アイフルで返済を遅延や滞納してしまった場合の対処法

大手消費者金融のアイフルは全国に支店を展開して貸出を行っています。そんなアイフルで返済が遅れてしまった場合にはどのように対処すればよいのでしょうか。

「実際に、アイフルでの返済が遅れてしまうとどうなるのか」「もしアイフルカードローンの返済が過ぎてしまって場合には、どのように対応すればいいのか」「返済が遅れないように事前に何をしておけばよいのか」についてひとつひとつ解説をしていきます。

アイフルでの返済が遅れてしまうとどうなるのか

アイフルで返済が遅れてしまうと下記のようなことが起こります。

  • 遅延損害金の発生
  • 電話での催促
  • 裁判や差し押さえなどの法的措置
  • 信用情報に傷がつく
    ブラックになってしまう)

それでは、上記について詳しく解説いたします。

返済が遅れてしまった場合には遅延損害金が発生する

アイフルの遅延損害金の利率は20.0%です。大手消費者金融業者の遅延損害金は軒並み20.0%となっています。アイフルのカードローンの上限金利18.0%よりも高い利率に設定されています。遅延損害金というのは、期日までに返済が行われなかった時に生じる損害賠償金です。なお、遅延損害金は「借入残高×遅延損害金利率(年率)÷ 365 ×延滞日数」で算出します。

注目したいのは、遅延損害金の利率はその月返済できなかった金額にかかるのではなく、借入残高すべてに適応されます。
そのため、支払うべき総返済額が増えていってしまいます。

返済が遅れるとアイフルから催促の電話がくる

返済が遅れてしまった時に心配になるのは、自宅や会社に取り立てに来るのではないかということだと思います。
アイフルでは返済が遅れたからといって、利用者の自宅や会社にアイフルの担当者が訪ねてくるようなことはありません。

アイフルでは、督促を目的としてお客様のご自宅や勤務先へ伺うことはございません。

とアイフルは公式ホームページ上で明言しています

アイフルでの返済が遅れた際の催促の流れ

では返済が遅れてしまうと、実際にはどのような形で催促が行われるのでしょうか。アイフルでの返済の督促は次のような順で行われていきます。

  1. 申込み時に登録している携帯電話に督促の電話がかかってくる
    (返済がない場合には返済期日の1週間以内に電話くる)
  2. 催促状が自宅に郵送されてくる
  3. 自宅の電話に督促の電話がかかってくる
  4. 裁判から差し押さえ、強制執行が行われる

携帯電話に催促の電話がかかって来た時に、出て対応することが大切です。電話や催促状を全て無視し続けていると、最終的には裁判になってしまいます。
滞納から3ヶ月を過ぎると、裁判をされる可能性が出てきます。それまでにアイフルと話し合い、弁護士に相談など何か手を打っておくべきでしょう。

最終的には裁判所をつうじて給与差し押さえなどの法的手段を取られる

アイフルをはじめ消費者金融業者は、利用者から返済してもらえない場合、最終的にいくつかの裁判所の手続きを経て次のような法的手段をとることになります。

  • 利用者の給与差し押さえ
  • 利用者の銀行口座の差し押さえ
  • 利用者の動産・不動産の差し押さえ

このような状態まで返済の遅延や滞納が深刻になってしまうと、利用者自身が自分で解決することが難しいため、弁護士や司法書士などの法律の専門家相談をして任意整理などの債務整理を行ったほうがいいでしょう。

長期の滞納や遅滞をすることでブラックになってしまう

アイフルの返済が遅れると催促の電話や遅延損害金が発生するだけなく、数か月に及ぶと「長期延滞」とみなされ、信用情報に事故情報が記載されてしまいます。
信用情報というのは、信用情報機関に記録されている個人のクレジットカードやローンの申し込み、借入、返済などに関する情報のことです。アイフル金融機関はローンの審査の際に信用情報機関に照会を行い、利用者の信用情報を取得しています。

日本には、日本信用情報機構(JICC)シーアイシー(CIC)全国銀行個人信用情報センターという3つの信用情報機関があります。

信用情報のなかで、長期延滞、債務整理、強制解約など信用に関するネガティブな情報のことを金融事故情報とよんでいます。(いわゆるブラック、ブラックリスト)

