SMBCモビットの金利と利息額を減らす方法

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の融資なることもありますが、SMBCモビットは、即日融資可能なカードローンです。

その上、WEB完結申込を利用すれば、職場への電話連絡なしや郵送物なしでお金を借りられるので、利用検討しているのも多いのではないでしょうか。

しかし、SMBCモビットを利用したいけれど、返済時の金利が心配で、利用を躊躇している人もいるでしょう。

本記事では、SMBCモビットの金利返済時の利息額を減らす方法について詳しく解説いたします。

初回契約時は上限金利の18%が適用される

SMBCモビットでは「初めてを利用する人=返済実績がまだない人=貸し倒れリスクがある人」と認識します。
SMBCモビットの金利は、3.0~18.0%の間で設定されますが、初回契約時は希望の利用限度額が100万円未満であれば、上限金利である18.0%が適応されるので注意しましょう。

たとえば、SMBCモビットを利用して金利18.0%で100万円を借りれば、1年間に支払う利息額は180,000円になります。

ちなみに、初回契約時は希望の利用限度額が100万円以上だった場合は、15.0%の金利が適用されます。

他社カードローンとの比較

SMBCモビットの金利は、他社カードローンの金利と比べると高いのでしょうか。
SMBCモビットの金利を他社消費者金融や銀行カードローンの金利と比べてみましょう。

大手消費者金融の金利
会社名・商品名 金利(実質年率)
SMBCモビット 3.0~18.0%
アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
アイフル 3.0~18.0%
ノーローン 4.9~18.0%
銀行カードローンの金利
銀行カードローン 金利(実質年率)
三菱UFJ銀行カードローン 3.5%~14.0%
三井住友銀行カードローン 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 4.0%~14.5%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%

初回契約時には、上限金利が適応される場合が多いです。そのため、カードローンの金利を比較する際には、基本的に上限金利を比較するようにしましょう。

SMBCモビットの上限金利を他社の大手消費者金融の上限金利を比較してみると、
ほとんど金利に差はありません。そのため、SMBCモビットは、消費者金融の中では一般的な金利です。

一方、銀行カードローンの上限金利は15.0%以下あるため、SMBCモビットと比べると金利が低いです。そのため、長期間カードローンを利用するのであれば、消費者金融よりも上限金利が低く、利息負担が少ない銀行カードローンを利用しましょう。

支払う利息は日割りで計算される

SMBCモビットでは、1日ごとに利息額が借り入れした日数分を日割りして返済時の利息総額を計算します。

つまり、1日分の利息は、以下の計算式となります。

  • 1日分の利息=借り入れ額×金利(実質年率)÷365日(うるう年は366日)
  • ※ただし、借り入れた当日に全額返済した場合、利息はかかりません。
    なお、利息の発生は、民法の規定により借り入れの翌日から加算されます。
    (民法第140条「初日不算入の原則」)

例えば、SMBCモビットから、金利18.0%で10万円を借りた場合、1日の利息額は、以下の通りです。

10万円×0.18%÷365日=約49円(※支払い時、小数点以下は切り捨て)

SMBCモビット利息額は一日ごとに計算されていくため、、SMBCモビットでの借り入れ期間が長ければ、長いほど返済時の利息額が増えます。

たとえば、SMBCモビットから金利18.0%で、10万円を1か月間(30日)の利息額は、約1,479円です。一方、同じ金利・金額で6か月(180日)借りた場合の利息額は、約8,876円です。

そのため、SMBCモビットの利息額を減らすのであれば、借り入れ期間を短くするようにしましょう。

SMBCモビットの最低返済額

SMBCモビットでは、最終の借入残高によって月々に支払うべき返済額、「最低返済額」はあらかじめ決められています。
なぜなら、SMBCモビットの返済方法は「残高スライド元利定額返済方式」を採用しているためです。

残高スライド方式とは、借入金の残高によって、毎月の返済額が変更される返済方式です。
SMBCモビットの最低返済額を表にまとめましたのでご覧ください。

SMBCモビットの最低返済額
最終借入後残高 最低返済額
10万円以下 4,000円
10万円超、 20万円以下 8,000円
20万円超、 30万円以下 11,000円
30万円超、 40万円以下 11,000円
40万円超、 50万円以下 13,000円
50万円超、 60万円以下 16,000円
60万円超、 70万円以下 18,000円
70万円超、 80万円以下 21,000円
80万円超、 90万円以下 24,000円
90万円超、 100万円以下 26,000円

SMBCモビットの最低返済額は、借り入れ残高が大きくなるにしたがって、大きくなります。また、最低返済額の中には、利息額も含まれています。
それでは、SMBCモビットの最低返済額のうち初回返済時に支払う利息額はいくらになるのでしょうか。

初回返済時の利息

SMBCモビットの最低返済額のうち初回の利息額はいくらになるいのでしょうか。
借入金額別に例を挙げて見てみましょう。(1か月を30日とし、金利18.0%の場合)
SMBCモビットの借り入れ額別の最低返済額、初回の利息額を表にまとめました。

最低返済額と初回利息額
借入額 最低返済額 初回の利息額
10万円 4,000円 1,479円
30万円 11,000円 4,437円
50万円 16,000円 7,395円

SMBCモビットで、金利18.0%で10万円借り入れた場合、最低返済額は4,000円です。最低返済額の4,000円は、以下のように利息と元本の支払いに分けられます。

  • 借入額10万円の最低返済額は4000円
  • 10万円×0.18%÷365日×30日=利息1479円
  • 最低返済額4000円-利息1479円=元本2521円

