プロミスのWEB完結ならカードレスや郵送物なしで借入可能

「すぐにお金が必要になった」、「店舗や無人契約機で申し込みするのは周囲の目が気がかりだ」などカードローンキャッシングの申し込みを検討している方にはこのような悩みが多いと思います。

プロミスでは、店舗や無人契約機、ATMにいくことなく、スマートフォンやパソコンで申し込みから融資、返済までをすべてカードレスで行うことのできる「WEB完結」も対応可能です。

プロミスのWEB完結を利用すれば、ローンカードや郵便物もなしでの融資も可能です。

ここでは、プロミスのWEB完結の申し込み方法や融資の方法、またWEB完結で即日融資を可能にする方法などについて解説いたします。

WEB完結での申し込み条件は通常のカードローンの申し込み同様

まず、プロミスの申し込み条件から確認していきましょう。プロミスの申し込み条件は下記のとおりです。

年齢が20歳~69歳安定した収入がある方

つまり、安定した収入があれば、主婦や学生、またパートやアルバイトでも申し込み可能です。
申し込みに必要な条件は通常のプロミスカードローンの申し込み条件と同様です。

なお、プロミスのWEB申し込みでも通常のカードローンの申し込みと、同様年収の3分の1を超える貸付できない総量規制の対象となります。

Web完結では店舗に出向くことなく申し込みから融資までが完了する

WEB完結での申し込みから契約までのネットでできる

WEB完結はスマホ、パソコンから申し込み可能です。WEB完結の申し込みから契約まで流れは下記のようになります。

  1. プロミス公式サイト申し込み画面に入り、契約手続き方法でWEBを選択する
  2. 必要事項を記入
  3. 契約可能額を決定し、連絡方法をメールか電話のどちらかを選択
  4. プロミスのスマホアプリを利用するか、スマホのカメラ機能で必要書類を画像化して送信
  5. 審査結果の連絡
  6. 返済方法を「ATM」・「口座振替返済」のいずれかを選択
  7. カードの発行の有無の選択できる
  8. WEB契約完了

WEB完結は一切の手続きを店頭窓口や自動契約機に来店することなく、WEB上で完了できるのが一番のメリットです。

申込時に、連絡方法は「メール」を選択して、返済方法は「口座振替返済」を選択することで来店することなく、申し込みから審査。契約、融資そして返済までがWEBで完結します。

カードレス・郵便物なし・電話連絡なしでの借り入れも可能

ローンカードなしでの申し込み

プロミスカードローンでの借り入れ方法は、振込キャッシング(口座振込)とATMでのキャッシングが2つがあります。このうちATMを利用せずに銀行振込のみでの借り入れの場合、ローンカードを発行せずに融資を受けることができます。

ローンカードなしで融資を受ける場合には、プロミスの申し込み画面より、返済方法に「口座振替返済」を選んだ場合にはローンカードの発行の有無を選択可能です。この際にローンカード無しを選んだとしても、後日、店頭窓口(お客様サービスプラザ)自動契約機または、三井住友銀行ローン契約機に出向いてローンカードを受けることも可能です。
また、返済方法に「ATM」を指定した際には後日、自宅にローンカードが郵送されます。(返済方法をWEBにした場合でも、希望があればローンカードの郵送は可能です。)

明細書などの郵便物をなしにする

明細書をWEB明細にしてもらうことも可能です。借り入れや返済時の明細書を書類で確認したい人は郵送を選びますが、郵送物が嫌な人はWEBでの申込時に「Web明細」を選びます。明細書などの郵送物が自宅に送付されないので、家族にバレずにプロミスを利用することができます。

電話連絡をなしにする

プロミスではローンカードや電話連絡なしでのキャッシングが可能です。
申込時に審査結果の連絡方法を「メール」を選択することで、電話での連絡ではなく審査回答がメールできます。
ただし、審査の際に不明な点がある場合などは、プロミス担当者より申込時に登録した連絡先に電話が来る場合もあります。

なお、この電話連絡をなしにすることで、後で述べる「電話での在籍確認」がなしとなるとは限らないので注意が必要です。

WEB完結では必要書類を写真撮影してメール転送またはアップロードする

プロミスカードローンの申し込みでの必要書類は「本人確認書類」のみで、印鑑や保証人、担保などは必要ありません。
WEB完結での申し込みも、店頭窓口や電話での申し込み同様、申込時に本人確認書類が必要です。
プロミスが本人確認書類として認めているのは下記の3つです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

しかし、本人確認書に記載された住所が現住所と違う場合には、6か月以内に発行された現在お住まいの自宅住所が記載されている下記書類のコピーが必要になります。

  • 国税または地方税の領収書
  • 納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 電力会社やガス会社など公共料金の領収書
  • 住民票のコピー、または住民票の記載事項証明書

