SMBCモビットの審査基準と審査に通るためには?

消費者金融のSMBCモビットもキャッシングの申し込み完了後に、アコムやプロミスといった他社の消費者金融と同様に、申込者の返済能力を判断するために審査を行います。

SMBCモビットではの申込者のどのくらいに人が審査に通過できるかという「審査通過率」を公表していませんが、

他の大手消費者金融がアコム約48%・アイフル約47%・プロミス約43%(全て2016年度)と公表しています。つまり「2人に1人以上は、借入審査に落ちてしまう」のが、消費者金融系カードローンの審査です。

ここでは、SMBCモビットの審査基準を詳しく解説し、審査に通るためのポイントをご紹介いたします。

SMBCモビットの審査は仮審査と本審査の2段階

SMBCモビットの審査は、アコムやプロミスといった他の消費者金融や銀行カードローンと同じように申込者が「きちんと毎回の返済をしてくれるかどうか」という「返済能力」「返済意思」を判断するためのものです。
SMBCモビットの審査は、以下のように仮審査と本審査の2段階で審査が行われます。

  • 仮審査
    「属性スコアリング(申込者の年収や職業など)」を元にしたコンピューターによる自動審査(事前審査)
  • 本審査
    仮審査通過者に対して、申込者の信用情報を元にした人の手による最終審査

SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。




なお、SMBCモビットでは、公式ホームページなどに記載されているように申込完了後10秒で事前審査の結果が判明します。

仮審査では申込者の属性を点数化(属性スコアリング)して審査を行う

属性とは申込者の年収・勤務先・雇用形態・勤務年数…などの個人情報のことです。
なぜ、SMBCモビットがこのような申込者の個人情報を審査に使うかといえば、「毎月きちんと返済していける人かどうか」を判断するためです。
例えば、年収300万円の人より年収500万円の人の方が、年収が高いためきちんと返済していける可能性が高いでしょうし、アルバイトよりも正社員の方が同じく可能性が高いでしょう。(あくまで可能性です)

SMBCモビットをはじめとするカードローン会社では、申込者の収支バランス(経済状況)を知るために、まず申込者の年収や職業などの属性をチェックするわけです。
しかし、申込者一人一人の属性を審査担当者の目で判断していくのは数の面で難しいことと公平・正確さを欠くことで問題があります。そこで、実際には「属性スコアリング」という方法が用いられています。
属性スコアリング、属性をコンピューターで客観的に数値化(スコアリング)し、点数の合計が審査基準に達していれば仮審査通過となります。

属性スコアリングの審査基準とはどのようなのもかト

属性スコアリングでの審査では、具体的にどの項目にどのような点数が付けられているのかを知ることはできません。
しかし、年収は多いほど高得点・勤務年数は長いほど高得点、といったように返済能力が高くなる可能性に比例して高得点になるのは間違いありません。ここで属性スコアリングの一例を見てみましょう。

  • 年収:年収が高いほど高得点
  • 勤務先:公務員・大企業など安定した収入がみこまれる高い職業ほど高得点
  • 雇用形態:正職員・正社員は高得点。
    以下、得点の高い順に派遣社員・契約社員、パート・アルバイト・自営業
  • 収入形態:歩合給より固定給の方が高得点
  • 勤続年数:同じ勤務先での勤続年数が長いほど高得点
  • 居住形態:賃貸より持ち家の方が高得点。さらに住宅ローン残高がなければさらに高得点。
  • 居住年数:同じ場所での居住年数は長いほど高得点
  • 家族構成:1人暮らしより親と暮らしている方が高得点
  • 年齢:30代~50代が最も高得点。
  • 固定電話の有無=携帯電話だけより固定電話がある方が高得点(詳しくは後述します)
  • 健康保険の種類=共済組合保険・社会保険は高得点

上記は、あくまで属性スコアリングの一例ですが、このようにして属性の各項目が点数化されたものが合計され、仮審査通過基準の点数を満たしているかどうかが測られます。
さきほごも説明したように、SMBCモビットでは、申込み完了から10秒で仮審査(事前審査)の結果が判明します。

SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


本審査では申込者の信用情報を照会して返済能力を判断している

信用情報とは、クレジット・ローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
日本には3つの個人信用情報機関(CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センター)があり、申込者の現在の他社借り入れ件数・他社借り入れ残高、過去の延滞・債務整理(自己破産・任意整理・自己再生・特定調停)などの信用情報がSMBCモビットの審査に用いられます。
3つの個人信用情報機関は以下のような特徴を持っています。