つまり、最低返済額の4,000円の約3割以上が、利息への返済に充てられます。借入額10万円の場合だけなく、借入金額が30万円や50万円のときも同様です。
SMBCモビットの上限金利が18.0%であるため、返済時の支払い額の7割程度が毎月元本返済に充てられていると、勘違いしてはいけません。
つまり、SMBCモビットの返済時に最低返済額だけを支払った場合、借り入れた元本を返済しているのは、そのうち約5割であることに注意が必要です。

それでは、SMBCモビットの返済時に支払う利息額を減らすにはどうしたらいいのでしょうか。

繰り上げ返済を行えば利息額を減らすことができる

SMBCモビットで返済時の利息額を減らすのであれば、繰り上げ返済を利用して、利息額を減らしましょう。
繰り上げ返済とは、月々の最低返済額よりも多い金額を返済することです。
SMBCモビットの返済方式は、通常カードローンの借入残高に応じて決められた額を毎月支払う「借入後残高スライド元利定額返済方式」を採用しています。

しかし、最低返済額よりも多く返せる場合には、最低返済額以上の金額を返済する繰り上げ返済ができます。

繰り上げ返済をすれば、最低返済額を超える金額は元本への返済に回せます。借入元本が減れば、元本に発生する利息も減るため、結果として、支払う利息額を減らせます。

たとえば、SMBCモビットの場合、10万円以下の借り入れで3万円を返済すると、最低返済額よりも2万6,000円多く元本を減らせます。
下の表に、最低返済額で返済した場合の総返済額と毎月3万円(最終回は1万3,408円)で返済した場合の総返済額と利息額を比較しました。(金利18.0%)

返済額 総返済額
SMBCモビットの返済方法の種類と返済期日
利息額
毎月4000円(最低返済額)を返済 12万6,260円 2万6260円
毎月3万円を返済 10万3,408円 3408円

10万円の借入を毎月3万円で繰り上げ返済していくと、最低返済額の4,000円で返済した場合と比べて、利息額に約2万2,000円以上の差がでます。
なお、SMBCモビットでは、繰り上げ返済は、口座振替以外の返済方法であれば、特別な手続きなく利用できます。
そのため、SMBCモビットの返済時には、積極的に繰り上げ返済を行うようにしましょう。

関連項目:「SMBCモビットの返済方法の種類と返済期日

SMBCモビットには無利息期間サービスがない

SMBCモビットでは、一定期間利息の発生しない「無利息期間サービス」を行っていません。
一方、レイクALSAやアコム、プロミスなどの大手消費者金融の多くでは、初回契約者限定で無利息期間サービスを行っています。
大手消費者金融が行っている30日無利息期間サービスを利用すると、借入額5万円につき約750円の利息額を節約できます。
そのため、無利息サービスを利用して、返済時の利息額を減らしたい場合には、レイクALSAやプロミスといった他社消費者金融へ申し込みしましょう。

レイクALSAの特徴

レイクALSA

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 最短即日融資(※)
  • お申込み後、最短15秒審査
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは手数料無料

(※)21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能。(一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く)

実質年率4.5~18.0%
借入限度額1~500万円
審査時間お申込み後、最短15秒
融資までの時間最短即日融資も可能(※)


SMBCモビットの金利を下げる方法

SMBCモビットでは、カードローンの審査の結果時に、金利と利用限度額が決まります。
ただし、SMBCモビットの契約後に決定した金利をすぐに下げるのは難しいです。
SMBCモビットでの利用を継続していれば、金利を下げる事が可能です。SMBCモビットの金利を下げる方法は以下の通りです。

  • 利用実績を重ねる
  • 金利の引き下げ交渉を行う
  • 利用限度額を増額する

返済実績を重ねる

SMBCモビットからお金を借りた後、毎月延滞せずきちんと返済していくことで信用が高まり、担当者に優良な顧客と見なされることで、金利が引き下げられることがあります。

金利の引き下げ交渉を行う

SMBCモビットの金利を下げたいのあれば、SMBCモビットに電話をして、金利引き下げ交渉を行いましょう。
金利の引き下げ交渉とは、SMBCモビットの担当者と話し、利用限度額はそのままで契約条件の見直しを行うことです。
交渉後、利用者に返済能力があり、SMBCモビットを今後も利用する意志があれば、現在の金利を下げてもらえることもあります。

利用限度額を増額する

SMBCモビットの金利を下げるのであれば、利用限度額を増額しましょう。
なぜなら、SMBCモビットでは、利用限度額に応じて金利が決まっているため、利用限度額が上がると金利が下がることがあります。
たとえば、SMBCモビットの利用限度額を90万円から100万円に増額する場合には、利息制限法の上限金利の定めによって金利が18.0%から15.0%に下がります。
ただし、SMBCモビットの利用限度額を増額するためには、次の条件が必要です。

  • 利用者の年収が上がった
  • 他社借り入れ件数・他社借り入れ金額の減少した

つまり、利用者の年収が上がり属性が良くなった場合や、他社借り入れが減少した場合は、返済能力があるとモビットの担当者に判断され、利用限度額の増額が可能になります。
ただし、SMBCモビットで利用限度額の増額をする際には、増額審査に通過しないといけません。

SMBCモビットの増額については、「SMBCモビットの利用限度額の増額方法と増額審査」で詳しく解説しています。

SMBCモビットの特徴

モビット

申込後10秒簡易審査結果表示 WEB完結可能

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
実質年率3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査時間10秒簡易審査
融資までの時間当日融資
原則24時間最短3分