プロミスおまとめローンの特徴と利用時の注意点

複数社でカードローンやキャッシングを利用して返済額が大きくなってしまった場合どうしたらいいでしょうか。

その解決方法の1つとして、おまとめローン借り換えローンというものがあります。

おまとめローンは、普通のカードローンと異なり借金を一本化するローンのためにどのように選んでいいのかわからないと思います。

今回は、大手消費者金融業者であるプロミスのおまとめローンの特徴や注意点、審査基準などをまとめてみました。

プロミスのおまとめローンは借り換え専用の総量規制対象外のローン

プロミスのおまとめローンは、プロミスの公式ホームページに記載されているように、貸金業法に基づくおまとめローンです。つまり、複数の消費者金融業者から借り入れをしている方が、その債務を一本化することができるローンです。
基本的にプロミスを含むおまとめローンは、債務を一本化するという商品の特性上、顧客に一方的に有利な借り入れと定められているので、総量規制の対象外となります。
つまり、申込者の年収の3分の1を超える借金があったとしても審査さえ通れば、融資を受けられることになります。
なお、プロミスの通常のカードローン(フリーローンは総量規制対象のカードローンです。)
プロミスの通常のカードローン(フリーローン)の申し込みはこちらです。

プロミスおまとめローンの特徴

まず、プロミスおまとめローンの詳細を下の表にまとめましたので、ご覧ください。

プロミスおまとめローンの詳細
申し込み条件 20歳以上65歳以下で本人に安定した収入がある方
(主婦、学生でもパートやアルバイトでも安定した収入があれば申し込み可能)
資金使途 他の貸金業者からの借入金返済
借換対象ローン 消費者金融・クレジットカードなどのキャッシング(銀行カードローンは対象外)
融資額 1万円~300万円
金利適用方式 単一金利
借入利率 6.3%~17.8%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日の中からどれか(三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外は5日)
返済期間・回数 最終借入以後最長10年、1回~120回
担保・保証人 不要
必要書類 本人確認書類(運転免許証、または健康保険証、パスポートなど)
収入証明書(源泉徴収票、確定申告書などで最新のもの)

それでは、プロミスおまとめローンの特徴をみていくことにしましょう。プロミスおまとめローンの特徴は以下の通りです。

  • 最短即日融資が可能
  • 他社への返済はプロミスが代行してくれる
  • パート・アルバイトでも安定した収入があれば利用可能
  • 100万円以上の借り換えでは金利が低くなる

プロミスのおまとめローンは最短即日融資可能

一般的に銀行などのおまとめローンは通常のカードローンと比べると、借入金額が高くなる傾向にあるので、申し込みから融資までに時間がかかる傾向にあります。プロミスのおまとめローンなら、プロミスのカードローンと同様に最短で即日融資を受けることが可能です。

ただし、即日融資を希望する場合には、平日14時までに契約を完了させておくことが必要となります。

他社への返済はプロミスが代行してくれる

おまとめローンには、既存の借入先への返済を代行してくれるローンと既存の借入先への返済は利用者が行う、2つのタイプがあります。

プロミスのおまとめローンの場合には、振込手数料代行手数料ともに無料で、借入先のカードローン会社へ借入先への返済を代行してくれます。

例えば、消費者金融A社に80万円、消費者金融業者B社に50万円の借り入れをしている方がプロミスのおまとめローンを利用して借金を一本化した場合、消費者金融A社と消費者金融業者B社への合計130万円の返済を代行してくれます。

プロミスのおまとめローンはパート・アルバイトでも安定した収入があれば申し込み可能

プロミスのおまとめローンの申し込み資格は、20~65歳で安定収入があればパートでもアルバイトでもまたは派遣社員でも問題ありません。また、年収による制限もないので、銀行系おまとめローンとは異なり安定した収入があれば気軽に申し込みが可能です。