このうち、SMBCモビットではこのうちCIC・JICCに加盟しています。

申込者の信用情報を見る審査は、申込者の収支バランスをより正確に把握するために用いられます。
仮に「年収1500万円・勤務年数20年・持ち家(ローン無し)」というような申し分ない属性を持っているAさんが、すでに他社3件から計300万円の借り入れがあったとすると、収支バランスは「申し分ない」とは言いにくくなり、他社からの借り入れがない年収500万円のBさんより収支バランスは悪いと判断される可能性もあります。
収支バランスは「毎月きちんと返済できるかどうか」のために測られ、この審査のために、他社借り入れ件数・他社借り入れ残高がチェックされるのです。

申込者の信用情報に事故情報(異動情報)があると審査に落ちてしまう

過去の延滞・債務整理などの金融事故情報(異動情報)が申込者の信用情報に掲載されている場合、その期間内、SMBCモビットをはじめ大手消費者金融の審査に通るのはほとんど不可能でしょう。

延滞・債務整理の情報というのは返済でなんらかの問題があり、きちんと返済がなされなかった記録です。そのため、審査担当者も「また同じことを繰り返されるのでは?」と返済能力に疑問を持たれてしまうのです。
なお、個人情報信用機関への金融事故情報の掲載期間は下表のようになっています。

  • 延滞:1年(JICC)・5年(CIC・全国銀行個人信用情報センター)
  • 自己破産:5年(CIC・JICC)・10年(全国銀行個人信用センター)
  • 任意整理:5年(JICC)
  • 個人再生:5年(JICC)・10年(全国銀行個人信用センター)
  • 特定調停:5年(CIC・JICC・全国銀行個人信用センター)

「カード申込」の場合には職場への電話連絡もある

SMBCモビットでは審査の際に、他の消費者金融や銀行の審査と同様に、審査時に申込者の職場への電話連絡があります。
SMBCモビットではWEB完結申込とカード申込の2つの申し込み方法がありますが、職場への電話連絡が行われるのはカード申込を選択した場合のみです。

一方、WEB完結申込の場合には、審査時の勤務先への電話連絡がありません。
くわえてWEB完結申込を利用すると、本人への電話連絡なし・郵送物なし、なんとローンカードまでなしで申し込みから融資までが完結することが可能です。職場への電話連絡を避けたいという方にはおすすめの申込み方法です。
ただし、WEB完結申込は三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座と持っていることと、申込者の勤務先を証明できる書類として社会健康保険証または組合健康保険証の提出が申込みの条件となります。

SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


SMBCモビットの審査に落ちてしまう原因

では、SMBCモビットの審査に落ちてしまう原因はどこにあるのでしょうか?仮審査で落ちてしまう場合と本審査で落ちてしまう場合にに分けて見てみましょう。

仮審査で落ちてしまう原因は属性スコアリングの点数不足

仮審査では申込者の「年収・雇用形態・勤務年数」の合計点が足りないために審査に落ちてしまいます。。どの項目が何点なのか・何点以上で通過なのかという基準は明らかにされていないのではっきりと原因を突き止めるのは不可能ですが、「平均から見て劣る項目」に目をつけることはできます。

例えば、40代前半の人の平均年収は461万円(平成27年度・国税庁「民間給与実態統計調査」)となっていますが、40代で100万円の年収だとしたら平均の4分の1以下ということになります。このように平均から大きく劣っている項目がスコアリングの点数不足を招いたのではないかと推測することはできます。

SMBCモビットの本審査で落ちてしまう原因

SMBCモビットの本審査で落ちてしまう原因は下記の通りです。

  • 他社借り入れ件数・借り入れ金額が多い
  • 申込時に虚偽の申告をした
  • 他社の銀行や消費者金融の複数社に同時に申し込みをしている
  • 職場への電話確認がきちんと完了していない
  • 申し込み時の態度が悪い

他社借入件数や他社借入金額が多い

他社借り入れ件数・他社借り入れ金額が本審査の中心となります。もちろん借入件数や少ないに越したことはありませんが、同じ借り入れ金額であれば借り入れ件数が少ない方が一般的に審査に通過しやすくなります。

例えば、他社借り入れ件数5件で計50万円を借りているCさんと、1件で100万円を借りているDさんでは、この面だけを見ればDさんの方が審査に通りやすいということです。

CさんはDさんの半分しか借り入れ金額がありませんが、件数が5倍もあります。件数が多いということは「1社あたりの信用が低かった」「何件も借り入れするほどお金に困っている」という証として見られ、きちんと返済されるかが疑問視される原因となりやすいのです。

もちろん、先ほど記載した通り長期の延滞や債務整理などの金融事故の履歴が個人情報信用機関に掲載されている場合にも審査に通りません。

総量規制の上限額を超えている場合は審査に落ちてしまう

SMBCモビットは、総量規制の対象のカードローンです。
総量規制とは消費者金融をふくむ貸金業者からの借り入れ総額は年収の3分の1以下でなければならないとする貸金業法の規制です。仮に年収300万円のEさんがアコムやプロミスなどの消費者金融4社から合計100万円をすでに借りていた場合、SMBCモビットでは借りることができません。なぜなら、総量規制の上限の金額である年収の3分の1を超える借入となってしまうからです。

