福岡銀行カードローンの審査の流れや審査基準

福岡銀行カードローンは福岡銀行で取り扱っているカードローンです。金利は3.0%~4.5%で、利用限度額が10万円~1000万円というカードローンの一つです。実質、九州・沖縄または山口県に在住または勤務している人を対象にしている取扱をしている銀行カードローンです。

それでは、福岡銀行カードローンの申込から審査の流れや審査基準はどのようになっているのでしょうか。また審査に落ちてしまった場合にはどのように対策したらいいのでしょうか。

福岡銀行カードローンの審査時の職場への電話連絡を確実に回避したいのであれば、SMBCモビットのWEB完結申込を検討する

アコムプロミスアイフルなどの消費者金融の申込と同様に(書類提出で回避も可能。)、福岡銀行カードローンの審査時のも職場への連絡は原則として必須です。
しかし、SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば審査時の職場への電話連絡なしでカードローンの利用が可能です。
どうしても、カードローンの審査時の職場への電話連絡をしてほしくない方は、SMBCモビットのWEB完結申込を検討してみてはいかがでしょうか。

SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。




福岡銀行カードローンの申し込みから審査の流れ

福岡銀行カードローンの申込・審査の融資までの流れは、福岡銀行の口座を持っている場合と、持っていない場合で変わってきます。それぞれの流れを簡単に見ていきましょう。

福岡銀行の口座を持っている場合(WEB完結利用での申込)

福岡銀行の申し込みから借り入れまでの流れは以下の通りです、

  • 申し込み
  • 審査
  • 契約
  • カード発行・借り入れ

福岡銀行の口座を既に持っている場合には、パソコンやスマートフォンを利用してインターネットからので申し込みが可能です。
また後述する運転免許証などの必要書類は指定されたURLをアップロードします。申込完了後、申告した内容を元に審査が行われ、電話または郵送で審査結果が伝えられます。
なお、審査に通過した場合には、電話で契約内容の確認が行われ、カードが郵送されてきます。申し込みから借入までを全てWEBで完結したい場合は、銀行振り込みによる融資を受けることも可能です。

福岡銀行の口座を持っていない場合は口座開設の必要がある

福岡銀行の口座を持っていない場合には、はじめに口座開設の必要があるため、契約書への捺印などの手続きが必要となります。

福岡銀行カードローンの申込や審査に必要な書類

福岡銀行カードローンの申し込みや審査に必要書類は運転免許証などの本人確認書類と所得証明書類です。
本人確認書類は申し込みや審査時には必ず必要になる。
福岡銀行カードローンの申し込み・審査において必ず必要になる書類です。
本人の名前・住所・生年月日が確認できる書類で原則以下のいずれかが必要となります。

  • 運転免許証
  • パスポート

なお、運転免許証やパスポートがない場合には、社会保険証でも問題ありません。

収入証明書類が必要になる場合もある

利用限度額が50万円を超える場合には、申込者の年収を証明できる書類が必要になります。収入を証明する書類とは、会社員や公務員またはアルバイトなどの給与所得者の場合には所得証明書・源泉徴収票、給与明細などです。
一方、自営業者や個人事業主の場合には確定申告書や納税証明書などが収入証明書として有効です。

必要書類の提出はアップロードでも可能

申込後、WEBでのアップロードを選んだ場合、1~3営業日程度で申込者の携帯電話番号宛に福岡銀行からショートメールが届きます。このショートメールに書かれたURLから会員ログインし、必要書類をアップロードによって提出します。

福岡銀行カードローンの審査時間や申し込みから融資までの時間

福岡銀行カードローンでは、審査結果は申し込み後、5日~7日程度で自宅宛に書面郵送で届くか、申し込みした際に申告した電話番号に連絡が入ります。
審査結果は申し込み後、5日~7日程度で自宅宛に書面郵送で届くか、申し込みした際に申告した電話番号に連絡が入ります。

申し込みから融資までは最短で6日~10日程度

すでに福岡銀行に口座を持っている場合で、申し込みから審査結果が出るまで最短でも6日~10日程度かかるということになります。
また申込から融資を受けるまでにははカードで借入を行う場合は郵送までの時間を加えて、7日~11日程度、振り込みでの融資を受ける場合、6日~10日程度かかることになります。
なお、福岡銀行の口座を持っていない場合には、口座の開設手続きも含まれるので申し込みをしてから融資を受けるまで3週間から4週間ほどかかります。
福岡銀行カードローンは、他社の銀行カードローンと同様に即日融資を行っていません。そのため、大手消費者金融などと比べると申し込みから時間がかかると言えるでしょう。