100万円以上の借り換えでは金利が低くなる

100万円以上の借入金がある場合には、プロミスのおまとめローンを利用して借入金を一本化することで、金利が低くなります。
なぜなら、消費者金融業者がお金を貸すときの上限金利は、利息制限法という法律で下の図のように定めめられています。

借入額 上限金利
借入額10万円以上100万円未満 18.0%
借入額100万円以上 15.0%

例えば、消費者金融A社から金利18.0%で70万円、消費者金融業者B社から金利18.0%で50万円を借りていた場合、

プロミスのおまとめローンを利用して、借金を一本化すると、

70万円+50万円=120万円

おまとめローンでの借入合計は120万円となります。
この場合、借入額が100万円以上となるため、金利を15.0%まで下げることができます。
ちなみに、15.0%の金利というのは都市銀行のカードローンの上限金利と比較しても遜色ない金利です。下の図に、各都市銀行の金利をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

銀行系カードローンの金利と利用限度額
銀行系カードローン 金利 限度額
みずほ銀行カードローン 実質年利3.5%~14.0% 1万円~1,000万円
三井住友銀行カードローン 実質年利4.0%~14.5% 1万円~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 実質年利1.8%~14.6% 1万円~500万円
オリックス銀行カードローン 実質年利1.7%~17.8% 1万円~800万円

このため、希望借入額が100万円以上300万円以下の人は、プロミスのおまとめローンを検討してみるのもいいと思います。

プロミスおまとめローン利用する際の注意点

プロミスのおまとめローンを利用する際に注意する点を見てみましょう。次にあげる項目がおまとめローンを利用する際に注意点です。

  • 銀行のおまとめローンと比べると金利が高い
  • 限度額の上限が300万円と低い
  • 他の貸金業者からの借入金のみである
  • 追加融資ができない
  • 契約時に来店が必要

それでは、各項目を細かくみていくことにしましょう。

銀行のおまとめローンと比べると金利が高い

プロミスのおまとめローンは、銀行のおまとめローンと比べると上限金利が17.8%と高めの設定です。

しかし、大手消費者金融は金利の上限は18%のところが多いので、プロミスのおまとめローンは大手消費者金融の中では少し低めに設定にはなってます。

現在借り入れしているカードローンの金利が17.8%以下であれば、プロミスのおまとめローンを利用することで金利が高くなってしまうこともあるので注意が必要です。

限度額の上限が300万円と低い

プロミスのおまとめローンの限度額は300万円です。おまとめローンは現在他社から借り入れしている金額を一本化するので限度額が300万円というのは低く感じてしまうと思います。

また、他社の借入合計額が300万円を超えてしまう場合には、300万円分のみしか利用できませんので注意しましょう。

他の貸金業者からの借入金のみである

プロミスのおまとめローンは、他の貸金業者からの借入金のみがおまとめ、借換えの対象となります。つまり、貸金業者でない銀行系カードローンでの借り入れ金の借換えはできませんので注意しましょう。

プロミスでの追加融資ができない

一般的に、プロミスをはじめとする消費者金融業者おまとめローンは、他の貸金業者からの借り入れ返済に限られてしまうため、プロミスで新たに追加借り入れを行なうことができません。

つまり、プロミスに限らずおまとめローンを利用する際には、今後完済するまで一切追加融資をしないことを前提で利用する必要があります。

契約時に来店が必要である

プロミスのおまとめローンは、インターネットでの申し込みができません。
申し込み方法は、「電話」「自動契約機」「店頭窓口(お客様サービスプラザ)」でしか申し込みできませんので注意しましょう。

おまとめローンの審査基準と審査に落ちてしまう原因

借り換えローンにも通常のプロミスカードローンと同じく審査があります。
一般的におまとめローン・借り換えローンの審査は、希望借入額が多いため通常のキャッシングの審査よりもより詳しく審査を行います。それではどのような事が審査されるのかを見ていくことにしましょう。