申込時に虚偽の申告をした

虚偽の申告をして申し込みをしたとしても、申込み時の運転免許証などの本人確認書類などの提出書類と照合するすればすぐに虚偽が発覚して審査に落ちてしまいます。
特に年収、勤務先、勤続年数、他社借入などの項目でよくみせかけるために嘘を書いてしまう場合もありますが年収に関しては虚偽申告は収入確認書の提出を求められることで、他社借入の虚偽申告に関しては個人信用情報機関への照会で、勤務先に関しては勤務先への電話ですぐに発覚してしまいます。
そのため、申込時の申告の際には正直に書くようにしましょう。

他社の銀行や消費者金融の複数社に同時に申し込みをしている

短期間のうちに同時に消費者金融や銀行などから申し込みをするとかなりお金に困っているのでは?」「返済する当てがないのにお金を集めているのでは?」と返済能力・返済意思を疑われてしまい、審査落ちの原因となりえます。(この状態を「申し込みブラック」と呼びます)

職場への電話きちんと完了していない

SMBCモビットではさきほども記載した通り、カード申込の場合には審査時に職場への電話連絡があります、その際に申込者本人が電話に出られなくてもかまいませんが、「◯◯(申込者)はただ今席を外しております」というように、確かにそこで働いているという確認が取れなければ電話連絡は完了しないため審査におちてしまいます。

担当者への態度が悪い

申し込み時にオペレーターに対する態度が悪いことも審査に落ちてしまう原因の1つです。担当者に対する態度が悪いために「きちんと返済する気がないのでは?」と返済意思を疑われ、審査落ちにつながる可能性があります。せっかく仮審査で返済能力を認められたのに、態度一つで返済意思を疑われてしまうというのはもったいないことですよね。

SMBCモビットの審査に通るためにはどうしたらいいのか

SMBCモビットの審査基準は、申込者の年収や職業を点数かした属性スコアリングと申込者の信用情報にあることを述べてきました。つまり審査に通るためにはこの2つのうち改善できる点に目を付けることが大切です。

年収を増やすんどして属性スコアを上げる

属性スコアリングは簡単に変えられる項目が少ないのは確かです。
もちろん年収や勤務先などをSMBCモビット申し込みのために変えることはできませんが、変えられるものがあります。

アルバイトの方の場合には社会保険証を持つようにする

属性スコアを上げる代表例が社会保険証を持つことです。
アルバイトの方は「国民健康保険証」を持っていることが多いのですが、一定の労働時間などの条件を満たしていれば「組合保険証」や「社会保険証」を職場は発行しなければならない義務があるのです。
組合保険証・社会保険証を持っていると、国民健康保険証より属性スコアリングに大きく有利になります。しかし、職場ではコストや手間を惜しんで、本当は加入する権利があるのにアルバイトの方に説明しないまま済ませていることが実は多いのです。そこで、これらの保険に本当に加入できないのかを職場にきちんと確かめるのがコツです。

固定電話を持つことで審査に有利に働く

意外に思われそうですが、「固定電話を持つ」という手段でも属性スコアリングを上げられる可能性があります。
1人暮らしであれば、携帯電話のみを持っていて、わざわざ自宅に固定電話を置いていない方も多いかと思います。
そこで毎月の出費が2000円程度と多少かさみますが、固定電話をあえて持つというのも審査に通りやすくするコツです。
携帯電話であれば番号を変えてしまうことも簡単なので連絡がつかなくなることも多いのですが、固定電話があればその可能性が低いと見られるので、信用を高める一つのアイテムとして利用することができるのです。

信用情報を改善するためのポイント

利用者の信用情報の改善は、以下の3ポイントにまとめることができます。

  • 他社借り入れ件数・他社借り入れ金額が多い場合は減らしてから申し込む
  • 延滞・債務整理で個人情報信用機関に掲載されている場合は、掲載期間終了まで待つ
  • 申し込みブラックは個人情報信用機関に最長半年間掲載されるので、掲載が削除されるまで待つ

他社借り入れ残高・他社借り入れ件数は簡単に減らせそうもないと思われますが、例えば利用限度額200万円の金融機関Aから80万円・利用限度額50万円の金融機関Bから20万円…とバラバラに借り入れしている場合には、借り入れをおまとめローンなどで一本化してまとめることで他社借り入れ件数を減らせるので、審査に通りやすくなります。

SMBCモビットの特徴

モビット

申込後10秒簡易審査結果表示 WEB完結可能

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
実質年率3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査時間10秒簡易審査
融資までの時間当日融資
14:50迄の振込手続完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有