みずほ銀行カードローンの審査に落ちてしまう原因と落ちた場合の対策

みずほ銀行カードローンはメガバンクのみずほ銀行のカードローンで、2.0%~14.0%という金利と最高800万円の上限限度額が魅力的なローンです。
しかし、みずほ銀行カードローンの審査に関してはアコムやプロミス、アイフルなどの大手消費者金融と比べて厳しいと言われています。

みずほ銀行カードローンの審査を受けて落ちてしまった場合、どんな対応を取るのがよいのでしょうか?
落ちた理由、落ちないためにはどうするべきか、みずほ銀行カードローンに落ちてしまった後に、取るべき行動について解説をしていきます。

利用条件に満たしていない場合はみずほ銀行カードローンの審査には通らない

みずほ銀行カードローンの利用可能条件は以下のようになっています。

  • 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の人
  • 安定かつ継続した収入の見込める人
  • 保証会社の保証を受けられる人(保証会社はオリココーポレーション)
  • ※外国人の場合、永住許可を得ている必要がある

みずほ銀行カードローンの審査に通るためには少なくともこれらの条件は満たしている必要があります。
特に「安定かつ継続した収入の見込める人」という条件があるので、無職や専業主婦の場合は利用できないということになります。
専業主婦や仕送りだけで生活しているような学生も本人の収入がないため、みずほ銀行カードローンを利用することはできません。

みずほ銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる原因

みずほ銀行カードローンの審査におちる原因はいくつか考えられます。みずほ銀行カードローンの審査基準を共にひとつひとつ解説をしていきます。

  • 申込者の信用情報に金融事故の記録がある
  • 保証会社であるオリコカードの審査で落ちている
  • 他社借入件数・他社借入金額が多い
  • 返済能力に疑問を持たれた可能性がある

申込者の信用情報に問題がある

みずほ銀行カードローンの審査では信用情報機関に照会を行って申込者の信用情報の確認を行い、審査基準の1つにしています。

信用情報というのは信用情報機関に記録されている個人のクレジットカードやローンの申し込み・利用・返済などに関する情報のことです。日本には「全国銀行個人信用情報センター」「シー・アイ・シー(CIC)」「日本信用情報機構(JICC)」の3つの信用情報機関があります。
事故情報というのは信用情報の中でも、自己破産、長期延滞、代位弁済、債務整理といった信用に関するネガティブな情報のことです。
みずほ銀行カードローンの審査では信用情報に事故情報の記録が残っていると審査に通りません。みずほ銀行が加盟している信用情報機関は「全国銀行個人信用情報センター」「シー・アイ・シー(CIC)」の二つですが、どちらの信用機関も「日本信用情報機構(JICC)」と情報提携を行っているので、3つのうちのどれかに事故情報の記録が残っていると落ちるということになります。
事故情報というのはどれぐらいの期間残り続けるのでしょうか?長期の延滞などの事故情報が残る場合は以下の通りです。

  • 長期延滞:1~5年程度
  • 債務整理(自己破産など):5年~10年程
  • 代位弁済・強制解約:5年程

過去に金融事故を起こしたことのある人は、事故情報の記録が信用情報に残っていることがで審査に落ちた可能性が高いです。
また、信用情報機関に記録されている事故情報は時が経てば消えますが、過去にみずほ銀行関係で起こした金融事故情報に関しては、みずほ銀行カードローンの審査においては半永久的に消えません。過去にみずほ銀行関係で金融事故を起こしていると、みずほ銀行カードローンの審査に通ることはまずないと考えておきましょう。

保証会社であるオリコカードの審査で落ちている

みずほ銀行カードローンの保証会社はオリエントコーポレーション(クレジットカードのオリコカードを発行している会社)となっています。オリエントコーポレーションが保証会社となっている銀行系カードローンは他にもあり、近い時期にそれらのカードローンの審査を受けて落ちていると、みずほ銀行カードローンの審査でも落ちる可能性が高いです。
なお、みずほ銀行以外でオリコが保証会社を務めている銀行をまとめましたので、参考にしてみてください。

地方名 銀行カードローン名
北海道・東北地方 みちのく銀行カードローン
北日本銀行カードローン
福島銀行カードローン
福島銀行カードローン
関東地方 武蔵野銀行カードローン
千葉興業銀行カードローン
八千代銀行カードローン
北陸・甲信越地方 北越銀行カードローン
福邦銀行カードローン
東海地方 スルガ銀行カードローン
清水銀行カードローン
愛知銀行カードローン
中京銀行カードローン
第三銀行カードローン
関西地方 紀陽銀行カードローン
中国・四国地方 島根銀行カードローン
トマト銀行カードローン
広島銀行カードローン
もみじ銀行カードローン
山口銀行カードローン
西京銀行カードローン
九州・沖縄地方 佐賀銀行カードローン
佐賀共栄銀行カードローン
肥後銀行カードローン
肥後銀行カードローン
豊和銀行カードローン
宮崎太陽銀行カードローン
南日本銀行カードローン
琉球銀行カードローン

これらの銀行カードローンの審査に落ちてしまった、または、長期の滞納などの金融事故を起こしたことがある人は、みずほ銀行カードローンの審査にマイナスの影響出る可能性が非常に高いです。