プロミスのおまとめローンにも申し込み時に審査がある

プロミスおまとめローンの主な審査基準は以下の通りです。

  • 信用情報
  • 利用者の個人情報
  • 信用実績

なお、プロミスカードローンの審査については、「プロミスカードローンの審査の流れ」で詳しく解説しています。

信用情報

信用情報とは、個人のローンやキャッシング・クレジットカードの利用記録のことをいいます。プロミスのおまとめローンでの審査の際も、通常のカードローン審査と同じく 延滞や債務整理の有無などの金融事故情報や他社での借入件数や金額などの借り入れ状況についてもチェックされます。

これらの信用情報は、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センターのいずれかで信用情報機関で管理しています。

プロミスの場合、JICCとCICという信用情報機関に加盟しているので、おまとめローン審査の場合にも申込時の審査と同様はこの2つの信用情報機関を通じて利用者の信用情報を確認してしています。
もし、自分の信用情報がどのように記載されているのか心配であれば、開示請求をして信用情報を閲覧することもできます。

申込者の個人情報

プロミスでは利用者の年収や勤続年数なども審査の基準としています。特におまとめローンの場合は、希望の借入額が大きいため、重要な審査基準といえるでしょう。

年収については、多ければ多いほど審査に通りやすいです。また、勤続年数も長ければ長いほど審査には有利でしょう。
一方、勤続年数があまりにも短いと、収入が不安定であるとみなされてしまい審査に不利になります。特に、勤続年数が短い方は、目安として6か月以上継続して働いてからプロミスを利用するといいでしょう。

利用実績

銀行やカードローン会社で融資を受ける際には、これまで利用してきたキャッシングの利用実績も審査の基準となります。

消費者金融も銀行もきちんと返済してくれる人に融資をしますので、これまでのカードローンやキャッシングの利用実績は審査をする上で重要な判断材料として見ています。

一方、クレジットカードやカードローンを一度も利用したことがない方の場合には、カードローン会社は、その人がきちんと返済してくれるかの情報がないために審査に不利になることもあります。

おまとめローンの審査でも在籍確認は実施される

プロミスのおまとめローンの審査の場合にも、通常のカードローンの審査同様に申込者が入力した勤務先に本当に勤務しているかを電話で確認する在籍確認は行われます。

おまとめローンの融資までの流れと申し込み方法

申し込み方法は電話または来店契約のみである

それではプロミス借り換えローンの申し込み方法について詳しくみていきましょう。
申し込み方法は、電話、店頭窓口(お客様サービスプラザ)または自動契約機での申し込みのみです。インターネット(WEB申し込み)の申し込みはできないので注意してください。

電話での申し込みの場合、契約自体は店頭窓口や自動契約機に出向く必要がありますので、お住いや職場のお近くに自動契約機のある方は、自動契約機からの申し込みがおすすめです。

なお、プロミスの公式ホームページより、お住まいのお近くの店頭窓口(お客様サービスプラザ)・自動契約機を探すことができます。

おまとめローンの申し込みの流れ

プロミスのおまとめローンは下記のような流れで融資がなされます。

  • 申し込み
  • 審査
  • 契約
  • 融資

プロミスのおまとめローンの申し込みの流れは、通常のカードローンの申し込みの流れと同様です。ただし、おまとめローンの融資後は、利用者の本人名義で、申し込み者の借り入れ先にプロミスが返済してくれる点が異なります。なお、その際にかかる利用手数料などはすべてプロミスが負担してくれます。
プロミスの通常のカードローン(フリーローン)の申し込み方法については、「プロミスカードローンの申し込みの流れ」で詳しく解説しています。

申し込みに必要な書類

おまとめローンの申し込みに必要な書類は下記の通りです。

  • 本人確認書類
    (運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
  • 収入証明書(給与明細書、確定申告書など)
  • 通帳やカードなど金融機関の口座番号がわかるもの
  • 銀行印

