住信SBIネット銀行カードローンの審査の流れや審査基準

住信SBIネット銀行のカードローン「ミスターカードローン」は、スタンダードコースとプレミアムコースの2種類のローンがあり、スタンダードコースが金利8.39%~14.79%で利用限度額が10万円~300万円、プレミアムコースが金利0.99%~7.99%で利用限度額が10万円~1200万円となっており銀行カードローンの中でも金利も低く利用限度額も高額で住宅ローン並のローンといえるでしょう。

なお、スタンダードコースとプレミアムコースは、申込み後の審査の結果によって、住信SBIネット銀行がコースを決定します。

ここでは、住信SBIネット銀行カードローン「ミスターカードローン」の申し込みから審査融資までの流れや審査基準について解説をしていきます。

どうしても審査時の職場への電話連絡を回避したいのであれば、SMBCモビットのWEB完結申込を検討する

アコムプロミスアイフルなどの消費者金融の申込と同様に、住信SBIネット銀行銀行カードローンの審査時の職場への連絡は原則として必須です。
しかし、SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば審査時の職場への電話連絡なしでカードローンの申込が可能です。
どうしても、カードローンの審査時に職場への電話連絡をしてほしくない方は、SMBCモビットのWEB完結申込を検討してみてはいかがでしょうか。

SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。



住信SBIネット銀行カードローンの申込条件

まず、住信SBIネット銀行カードローンの申し込み条件をみていくことにしましょう。住信SBIネット銀行カードローンの申し込み条件は次の通りです。

  • 申込時の年齢が満20歳以上満65歳以下であること
  • 安定継続した収入のあること(学生申込は不可)
  • 外国籍の場合、永住者であること
  • 保証会社の保証を受けられること
  • 住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有していること
    (申し込みと同時に口座開設可能)

住信SBIネット銀行カードローンでは、本人に安定継続した収入があることが申込の条件なので無職、専業主婦の人は申し込みができません。加えて、ミスターカードローンではアルバイトなどで働いていたとしても学生の申し込みはできないようになっているので気を付けてください。
なお、年金受給者は年金以外に安定継続した収入がある場合は申し込み可能です。

SMBCコンシューマーファイナンスが保証会社を務めている

住信SBIネット銀行カードローンは、担保なし、保証人なしで融資を受けられる銀行カードローンです。住信SBIネット銀カード株式会社、もしくはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が、保証会社をしています

つまり、住信SBIネット銀行から融資を受ける時には、この2社のいずれか、または両方の審査に通過する必要があります。

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は住信カードローン以外にも、三井住友銀行やジャパネット銀行など多くの銀行カードローンの保証を行っています。
そのため、プロミスカードローンの審査に落ちてしまっているまたは、SMBCコンシューマーファイナンスが保証会社を務める銀行カードローンの審査におちてしまった場合には、住信SBI銀行カードローンの審査に通りづらいでしょう。

なお、プロミスが保証会社を務めているカードローンの詳細については、「保証会社としてのプロミス」で詳しく開設しています。

住信SBIネット銀行カードローン申し込み・審査から融資までの流れ

次に申し込みから審査完了までの流れを解説いたします。
住信SBIネット銀行カードローンの申し込み方法は、インターネットでの申込のみで、パソコンや・スマートフォンから申し込みが可能です、申込から審査完了までの流れは住信SBIネット銀行の口座を開設しているかいないか異なります。
ここでは住信SBIネット銀行の口座を開設している場合の審査の流れをみていくことにしましょう申込から審査完了・契約までの流れは以下の通りです。

  1. 申し込み
    住信SBIネット銀行のホームページよりカードローンの申し込みを行う
  2. 仮審査
    申込時の年収や職業などの申し込み項目を元にして仮審査が行われる
  3. 仮審査結果の連絡(メールで連絡)
    ※この際に適応コースが決まります。(スタンダードコースまたは、プレミアムコース)
    最短60分で仮審査の回答が返ってきます。
    (審査結果は申込時に登録したメールに送信される)
  4. 本審査
    申告した勤務先への在籍確認を含めた審査が行われます
    (口座開設手続きが必要場合には本審査完了後)
  5. 手続き完了:借入が可能となります「

なお、住信SBIネット銀行の口座を持っていない場合には、本審査後に口座開設手続きが必要となります

口座を持っていない場合には申し込みから融資完了まで1週間程度かかる

住信SBI銀行カードローンの申込から審査結果が出るまでは、最短で1営業日程度です。ただし、住信SBIネット銀行の口座を開設していない場合は、口座開設の申し込みと手続きをする必要があるため、住信SBIネット銀行の口座をもっている場合とくらべて、申し込みから融資まで1週間程度長くかかります。

