楽天銀行カードローンの審査に落ちてしまう理由と落ちてしまった場合の対応

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は、楽天銀行に口座がなくても申し込みが可能な銀行カードローンです。金利も1.9%~14.5%、利用限度額は、10万円~800万円と銀行カードローンならではの、低金利や高い利用限度額です。加えて、楽天ポイントが貯まるところなどが魅力です。

しかし、楽天銀行カードローンの審査に落ちたという方は意外に多いのです。ではどうして審査に落ちてしまったのでしょうか。

ここでは、楽天銀行カードローンの審査に落ちた理由として考えられる原因や、審査に落ちた後の対策について解説をしていきます。

楽天銀行カードローンの審査に落ちてしまう理由

まず、楽天銀行カードローンの審査に落ちる理由をみていくことにしましょう。
楽天銀行のカードローンの審査に落ちてしまう主な理由は次の通りです。

  • 申込条件を満たしていない
  • 信用情報に金融事故の記録がある
  • 他社借入件数が多い
  • 短期間に複数社への申し込みがある
  • 信用情報の記載が何もない
  • 保証会社で金融事故があった
  • 申込情報と事実が異なる
  • 勤務先で在籍確認がとれない
  • 年収と希望の借入額がアンバランス

申込条件を満たしていない

楽天銀行カードローンには、他の銀行カードローンや消費者金融系カードローンと同様以下のような申込条件があります。

  • 年齢20歳以上~62歳以下
    (アルバイトやパート・専業主婦は60歳以下)
  • 安定した継続収入がある方・専業主婦
  • 日本国内に居住している方

上記の申込条件に満たない場合には、申込条件みたしていないために審査に落ちてしまいます。

信用情報に過去の金融事故情報が記録されている

信用情報とは、個人信用情報機関に記録されているローン利用者などの申し込みや契約返済の履歴のことです。日本には、3つの個人信用機関があります。

利用者の信用情報には、過去のクレジットカードやローンなどの取引情報が全て記録されています。楽天銀行カードローンの審査では、利用者の信用情報を上記の個人信用情報期間より照会して、過去に支払いや返済の滞納がないか、金融事故情報(債務整理や自己破産など)はないかを確認します。

カードローンの審査では、申込者の信用情報はとても重要となっています。信用情報に支払い遅延滞納などの金融事故の記録があると、お金を貸しても滞納されるのではないかと判断されるため、審査落ちの原因となります。

さらに、債務整理や自己破産などの金融事故情報があった場合には、返済が踏み倒される可能性があるため、審査は通過できません。

他社カードローンやキャッシングでの借入が3社以上ある

他社消費者金融や銀行カードローンやキャッシングなどで借入件数が多いと、返済しなければならない金額も多くなり、返済能力が落ちていると判断され審査落ちの原因となります。
審査に関わる他社の借入件数については金融機関によって異なりますが、一般的には3~5社での借入があると審査には通りません。

短期間にいくつものカードローンに申し込みをしている

短期間に複数社のカードローンに申し込みをしていることを申し込みブラックと言います。申し込みブラックの場合には、よほどお金に困っているのではないかと推測されます。そして、多重債務を抱えるリスクが高い、また返済困難となる可能性が高いと判断されて、審査に落ちる原因となります。

カードローンの申し込みについては、6カ月間は信用情報に記録されています。
そのため、他社なら大丈夫だろうと短期間に申し込みをしても、申込者の返済能力に問題があったのではないかと考えられるため、審査に落ちてしまいます。

信用情報に何も記録がない

申込者の信用情報に何も記録がないこと審査に落ちてしまいます。(通称スーパーホワイトと呼ばれる)
たとえば、債務整理などの金融事故情報は信用情報に5年間記録が残ります。つまり5年間はカードローンやクレジットカードの利用ができないということですね。この5年間を乗り越えた後は、信用情報には何も記録がないことになります。
実は、このホワイトの状態であってもカードローンの審査落ちの原因となるのです。これは、何も問題がないように見えますが、審査ではかつてブラックの状態であった可能性があると考えられるからです。20代などの若いころは、金融取引は少ないため、審査に不利にはなりにくいのですが、30代40代にもなって、クレジットカードなどの金融取引がないのは過去に金融事故を起こしたのではないかと不審に思われてしまい、審査落ちの原因となります。

保証会社である楽天カード株式会社などのローンで返済に問題があった

楽天銀行カードローンの審査は、基本的に保証会社である楽天カード株式会社および株式会社セディナが行っています。
保証会社とは、カードローン利用者が返済できなくなった場合に、楽天銀行に返済を行い、利用者からカードローンの返済残高を回収する会社です。

つまり、この保証会社が運営しているカードローンやクレジットカードなどで延滞や支払い遅延などの返済上の問題があった場合、審査の通過は難しくなります。特に、楽天カード(クレジットカード)の審査の落ちてしまった場合には注意が必要です。

また、この保証会社が保証している銀行カードローンなどで審査に落ちたことがある、または返済上のトラブルがあったという場合には、楽天銀行カードローンの審査に落ちてしまう原因となります。

申し込み時の情報が事実と異なる

申し込み時の情報に間違いがあると、審査に時間がかかるだけでなく、信用性が疑われてしまうことになりかねず、審査に落ちてしまう原因となります。たとえば、審査に有利になるように勤務先や勤続年数を偽って申告をしても、個人信用情報機関から信用情報を照会する際や、勤務先への在籍確認の電話などで分かってしまいます。このようなことがあると、不審な申し込みということで審査に落ちてしまいます。