また、下記の条件に当てはまる方は本人確認書に加えて収入証明書の提出も求められます。

収入証明書が必要な場合

  • 50万円を超える借り入れを希望する際
  • 今回の希望借入額と他社借入残高の合計が100万円を超える場合

収入証明書は下記のうちのいずれかが必要となります。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細(直近の2か月分と1年分の賞与明細書)

勤務先より交付されるものもありますので、事前に準備しておかないといけない書類もあります。
プロミスでの収入証明書についての詳しい内容は、 「プロミスでお金を借りる際に収入証明書は必要か」に記載しています。

本人確認書類などの書類データ提出時の注意点

プロミスのWEB完結では、これらの申し込みに必要な書類、本人確認書類、収入証明書をデジタルカメラや携帯電話、スマートフォンで撮影してその写真データをアプリやメールにアップロードして提出します。申込書類の撮影時に、ぼやけてしまって氏名や住所などが見えない、運転免許証の顔写真の部分が隠れてしまっていないようにしてください。申し込みに必要な書類がぼやけてしまったりする場合には、プロミス担当者より書類の再提出を求められる場合もあります。

また、本人確認書類などにマイナンバー(個人番号)が記載されている場合には、記載されている箇所を隠す、または塗りつぶすなどして見えないように加工して提出しましょう。

WEBでの申込時の迷惑メール設定の注意点

特にスマートフォンでのWEB完結申し込みで、注意してもらいたい点がパソコンからのメールを拒否していないかどうかという点です。この迷惑メール設定をしているとプロミスからの審査結果などのメールが受け取れずに契約ができなくなってしまいますので、特にWEB完結での申し込みの場合にはメールの設定を確認してください。

WEB完結申し込みの際の在籍確認

WEB完結でも電話による在籍確認は必須である

消費者金融や銀行などの金融機関では、基本的にカードローンを利用する際には、審査の最後の段階で、申込者の入力した勤務先を確認するために担当者が電話で勤務しているかどうかを確認する在籍確認が行われます。

大手カードローン会社のプロミスでも同様に、WEB完結申し込みや通常のカードローンの申し込みを問わずに電話による在籍確認は行われます。

実際の在籍確認では、プロミスの担当者が申込者の勤務先に、
「私●●(担当者の個人名)と申しますが、〇〇さん(利用者さん)をお願いできますでしょうか?」というように電話連絡を入れます。

この電話連絡は利用者が勤務先に在籍しているかどうかを確認するものなので、利用者本人が勤務先に不在だとしても問題ありません。

上記のように、プロミスでは申込者のプライバシーに配慮し、在籍確認の電話をする際には、プロミスの社名を名乗らずにプロミス担当者の個人名を名乗りますので、安心してください。

土日や祝日に在籍確認が必要な場合には書類提出で在籍確認とみなす

モビットカードローンの場合には、WEB完結での申し込みをした場合、電話連絡なしですが、原則にプロミスのWEB完結サービスを利用する場合に電話での在籍確認が必要となります。

しかし、土日や祝日などで職場に電話しても定休日で在籍確認ができない場合またはどうしても在籍確認が困難な場合にはには、WEB完結申し込み後にプロミスコールに電話して担当者と相談すると、プロミスの担当者の判断で在籍確認を翌営業日にしてくれたり、健康保険証や給与明細書などの勤務先が証明できる書類提出をすることで、在籍確認としたとみなすなど、他の方法を提案してくれることもあるでしょう。

土日祝日にどうしてもお金が必要でプロミスから融資してもらいたいこともあると思います。プロミスであれば土日の即日融資も可能です。後日、在籍確認を行う形で土日に貸してもらえる場合もありますので、WEB申し込み完了後にオペレーターに相談してみましょう。

WEB完結なら借入・融資も来店せずにネット上で行える

三井住友銀行・ジャパンネット銀行を利用すれば24時間融資可能

プロミスカードローン、WEB完結の最大の特徴は、申し込みから契約・融資・返済まで全てをインターネット上で行える点です。
また、融資方法についても店頭やATMに出向くことなくパソコン、携帯電話、スマートフォンから24時間365日ネット上で完結できる瞬フリ(振込キャッシング)サービスを利用できます。

さらに、三井住友銀行かジャパンネット銀行のインターネットバンキングを使用できる口座を持っている場合には、土日祝日や深夜でも24時間いつでも最短10秒で振込が完了する「瞬フリ」サービスも利用できます。
この2つのサービスとも利用手数料は無料ですので、インターネット環境があればいつでもどこでも365日24時間利用できますので大変便利なサービスといえるでしょう。