個人信用情報機関に利用者事故情報の記録が残っていると、大手消費者金融業者の審査には通りません。
アイフルではカードローンの申込み時に申込者の信用情報に、事故情報記録(異動情報)が残っていると、審査に通りません。くわえて、他社の銀行系カードローンや、大手消費者金融系カードローンの審査に通らなくなります。
長期延滞に関する金融事故情報は5年残り続けます。5年間も借入においてかなり不便な立場になってしまうことを覚悟しなければならないのです。

アイフルで返済が遅れてしまった場合の対応方法

アイフルの返済が遅れてしまい、そのまま何も行動しなかった場合は、最悪裁判にまで発展してしまうということご理解いただけたと思います。
では、アイフルの返済が遅れてしまった場合には、実際にどのように対応をすればよいのでしょうか。

  • 返済が遅れた場合にはまずアイフルに電話をする
  • 催促電話かかってきた場合でもきちんと対応する
  • どうしても返済が難しい場合には法律の専門家に相談する

返済が遅れてしまった場合遅れそうな場合にはアイフルに電話する

返済日にどうしてもお金が用意できないと気付いた時には、自分からアイフルに電話をかけてください。離床者から電話をかけることにはどのようなメリットがあるのでしょうかまず、アイフルから失う信用を最小限にとどめることができ、今後の利用限度増額の際などにマイナスにならないようにしてくれます。
また、アイフルの担当者と返済の相談することによって返済日の延期や減額に応じてくれる場合があります。
ただし、返済日の延期や減額をした場合でも、もともとの返済期日を過ぎてしまっている場合には遅延損害金は発生しますので注意しましょう。

アイフルから催促の電話がかかってきたら無視せずに出る

返済が遅れるとアイフルから利用者の携帯に電話がかかってきます。
このアイフルからの電話は無視しないで必ず出るようにしてください。
この催促の無視してしまうと、自宅に催促状が郵送され、周囲の人にバレる可能性が出てきます。アイフルでの催促の電話は、決して怖いものではなく次の返済日予定日を確認するだけです。そのため、たとえ催促の電話でもきちんと対応するようにしましょう。

どうしても返済が難しい場合にはアイフルと話し合いか弁護士に相談する

うっかり返済するのを忘れていたというのではなく、どうしても返すことができない、返せる見込みが立たないという場合はどうすればよいのでしょうか。
まず、返済が難しいことをアイフルに電話をして相談をすることです。場合によっては1回の返済額を減額してもらうことで、返済を続けていく目途が立つことがあります。
アイフルに相談したとしても返済が困難な場合には弁護士や司法書士などの法律の専門家相談して債務整理を行うことです。

ただし、任意整理や自己破産などの債務整理を行ってしまうと、利用者の信用情報に金融事故情報の記録が残ります。また、債務整理をすることによって様々な制限を受けることになるので、最後の手段と言えるでしょう。

事前に返済の遅れ防止するには

では、事前に返済が遅れないように予防することはできないのでしょうか。いくつか方法を紹介します。

口座振替での返済方法に変更する

アイフルでは口座振替の自動引き落としによる返済が可能となっています。口座振替にすると、毎月指定した日に自動的に引き落としが行われるので、返済に遅れることがなくなります。ただし、指定した口座に返済分以上のお金がないと引き落としができなくなってしまうので、その点にだけ注意するようにしておきましょう。
なお、口座振替の申し込みは、郵送、店頭窓口、WEB会員ページで行うことができます。
なお、アイフルの返済方法については、「アイフルの返済方法の種類と返済期日」で詳しく解説しています。

返済期日を事前教えてくれるaiメールを利用する

アイフルではaiメール(アイメール)というサービスがあります。このサービスは返済期日を事前にメールで教えてくれるというサービスです。登録方法には、アイフルの公式ホームページ「会員サービスから」と「QRコード読み取りから」という2種類の方法があります。いずれにしても、アイフルのHPから登録を行うことになります。
aiメールで返済期日のお知らせが来たら、口座振替をしている人は残高の確認を、ATMを利用して返済をしている人はメールが来てすぐ忘れないうちに支払いしておくことをおすすめします。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間