勤務先での在籍確認がとれなかった

在籍確認とは、申し込み時に申告した勤務先で在籍しているのかどうかの確認をする審査です。楽天銀行カードローンは、専業主婦を除くすべての申込者への在籍確認は必須となっています。そのため、勤務先への在籍を確認できなかった場合には、審査落ちとなります。
なお、専業主婦の申込の場合には、夫などの収入のある方の勤務先に電話をします。

借入希望額に対して収入が少なすぎる

楽天銀行カードローンは、アルバイトやパートなどの収入が少ない人でも利用可能ですが、借入希望額に対して申込者の年収が少なすぎる場合には、よほどお金に困っている人なのではと判断されることや、返済が滞る可能性が考えられるため、審査に落ちる可能性が高くなります。

たとえば、年収300万円で200万円の借入を希望した場合には、返済が苦しくなることが予想されるため審査に落ちてしまうことがあります。一方、年収100万円でも10万円の借入を希望した場合には、返済も無理なく行えると判断されます。

つまり、収入が多いから借りやすいのではなく、申込者の年収と借入希望額のバランスがあまりに不釣り合いな場合は、審査に落ちたり、希望の限度額よりも大幅に減らされてしまう可能性があります。

楽天銀行カードローンの審査の落ちてしまった場合の対応

ここまで、楽天銀行カードローンの審査に落ちる原因についてみてきましたが、実際に審査に落ちてしまった場合、どうしたらよいのでしょうか?楽天銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合の対応策は大きく3つあります。

  • 再度楽天銀行カードローンで申し込みをする
  • 別のカードローンを検討する
  • お金を借りる以外にお金を作る

再度楽天銀行カードローンの申し込みをする

再度申し込みをする前にしておくべき対策については、次のようなことがあります。

  • 再申し込みまで6カ月以上の期間を置く
  • 他社カードローンなどを整理する

また、審査に通りやすくするためにできることは、次のようになります。

  • 借入限度額は必要最小限にする
  • 楽天銀行を給与受取口座に指定する

再度楽天銀行に申し込みをするときは6か月以上の期間空ける

再度申し込みをする前にしておくべき1つ目の対策としては、楽天銀行で再度カードローンの申し込みは、6か月以上の期間を置いてからにすることです。楽天銀行では、過去6か月間に申し込みをしたことがある場合、信用情報に審査に落ちた記録が残っているため、再び申し込みをしたとしたとしても審査に落ちてしまう可能性が非常に高いです。
6カ月を過ぎると信用情報の申込記録は消えますので、楽天銀行以外のカードローンなどを利用する場合にも、6カ月以上の期間を置いてからの申し込みにしましょう。

他社借入件数や他社借入金額を減らしてお

再度楽天銀行に申し込みをする前に他社カードローンなどで複数社借入れをしているのであれば、解約するなど整理をしておくことです。たとえ返済済みのカードローンであっても、利用限度額分は借りられる状況にありますので、その分返済能力が落ちると判断されます。いつでも借りられる状況にしておくことのないように、利用していないカードローンは事前に解約をしておくことが大切です。

借入希望額を必要最小限にする

カードローンの審査では、借入希望額が多くなるほど審査は厳しくなります。また、審査では借入希望額をもとにして返済能力を判断しますので、あまりに高額な金額を希望すると審査に落ちてしまう可能性もあります。
そのため、再申し込みをする時には、借入希望額を必要最低限の金額にするようにしましょう。加えて、再審査を受けるのであればできる、楽天銀行を給与受取口座に指定しておくのもおすすめです。給与受取口座にしていることで、毎月安定的な収入を得ていることが証明されるので審査担当者に返済能力があると思われるでしょう。

別のカードローンを検討する

楽天銀行にこだわりがないのであれば、別のカードローンを検討してみましょう。
楽天銀行カードローンの審査に落ちてしまっても、申込者の信用情報に問題がなければ他のカードローンの審査に通る可能性があります。

他社の銀行カードローンを検討する

他の銀行カードローンを検討するのであれば、楽天銀行カードローンの保証会社である株式会社セディナが保証会社となっていないカードローンを選ぶのがおすすめです。
ただし、銀行カードローンの審査は、どのカードローンでも主な審査基準は同じです。そのため、少しでも審査に有利にするためにできることを実践すると良いでしょう。

消費者金融での借入を検討する

消費者金融での借入も検討してみましょう。大手消費者金融であれば、申込から審査結果の回答まで最短30分で完了します。くわえて、申込日当日にお金を借りることができる即日融資も可能です。
ただし、金利は銀行カードローンよりも高めとなってしまいます。しかし、無利息期間サービスを利用すると金利が高いデメリットもカバーされるでしょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間


金融機関でお金を借りる以外にお金を作る

銀行や消費者金融などの金融機関でお金が借りられないのであれば、次のような方法でお金を得ることも可能です。

  • インターネットで不用品を売る
  • 日払いバイトで働いてお金を稼ぐ

ネット買い取りサービスやネットオークションで不用品を売る

現在ではインターネット上でネット買い取りサービスやネットオークションなどが利用できます。
ネット買い取りサービスでは、家にある不用品を店舗までもっていく必要がなく、そして 無料配送セットで発送を行い、査定を受けることができます。なお、ネット買い取りサービスを利用すると、最短2日ほどでお金を作ることが可能です。

日払いバイトで働いてお金を稼ぐ

今すぐお金を作りたいのであれば、日払いバイトがおすすめです。日払いバイトは、働いたその日のうちに給与が支払われるため、お金をすぐに手にすることができます。