福岡銀行カードローンでは審査時に在籍確認を行う

福岡銀行カードローンの審査では、他社の銀行カードローンと同様に審査時に必ず在籍確認が行われます。
在籍確認というのは、申込者が勤務していると申告した職場に担当者が電話をかけることで、本当に申込者がその職場で勤務しているかを確認することです。電話をする時にプライバシーに配慮して銀行名を名乗らないという慣習があります。

なお、申込者の会社が休業で在籍確認が取れないという場合は、在籍確認がとれるまで審査は完了できません、そのため、審査時間が延びてしまうことになります。また、福岡銀行では大手消費者金融と異なり土日の在籍確認を行っていないため、土日祝日に申し込みをしたとしても審査結果の回答は、翌営業日になってしまいます。

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば審査時の職場への電話連絡なし

アコムプロミスアイフルなどの消費者金融の申込の場合には、福岡銀行カードローンの審査時の職場への連絡は原則として必須です。(書類提出で回避も可能。)
しかし、SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば審査時の職場への電話連絡なしでカードローンの申込が可能です。
どうしても、カードローンの審査時の職場への電話連絡をしてほしくない方は、SMBCモビットのWEB完結申込を検討してみてはいかがでしょうか。

SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。



福岡銀行カードローンの審査基準と審査に落ちてしまう原因

それでは、福岡銀行カードローンの審査基準と審査に落ちてしまう原因をみていきましょう。審査に落ちてしまう原因は下記の通りです。

  • 申し込み条件をみたしていない
  • 申込者の信用情報に問題がある
  • 保証会社の審査に通らない
  • 返済能力に問題がある
  • 申込時に虚偽の申告をしている
  • 同時に複数の金融機関に申し込みをしている

申込条件を満たしていない

福岡銀行カードローンの利用条件は以下のようになっています。

  • 20歳以上69歳以下で、収入がある人。(アルバイト・パート・年金受給者も申込み可能)
  • 保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの保証が受けられる人
  • 居住地および勤務先が九州・山口の人、または福岡銀行の普通預金口座を持っている人

上記の条件を満たしていない場合は、福岡銀行カードローンを利用できません。
福岡銀行カードローンの申し込み条件の大きな特徴は、実質的に九州・沖縄または山口県に居住しているか勤務先がある人が対象になっていることです。
福岡銀行の普通預金口座を開設してから、カードローンを作るということも考えられますが、地域外の人が口座を開設する場合には、犯罪利用防止の観点から正当な理由が求められます。

申込者の信用情報に問題がある

申込者の信用情報は、福岡銀行カードローンの審査において重要な項目になります。

信用情報というのは、個人信用情報機関に記録されている個人の過去のクレジットカードやローンの申し込み・利用・返済などに関する情報のことです。日本には「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」、「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」、「株式会社日本信用情報機構(JICC)」という3つの信用情報機関があり、お互いに情報提供を行っています。
金融事故情報というのは、長期延滞、債務整理、自己破産、代位弁済、強制解約などの信用に関するネガティブな情報のことです。
金融事故情報の記録が残っていると銀行カードローンや大手消費者金融カードローンの審査にはまず通らなくなります。
福岡銀行カードローンでは、申込者の信用情報に金融事故情報の記録が残っていると審査に落ちてしまいます。一度、金融事故を起こしてしまうと比較的長期間に渡り、金融事故記録が残り続け、その間、福岡銀行カードローンの審査に通ることはありません。個人情報機関に金融事故記録が残り続ける期間は以下のようになっています。

  • 長期延滞:1~5年程度記録に残る。
  • 債務整理(自己破産など):5年~10年程記録に残る。
  • 代位弁済・強制解約:5年程記録に残る。

たとえ申し込み条件を満たしていたとしてもが、金融事故情報の記録が残っていると審査に落ちるので気を付けるようにしましょう。

保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの審査におちている

福岡銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は三井住友銀行グループの会社で、大手消費者金融のプロミスSMBCモビットの運営や、様々な三井住友銀行カードローンをはじめとする様々なローンの保証事業を行っています。