瞬フリ(振込キャッシング)の利用手順

瞬フリ(振込キャッシング)の利用手順は以下の流れになります。

  1. プロミス会員ページにログイン
    (カード番号・暗証番号またはWEB-ID・パスワードを入力)
  2. 振込先口座を登録
  3. 瞬フリ(振込キャッシング)ボタンをクリック
  4. 借り入れ融資額を指定
  5. 振込完了

プロミスの振込キャッシングサービスを利用すれば即日融資も受けることができる

プロミスのWEB完結を利用して即日融資を受けるには以下の流れになります。

  • WEB申し込み
  • 審査通過
  • 契約
  • 振込キャッシング(瞬フリ)

ただし、申込時間や各金融機関の口座によって即日融資ができない場合もあります。
それでは、即日融資が可能になる申込時間や金融機関とはどのようなものでしょうか。24時間365日融資可能なプロミスの「瞬フリ」サービスが利用できる口座と、それ以外の口座に分けて、即日融資ができる日時や目安などについて解説いたします。

瞬フリサービスを利用すると土日祝日の即日融資も可能

前に述べた通り、瞬フリは、振込キャッシングの振込口座を下記の2つに指定すれば最短10秒で24時間いつでも振込してもらえる瞬フリが利用できます。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

ただし、プロミスの審査回答時間は9:00~21:00までです。この時間内に申し込み・審査・契約まで完了させる必要があるので、申込日当日の20時までには申し込みするようにしましょう。WEB契約後、プロミス公式会員ページにログインし、瞬フリで融資の依頼をすれば、融資完了です。

上記金融機関以外の口座の場合には平日の14時までに申し込み・契約を完了させる

三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の銀行口座を振込先に指定した場合には平日の14:50までの融資依頼が申込日当日振り込みの対象となります。よって14:50を過ぎてからの融資依頼は翌営業日の振込になります。よって、即日融資を受けたい場合は、遅くとも平日の14:00までに申し込みを完了させ、14:50までに契約を完了させた上で融資依頼をする必要があります。三井住友銀行とジャパネット銀行、その他金融機関の受付時間と振込反映時間を下の図にまとめましたので、参考にしてみてください。

三井住友銀行・ジャパネット銀行
曜日 受け付け時間 振込実施時間
平日・土日祝日共に 0:00~24:00(24時間受付) 受け付け完了から即時
その他の金融機関
曜日 受け付け時間 振込実施時間
平日(月曜日~金曜日) 0:00~9:00 当日9:30頃
平日(月曜日~金曜日) 9:00~14:50 受け付け完了から即時
平日(月曜日~金曜日) 14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土日祝日 0:00~24:00 翌営業日9:31頃

三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の銀行で振込融資を依頼した場合、銀行営業日のみの融資となるので、土日祝日や夜間での即日融資はできません。
ただし、プロミスのローンカードを利用して、ATMを利用すれば、土日祝日での融資も可能です。

借入金の返済もWEB上で来店せずにできる

プロミスでは借り入れ金の返済もWEB上で行うことができます。下記の2つの返済方法はWEB完結サービスに対応しています。

  • 口座振替(口フリ)での返済
  • インターネット決済

それでは、この2つのサービスをみていくことにしましょう。

口座振替(口フリ)での返済は利用手数料が無料

口フリは口座振替で毎月の返済を行う方法です。事前に登録した申込者の口座からの返済日に自動引き落としされますので、返済日を忘れてしまったりすることがなく安心して返済ができる便利なサービスです。利用手数料は無料ですが、指定する銀行口座によって指定できる返済日が異なります。
三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の返済日は下記になります。

  • 三井住友銀行、ジャパンネット銀行では毎月5、15、25、末日から返済日を選べる
  • 上記以外の銀行は毎月5日のみに指定される

インターネット決済も利用手数料無料である

インターネット決済というのは。パソコンや携帯電話またスマートフォンからプロミスの会員ページを通して銀行振り込みによる返済を行います。インターネット決済の流れは下記の通りです。

インターネット決済の流れ

  • 会員ページにログイン
  • 返済メニューの中から「インターネット決済」をクリック
  • 返済金額を指定
  • 返済先金融機関にログイン
  • 返済完了

プロミスでは下記金融機関のインタ-ネットバンクを利用して借入金の返済が可能です。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行

上記のインターネットバンキングに対応している口座を持っているのであれば、24時間いつでも返済が可能ですので、大変便利なサービスだと思いますよ。

このように、プロミスのWEB完結サービスと利用すると、郵便物なし、カードなしでの申し込みの他に、三井住友銀行やジャパネット銀行のインターネットバンキングを持っていれば、「瞬フリ」サービスを利用して土日祝日も即日融資を受けることができます。

プロミスでのお申し込みを検討している方は、便利なWEB完結でのキャッシングを検討してみてはいかがでしょうか。

プロミス

おすすめポイント

申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
(インターネットで手続きから借り入れ・返済まで可能)

  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間