上記の必要書類を持参して、店頭窓口(お客様サービスプラザ)か自動契約機に来店して手続きを行いましょう。

また、申込時に入力した住所と現住所が違うときは、以下のいずれかの書類(発行日六か月以内)が必要です。

  • 国税、地方税の領収書、納税証明書
  • 社会保険料領収書
  • 公共料金領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行)
    携帯電話の料金の領収書は不可
  • 住民票の写しまたは記載事項証明書

おまとめローンは借入額が大きくなるため収入証明が必要

プロミスのおまとめローンの契約には、給与明細書や源泉徴収票などの「収入証明書類」の提出が必要です。

プロミスで収入証明書として認められるのは、以下のいずれかの書類です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)
  • 確定申告書(最新のもの)

例えば、会社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトといった給与取得者については、上記の源泉徴収票または、給与明細書が収入証明書としてみなされます。

一方、自営業や経営者など個人事業主の場合には、源泉徴収票や給与明細書がありませんので、確定申告書や納税証明書を提出する必要があります。

通常のプロミスカードローンの申し込みの場合、プロミスからの借り入れ希望額が50万円を超える場合と他社からの借入残高とプロミスからの借り入れ希望額の合計が100万円を超える場合に収入証明書の提出が必要でしたが、プロミスおまとめローンの場合には他社での借入金額が100万以上あるケースが非常に多いために、本人確認書類ともに申し込み時に必要な書類となっています。

返済方法は通常のカードローンと同様である

プロミスのおまとめローンは、通常のカードローンと同様にローンカードが発行されます。返済方法は下記の中から選択できます。

  • インターネット返済
  • 口座振替(口フリ)
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • プロミスATM
  • 三井住友銀行提携ATM
  • 提携ATM
  • コンビニメディア端末
  • 銀行振込

それでは、各返済方法を解説いたします。

インターネット決済

インターネット決済は、24時間いつでもどこでも返済が可能で、手数料も無料です。
三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行のインタネットバングが利用できます。

口座振替(口フリ)

口座振替も手数料無料で返済が可能で、返済日を忘れることもないので計画的に返済ができます。特に、おまとめローンを利用する際には、返済期間が長くなることが予想されますので、おすすめできる返済方法といえるでしょう。
口座振替での返済は、三井住友銀行かジャパネット銀行の口座を持っていれば、返済日を5日・15日・25日・末日中から選ぶことが可能です。(三井住友銀行かジャパネット銀行以外の金融機関の場合は、5日のみ)

来店での返済や三井住友銀行提携ATM

プロミスの店頭窓口(お客様サービスプラザ)やプロミスATMに来店して返済すると手数料が無料で返済が可能です。また、三井住友銀行の提携ATMでも手数料無料で返済が可能です。

提携ATM

三井住友銀行以外の金融機関提携ATMやコンビニATMでも返済ができます。この場合、利用ごとに1万円につき108円、1万円を超える利用の場合には216円の手数料がかかりますので注意しましょう。

コンビニメディア端末

ミニストップ(Loppi)、ファミリーマート(famiポート)に設置されているメディア端末を利用して返済をすれば手数料は無料となります。

なお、銀行振り込みでの返済に関しては、プロミスの指定する三井住友銀行の口座に振り込みをして返済する方法ですが、振込手数料が高い場合で1回の利用で400円以上もとられてしまいますので、あまりおすすめはできません。

また、プロミスの返済方法については、「プロミスカードローンのお得な返済方法」で詳しく解説しています。

プロミスのおまとめローンは、申し込みから審査、融資までの時間が早く最短即日での融資可能です。

しかし、借り換えの対象となる借り入れが貸金業者(消費者金融会社とクレジット会社)からのみで銀行は含まれていないなど制約も多いです。

また、おまとめローンを利用して、借金の一本化には成功したものの、利息負担が大きくなり借金の額を増やしてしまうケースなどもあります。おまとめローンの利用を検討する際には、審査時間や融資時間の早さだけなく、現在の借入金の返済状況を確認し、返済計画を十分に立てた上で、プロミスを含む複数の業者のおまとめローンを比較・検討してみてはいかがでしょうか。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間