つまり、プロミスの審査に落ちてしまっているとその記録が共有されてしまうため、福岡銀行カードローンの審査にも落ちてしまう可能性が高くなります。また、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の関係する会社のローンで金融事故を起こしていると、福岡銀行カードローンの審査には通らなくなります。

なお、プロミスで滞納や返済または債務整理などの金融事故を起こしてしまうと、SMBCコンシューマーファイナンスの社内に金融事故の記録が残ってしまいますので、審査には通りません。

年収が低く返済能力がないと判断される

カードローンでは申込者に返済能力があるかどうかが重視されます。返済能力の目安とは、申込者の年収の3分の1を目安としています。
この返済能力の目安は、消費者金融の利用限度額の上限の基準となる総量規制を参考にしています。

総量規制というのは、個人の借入総額が収入の3分の1まででなければならないというきまりのことです。消費者金融業者などの貸金業者が対象で、銀行カードローンは対象外となっています。銀行カードローンは、総量規制の対象外なのですが、返済能力について消費者金融などよりも厳しく審査されますので、年収が低く返済能力がないと判断されると審査に落ちてしまいます。

申込時に虚偽の申告をした

申込の際に申告する個人情報に虚偽の申告があると審査に落ちてしまいます。
特に、申込者自身の収入、勤務先、勤続年数、他社での借入額に関してはよく見せかけたいがために嘘を書いてしまう人もいますが、かなりの確率でバレて審査に落とされることになります。他社借入に関しては個人信用情報機関への照会で、勤務先に関しては在籍確認で、収入に関しては所得証明書類の提出を求められることでバレてしまいます。せっかく通っていたはずのものを、嘘の申告で落ちてしまうのはもったいないので正直に申告を行うようにしましょう。

同時に複数の金融機関にキャッシングの申し込みをしている

福岡銀行カードローン申し込むのと同時に他の消費者金融や銀行などに申し込みをしている場合には審査に落ちてしまいます。

他の消費者金融や銀行カードローンへの申込み状況は、信用情報に記録され、個人信用情報機関によって各金融機関が利用者の申し込み履歴を共有しています。そのため複数社への同時の申し込みは「よっぽどお金に困っている人」という印象を与え、審査に落ちてしまう可能性があります。(いわゆる「申し込みブラック」と呼ばれています。」

福岡銀行カードローンの審査に通るかどうか心配の場合には事前に診断をしてみる

福岡銀行では、WEB上で年収や年齢・消費者金融など他社借り入れ金額を記載することによって、融資がうけられるかどうかを判断できる「お借り入れ診断」があります。福岡銀行の公式ホームページ上で診断可能ですので、申込前に診断をしてみてはいかがでしょうか。

なお、この診断はあくまでも目安ですので、正式な審査結果とは異なる可能性もあります。

福岡銀行カードローンの審査の落ちてしまった場合の対応策

福岡銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合は、審査に落ちたを原因を改善するとともに他の金融機関でお金を借りることができるを検討する必要があります。

個人信用情報機関に照会を行い信用情報に問題があるかを確認する

過去に金融事故情報を起こしたことのある人は、信用情報機関に事故情報の記録が残り続けているために審査に落ちた可能性があります。「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」、「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」、「株式会社日本信用情報機構(JICC)」の3社とも手続きを行えば、申込者自身のの信用情報を見ることが可能です。
信用情報に金融事故情報の記録が残っている場合は、銀行カードローンや大手消費者金融機関での審査にはまず通りません。どうしても借入が必要な場合は、金融事故の記録があっても柔軟に審査をしてくれる中小消費者金融業者に申込を検討できるかと思います。

プロミスや以外の大手消費者金融カードローンに申し込む

信用情報に問題がないであれば、大手消費者金融カードローンに申し込みしてみてもいいでしょう。大手消費者金融カードローンは銀行カードローンに比べて審査スビードも早く、初めての契約の際には無利息期間サービスを行っている会社も多くあります。
しかし、福岡銀行カードローンの審査で落ちてしまった場合には、保証会社をプロミスを務めているので、プロミスに福岡銀行カードローンの審査に落ちたことがすぐに共有されるため、避けたほうがいいでしょう。
審査難易度に関しては一般的に、大手消費者金融カードローンのほうが銀行カードローンよりも通りやすいです。金融事故に心当たりがないのに落ちた場合は、返済能力の条件を満たしていないと審査された可能性があり、大手消費者金融の基準では通る可能性もあるのです。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間