他社借入件数や他社借入金額が多い

2社~4社程度の他社借入があるという理由だけで審査に落ちることはありません。
ただし、5社以上になると多重債務状態とみなされ、審査に悪影響が出てきます。
借入を行っている数ではなく、借入額のほうが重要です。他社での借入額の分だけ、本来の上限限度額から差し引かれることになりますので、他社借入額が大きいと最低貸付限度額の10万円を割ってしまい審査に落ちることになります。
多数の銀行などからから借入を行っている場合は、おまとめローンなどを利用したり、返済に専念したりするなどの方法が考えられます。

申し込み時に嘘の申告をすると落ちる

申し込み時に嘘の申告をしてしまったがために、本来審査に通ったにもかかわらず落ちてしまうというのは非常にもったいないです。
住所・氏名・年齢などの基本的個人情報に関しては間違える可能性は少ないですが、誤記入してしまっても向こうから確認されることが多いでしょう。

ただし記入ミスや記入漏れがある場合でも審査に落ちてしまう可能性もあるので、申し込みの際にはしっかりと誤字・脱字がないか確認をするようにしましょう。

年収や勤務先などは虚偽の申告をしてもすぐに発覚してしまう

審査の落ちてしまう項目で最も多い虚偽記載は、勤務先に関するものや、勤務年数に関するもの、他社借入額に関するものです。
嘘の勤務先、勤務年数を実際より長く書いている、他社借入額少なめに書いているなどです。これらに関する虚偽の記載は、審査を通りやすくするための故意の嘘だと判断され、結果落とされることになります。
借入状況に関しては、信用情報機関への照会ではっきりとわかることですし、勤務先に関する嘘も在籍確認等でバレてしまいます。年収に関する嘘も、所得証明書の提出を求められると虚偽申告が発覚して審査に落ちてしまいます。

返済能力に疑問を持たれた可能性がある

上記の審査に落ちる原因に当てはまらない場合で落ちた時は、返済能力に疑問を持たれた可能性があります。返済能力というのは借入を返済する能力のことで、みずほ銀行カードローンの審査では、申込者の職業・収入などの属性を点数化してコンピュータで融資可否と判断します。そのため、返済能力に関しても大手消費者金融などよりは厳しめにみられることになります。まず、最低限必要となる返済能力の基準を確認しておきましょう。

返済能力の基準は申込者の年収の3分の1以内

カードローンにおいて年収と返済能力、限度額に関する基準となるラインは総量規制というきまりから算出できます。

総量規制とは貸金業者が個人に対する貸付において、貸出を年収の3分の1までに抑えなければならないというきまりです。たとえば年収300万円の人が借りられる金額はその3分の1の100万円までとなります。他社からの借入があれば合算されるので、それだけぶん上限限度額から差し引かれることになります。

総量規制は消費者金融業者などが対象で、現在は銀行カードローンは対象外です。つまり、みずほ銀行カードローンも総量規制の対象外となっています。
総量規制の対象外で法律上、年収の3分の1より上の金額を貸し出すことはできるのですが、みずほ銀行カードローンでは貸金業者と同様に貸出限度額上限を年収の3分の1までに抑えています。

しかし、昨今銀行カードローンの借りすぎ問題を受けて、銀行カードローンの審査でも利用限度額の上限を消費者金融などの総量規制のルールに準じて申込者の年収の3分の1以内にしている銀行は多いです。

また、銀行カードローンは、金利や利用限度額などの貸付条件が消費者金融に比べて優れているために消費者金融系カードローンよりも返済能力を厳しく判断しています。

みずほ銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合の対応

それではみずほ銀行カードローンに審査に落ちてしまった場合にはどのように対応したらいいのでしょうか。対応方法としては以下の通りです。

大手消費者金融に申し込みを検討してみる

信用情報に事故情報がなく、申し込みでも嘘を書いていない、審査に落ちたしまう理由落ちる心当たりがない、というのであれば返済能力に疑問を持たれた可能性があります。銀行カードローンと大手消費者金融カードローンでは保証会社や審査基準が異なるため、銀行カードローンの審査に通らなかった場合、大手消費者金融カードローンの申し込みをして審査を受けてみると通ったというケースも多くあります。
大手消費者金融の中には30日間では無利息期間サービスを行っているところもあり上手に利用すれば銀行カードローンと遜色ない条件で借入できますよ。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間


信用情報に事故情報はある場合には独自の審査を行っている中小消費者金融を利用する

事故情報の記録が残っていると確実に審査に落ちるので、信用情報機関に照会を取って自分の信用情報を確認してみるというのも原因を探る上で役に立つ方法です。「全国銀行個人信用情報センター」「シー・アイ・シー(CIC)」「日本信用情報機構(JICC)」の3社共に信用情報の照会をしておくといいでしょう。
もし、事故情報の記録が残っていた場合は、銀行カードローン、大手消費者金融などでは審査に通りません。どうしてもお金が必要な場合は、事故情報がある場合でも柔軟に審査を行ってくれる中小消費者金融業者を利用するとよいでしょう。独自の審査を行っている主な中小消費者金融業者は以下の通りです。

みずほ銀行カードローンの再審査を受けてみる

みずほ銀行カードローンの審査を受けて落ちた場合、しばらくの間はみずほ銀行カードローンに再審査の申し込みをしても審査に通りません。なぜなら、個人信用情報機関に申し込みの履歴が残っているためです。
また、オリエントコーポレーションが保証会社になっているカードローンの審査も通らなくなります。そのため半年程度時間をおいて再度申し込みをすることが望ましいです。その間に、年収が上がるまたは正社員になるなど申込者の属性があがると、再審査においては通るということもあります。