住信SBIネット銀行カードローンの仮審査の流れと審査基準

仮審査では申込時に記載された内容ともとにコンピュータが審査する

ミスターカードローンの審査には仮審査と本審査があります。申し込み完了後に行われる仮審査ではでは、申込者が申告した勤務先や年収元にコンピューターが審査を行っています。

仮審査の段階では必要書類や申込者の勤務先に電話する在籍確認による審査は行われません。申込時に記載された利用できる条件を満たしているかを機械的に判断するものになります。
仮審査の承認額と、申し込み時の希望額が異なる場合もあります。仮審査の承認額というのは、借入可能金額のことで、利用できる最高限度額と最低金利が設定されています。
また仮審査での承認額が一定額を超えることで、必要書類が出てくることがあります。

仮審査の基準は申込者の年収や勤務先などの属性情報

申込者のカードローンの審査は、基本的に「スコアリング」 と呼ばれるコンピュータによる点数付けで評価判断されます。スコアリングとは、借入希望者の「属性」をコンピューターによる自動計算で項目ごとに点数付けをしていく作業のことです。
属性というのは、申込者の「年齢」 「居住形態」居住年数」「家族構成」「健康保険」「勤続年数」「年収」「勤務先」「連絡先」のことで、9項目が審査され、項目ごとに点数が付けられます。採点はコンピューターによる自動計算で行われます。

たとえば、年収が高い場合や正社員などの正規雇用の場合には、このスコアは高くなり審査に有利になります。一方、年収が低いまたはアルバイトやパートまたは自営業者や個人事業主などの収入が不安定な場合には、スコアが低くなり審査に不利になるでしょう。

本審査の流れと本審査の項目

本審査の前に必要書類の提出をする

仮審査が終わると、今度は本審査のために申し込みや契約に必要な書類の提出を求められます。
本審査の際に必要書類には本人確認書類と収入証明書がありますが、必ず必要になるのは本人確認書類です。収入確認書は条件によって必要になってきます。
本人確認書類として有効な本人確認書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード(写真付)
  • 在留カード、特別永住者証明書
  • 各種健康保険証

必要となるのは書類のコピーです。裏面にも記載事項がある場合は裏面もコピーしましょう。

収入確認書類が必要な場合

住信SBI銀行カードローンでは、希望の利用限度額が50万円を超える場合に、収入証明書のコピーが必要になります。
有効な収入証明書は以下の通りです。
会社員や公務員・アルバイト・パートなどの給与所得者の場合

  • 源泉徴収票
  • 市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等)
  • 確定申告書
  • 給与明細直近3ヵ月分(勤続年数が1年未満で他の書類が取得できないとき)

自営業者や個人事業主場合

  • 市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等)
  • 確定申告書(付表付)

上記の必要書類の提出方法は、住信SBI銀行PC・スマートフォン等からのWEBアップロード」、「FAX」から選ぶことができます。どちらもできない場合はカスタマーセンターに連絡をしましょう。

本審査では申込者の信用情報に問題がないかと判断する

信用情報とは信用情報機関に記録されている個人のクレジットカードやローンの申し込み、借入、返済などに関する情報のことです。日本には「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」、「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」、「株式会社日本信用情報機構(JICC)」という3つの信用情報機関があり、お互いに提携して情報共有を行っています。
銀行や消費者金融では審査の際に信用情報機関に照会をとって、申込者の信用情報を確認します。

申込者の信用情報の中で、長期延滞、債務整理、代位弁済、強制解約などの返済に関するネガティブな情報のことを金融事故情報と言います。

金融事故情報の記録が信用情報機関に残っている場合、銀行カードローンや大手消費者金融カードローンの審査では落ちてしまいます。

住信SBIネット銀行カードローンの審査においても、金融事故情報の記録が残っている場合は審査で落とされてしまいます。いくら年収が高く属性スコアリング高かったしても信用情報に問題があることを理由に審査に落ちてしまうことはあります。

なお、カードローンの審査内容は、スタンダードコースでも、プレミアムコースでも変わりません。

虚偽申告したとしても提出した書類からすぐに発覚してしまう

虚偽の申告をして申し込みをしたとしても、本人確認書類などの提出書類と照合するすればすぐに虚偽が発覚して審査に落ちてしまいます。

特に年収、勤務先、勤続年数、他社借入件数や他社借り入れ金額などの項目でよくみせかけるために嘘を書いてしまう場合もありますが年収に関しては虚偽申告は収入確認書の提出を求められることで、他社借入の虚偽申告に関しては個人信用情報機関への照会で、勤務先に関しては勤務先への在籍確認の電話ですぐに発覚してしまいます。
そのため、申込時の申告の際には正直に書くようにしましょう。

