総量規制というものがあります。
総量規制というのは、消費者金融などの貸金業者が個人に対して貸出を行う時に、年収の3分の1までの金額におさえなければならないという決まりのことです。つまり、年収300万円の人場合には、消費者金融の合計の利用限度額の上限は100万円となります。

さらに、総量規制には、もう1つの規制があります。アイフルを含むアコムプロミスなどの大手消費者金融のカードローンは、総量規制のルールによって、利用者の収入を確認するために収入証明書の確認が義務付けられているのです。

収入証明書類の提出が必要な利用限度額は、他社借入額と合計の計算になります。そのため、他社借入があれば、そのぶんだけ利用限度額から差し引かれることになります。
たとえば、年収300万円で他社借入が60万円の場合は、「300万÷3-60万=40万」となり、アイフルで40万円以上の利用限度額を希望する場合には、収入証明書類の提出が必要となります。(他社借入金額が0円の場合、収入証明書の提出が必要な利用限度額は、50万円を超えるケースです。)

なお、他社借入額とは、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠のことです。クレジットカードのショッピング枠や銀行カードローンの借入額は、他社借入額に算入されません。

また、アイフルでは、収入証明書の提出だけなく、カードローン審査時に、審査担当者が申込者の勤務先に電話をして、申告した勤務先に勤務しているかどうかを確認する在籍確認を行なって申込者の勤務先を確認し、返済能力があるかどうかを判断基準としています。

関連項目:「アイフルの在籍確認は書類提出をすれば審査時の電話連絡をなしにできる

収入証明書類の提出が不要でも年収は正しく記載する

一方、利用限度額が50万円以下の場合には、収入証明書の提出は不要です。しかし、アイフルでは、過去の顧客データから、利用者の職業や雇用形態、勤続年数からある程度の年収を把握することが可能です。そのため、収入証明書の提出が不要だからといって必ずしも、申込者の年収を把握していないわけではありません。そのため、申込み時に年収の虚偽記載をしてもすぐに発覚してしまいますので、申込み時の年収は正しく記載しましょう。

アイフルで有効な収入証明書の種類

アイフルで提出することが認められている収入証明書にはどんなものがあるのでしょうか。アイフルで認められている収入証明書類は下記の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書、納税通知書
  • 青色申告決算書、収支内訳書
  • 支払調書

上記の書類(最新のもの)のいずれかのコピー1部が必要になります。原本を提出する必要はありません。なお、会社に勤めている方は、公務員や会社員、またはアルバイトやパートの方といった給与取得者は、源泉徴収票や給与明細書を、一方、自営業者や個人事業主の場合には、確定申告書や納税通知書を収入証明書類として提出します。
なお、給与明細書に関しては、直近2ヵ月分が必要になります。くわえて、賞与の支給がある場合は、直近1年以内の賞与明細書も合わせて提出する必要があります。
ただし、会社員や公務員やアルバイト・パートの方で、すぐに源泉徴収票や給与明細書の取得が難しい場合には、市区町村役場から発行される確定申告書や納税通知書でも問題ありません。
そのため、50万円を超える利用限度額を希望してアイフルに申し込む際には、収入証明書類を事前に準備しておくことにしましょう。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルのおすすめのポイント

  • ネット申し込みから電話で急ぎの融資にも対応
  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • 誰にも知られずWEB完結利用で郵送物なし!

アイフルでの収入証明書の提出方法

アイフルでの収入証明書類を提出する方法は次の提出方法があります。

  • パソコンやスマートフォンからの送信(書類提出サービスの利用)
  • FAXで送信(担当店舗のFAXに送信する)
  • 電子メールで送信(それぞれの店舗の電子メールに送信)
  • 郵送(アイフルATMコーナーに返信用封筒がある)
  • 店頭窓口へ持参する

上記提出方法はいずれの場合でも運転免許証やパスポート、住民表といったな本人確認書類と一緒に提出します。
ここでは、WEB申し込みの際に利用する、アイフルの「書類提出サービス」について解説をしていきます。

アイフルの書類提出サービスというのは、アイフルの公式ホームページから必要書類をアップロードして提出ができるサービスのことです。書類提出の方法は、必要情報を記入し、ファイルをアップロードして入力内容を確認し、確定させます。

収入証明書類の提出時の注意

給与明細書や源泉徴収票の収入証明書類に個人番号(マイナンバー)や基礎年金番号が記載されている書類に関しては、個人番号(マイナンバー)の部分を隠して提出します。コピーが不鮮明な場合は再提出を求められることがありますので、よく確認して提出するようにしましょう。

アイフルからの収入証明書の求めに応じない場合

アイフルからの収入証明書の求めに応じずに提出を拒否するとどうなるのでしょうか。申込・審査の時と、契約後に提出を求められた時に分けて解説をしていきます。

申込み時に提出を拒否した場合は審査に落ちてしまうこともある

審査時に収入証明書の提出を求められ拒否すると、かなり悪印象となり審査に大きく影響します。少なくとも「アイフルでの利用限度額が50万円を超える場合や、アイフルでの利用限度額と他の貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合」では、法律上収入証明書を確認する必要があるので審査に通りません。たとえ審査に通ったとしても、希望よりもかなり低い限度額で、ということになります。(利用限度額が50万円以下に制限されます。)

収入証明書を提出できないのであれば、利用限度額50万円まで、他社との合算で100万円までという条件の借入しか行えないということになるのです。収入証明書を用意できないのであれば、審査の際に希望する限度額を50万円までにしておく必要があります。

契約後に提出を拒否した場合にはカードローンの利用停止もありうる

契約後に、後から収入証明書類の提出を求められることがあります。
この理由は収入証明書の有効期限が3年と決まっているからです。なので、アイフルの審査に通り、3年が経つと再び収入証明書の提出を求められることになるのです。
では、この時に収入証明書類の提出を拒否するとどうなるのでしょうか。
そうした場合は、提出があるまで一時的に利用停止となります。提出を求められた場合は、面倒であってもしっかり提出をしておいたほうがよいでしょう。
拒否したとしても一時的に利用停止になるだけで、一括請求などが行われることはありません。

利用限度額を増額する場合には収入証明書が必要なのか

アイフルで利用限度額を増額を申請する時に、収入証明書は必要なのでしょうか。
以下の条件を満たしている場合は、収入証明書類は必要ありません。

  • アイフルでの利用限度額が50万円以下の場合
  • アイフルでの利用限度額と他の貸金業者からの借入総額が100万円以下の場合
  • 前回の収入証明書提出から3年以内の場合

ただ、上記の条件を満たしていたとしても以下の条件が加われば収入証明書の提出が求められます。

  • 他社の消費者金融会社を利用している
  • 他社の消費者金融会社での借入額が増えている

これは、「アイフルでの利用限度額と他の貸金業者からの借入総額が100万円以下の場合」から外れてしまっている可能性があるからです。
しかし、用意できるのであれば、利用限度額の増額申し込みを行う時に、収入証明書を提出しておくことをおすすめします。その理由は、増額審査の時は収入証明証書の提出することで返済能力があることをアピールできるからです。

利用限度額の増額審査では、申込み時の審査よりもハードルが上がります。つまり、申込み時の審査よりも厳しくなるため、たとえ不要であっても収入証明書類提出することで増額審査の際に有利になります。なお、アイフルの増額方法や増額審査の内容については「アイフルの利用限度額を増額する方法と増額審査を受ける際の注意点」で詳しく解説しています。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • ネット申し込みから電話で急ぎの融資にも対応
  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • 誰にも知られずWEB完結利用で郵送物なし!
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間