返済能力の有無も審査の際に判断される

スタンダードコースの場合は、返済能力に関する基準の一つとして消費者金融の利用限度額の上限である総量規制の基準に準じて申込者の年収の3分の1を基準としています。

総量規制とはいうのは消費者金融などの貸金業者に個人に対して貸出を行う際に、貸出総額を年収の3分の1までに抑えなければならないというきまりのことです。たとえば、年収300万円の人に対してはその3分の1の100万円までに貸出を抑える必要があります。また総額ですので、他社で借り入れがある場合はそれだけ分、上限限度額から差し引かれることになります。

総量規制は消費者金融業者などの貸金業者のみ適用されますが、銀行カードローンは対象外です。今のところ銀行カードローンは総量規制の対象外のため、法律上は申込者の年収の3分の1を超えての貸出も可能となっています。

しかし、銀行カードローンが申込者に求める返済能力の基準は、消費者金融などの貸金業者よりも高いので、結局のところ少なくとも借入希望額の3倍以上の年収がないと審査には通りません。スタンダードコースに求められる返済能力の基準としてはこの総量規の数字を一つの目安にするとよいでしょう。ただ、総量規制の数値を満たしているからといって審査に通るとは限りません。

プレミアムコースの審査に通過するには返済能力の他に利用実績も必要になる

住信SBI銀行カードローンのプレミアムコースは、スタンダードコースの返済能力があるだけでは、適応されることがありません。プレミアムコースが適応される条件として、長年、住信SBI銀行をメインバンクとして使っている。または医者・弁護士・公務員など社会的に地位があり、収入も高く、安定した職業に就いているなどの条件も必要になってきます。
つまり、通常の銀行カードローンと比べてかなり審査難易度が高いということを知っておきましょう。
また、カードローンのコースがスタンダードコースになるか、プレミアムコースになるかは申込者が選択するのではなく、審査において住信SBIネット銀行側が決定します。

本審査の際に電話での在籍確認が必ず行われる

在籍確認とは審査の際に担当者が、申込者が申告した勤務先に電話をかけることで、申込者が本当にその会社で働いているのかを確認するというものです。在籍確認では、住信の電話番号を通知設定の上、原則として担当者の個人名で電話をかけるようになっています。
また、在籍確認の電話の際に、担当者に銀行名を名乗って電話をして欲しい場合は、申し込み完了後に事前にカスタマーセンターに連絡しておくと対応してくれます。在籍確認に時間がかかることもあり、本審査には1日~数日かかることがあります。

審査時の勤務先への電話は回避することができない

住信SBIネット銀行カードローンの場合、審査じに申込はすべて電話で行います。
つまり、いかなる理由があっても在籍確認の代わりに書類提出が認められていません。つまり、職場へのが完了しない場合は審査に落ちてしまいます。

また、住信SBIネット銀行では基本的に土日の電話連絡はしていません。もし、どうしても土日に職場への電話連絡がが必要な場合にはカスタマーセンターに電話して担当者に相談してみましょう。

どうしても勤務先への電話連絡を避けたいのであればSMBCモビットのWEB完結申込がおすすめ

電話連絡ををどうしても避けたいという方には確認を行わない「セブン銀行カードローン」やWEB完結申込で職場への電話を回避できるSMBCモビットの申し込みをおすすめいたします。

SMBCモビットの特徴

モビット

申込後10秒簡易審査結果表示 WEB完結可能

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
実質年率3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査時間10秒簡易審査
融資までの時間当日融資
14:50迄の振込手続完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有


住信SBIネット銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合の対応策

審査に落ちてしまったら消費者金融へ申込みを検討してみる

住信SBIネット銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合でも、銀行カードローンではなく他社の消費者金融であれば、審査に通過する可能性もあります。
もし、申込者の信用情報に長期の延滞記録や債務整理の履歴がなく問題がないのであれば、消費者金融での申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。ただし、住信SBIネット銀行カードローンの保証会社であるプロミス以外の消費者金融に申し込むことをおすすすめします。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間


審査に落ちてしまった場合には口座開設をしなくてもよい

口座開設の手続きは、仮審査・本審査・契約までが完了してから口座の開設手続きをするため、審査の落ちてしまった場合には口座の開設をする必要はありません。
また、プレミアムコースでの審査の落ちてしまいスタンダードコースになってしまった場合には、本審査の結果判明後にカスタマーセンターに電話をして申し込みをキャンセルすることが可能です。
くわえて申込や審査に関する手続きで質問点があった場合にもカスタマーセンターに電話をして相談することができます。
カスタマーセンターの電話番号は以下の通りです。

  • フリーダイヤル 0120-974-646(通話料無料)
  • 携帯電話・PHS 0570-001-646(通話料有料)

なお、カスタマーセンターの営業時間は 平日9:00~18:00、土・日・祝日9:00~17:00 (12月31日、1月1~3日、5月3~5日を除く)です。