無職の人がアイフルからお金を借りるにはどうしたらいいのか?

失業中に生活費が足りなくなり消費者金融や銀行での借り入れを考える人も多いと思いますが、無職の場合、キャッシングやカードローンで借りるのは難しいでしょう。

主婦や年金受給者であっても仕事をしていて安定した収入があれば、申込み時の審査に通る可能性はありますが、無職の場合は申込みができません。

ここでは、無職(無収入)方がお金をアイフルを利用できない理由と、無職の人がアイフルを利用できる方法などをご紹介いたします。

無職だとアイフルを利用してお金を借りることができない

結論から言うと、無職(無収入)である場合はアイフルを利用することはできません。
なぜなら、アイフルの申し込み条件に「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」とあるからです。無職だと定期的な収入がありませんし、返済能力があるとはみなされません。

アイフルは総量規制対象のカードローン

アイフルをはじめ消費者金融では、他社からの借入総額が年収の3分の1以上あるいは、3分の1近くある場合には貸金業法に規定されている「総量規制」という規制があるために、アイフルの審査には通りません。

無職とは無収入のことである

無職というのはどのような状態のことを指すのでしょうか。無職というのは収入がない状態のことを指します。
年金生活者、生活保護受給者、専業主婦、仕送り生活の学生などはどのような扱いがされているのかをみていくことにしましょう。

年金生活者

年金生活者は定期的な収入があるという条件はクリアしているのですが、年金以外の収入がない場合はアイフルで借り入れを行うことはできません。年金のみで生活している人は審査上、無職・無収入者の扱いになります。アイフルを利用したい場合は、少なくてもよいので仕事による定期的な収入が必要となるのです。ちなみにアイフルを利用できる年齢上限は69歳となっています。

生活保護受給者

生活保護受給者も確かに定期的な収入があるとは言えますが、アイフルのの審査では無職・無収入者の扱いになります。(国や地方公共団体からの補助金とみなされるため)
生活保護受給者の場合は、年金生活者と違い、働いて定期的な収入があったとしても生活保護を受給している間は審査に通りません。

専業主婦

本人に収入のない専業主婦もアイフルの審査上では無職・無収入者の扱いとなり、審査には通りません。
配偶者貸付というような専業主婦でも借入を受けられる制度もあるのですが、アイフルをはじめとする消費者金融業者では取り扱っていません。

仕送り生活をしている学生

親元から定期的に仕送りのある学生も、本人に定期的な収入がない限り、アイフルの審査上では無職・無収入者の扱いとなります。アルバイトやパートをして収入があれば、審査の対象になります。

定期的に不動産収入がある場合は無職ではない

会社に務めてはいないけれど、不動産収入や投資による収入がある場合は、無職とはみなされません。したがって、アイフルの申し込み条件を満たしているといえます。
ただし、このような給与以外の収入は一般的に安定しているとは言えず、返済能力に疑問があり審査には不利になりますが、収入証明書類を提出し返済能力があるとアイフルに認められると審査に通りやすくなります。

たとえ安定した収入があったとしてもアイフルの審査に落ちてしまう場合もある

安定した収入があったとしてもアイフルの審査に落ちてしまう場合があります。どんな理由で審査に落ちてしまうのでしょうか。アイフルの審査に落ちてしまう理由をみていくことにしましょう。

金融事故情報の記録が残っている場合

アイフルの審査の際に重視されるのは信用情報です。信用情報というのは信用情報機関に記録されているクレジットカードやカードローンの申し込み、利用、返済に関する情報のことです。信用情報の中で長期延滞、自己破産、代位弁済、債務整理といった信用に関するネガティブな情報のことを事故情報と言います。貸金業者は審査の際に信用情報機関に照会を行って、信用情報を確認します。
事故情報の記録が残っている場合、アイフルの審査に通ることはまずありません。安定した収入があったり、年収が高かったりしても、信用情報によって審査に落ちることは普通にあることなのです。

申し込み条件を満たしていない場合

アイフルを利用できる年齢は満20歳以上69歳以下の人です。この条件から外れている場合、申し込み条件を満たしていないためたとえ安定した収入があっても審査に通りません。

虚偽の申告を行っている場合

申告した情報が嘘だった場合、審査に通ることはありません。また、審査に通った後で嘘がバレた場合は、借入金の一括返済を求められる可能性があります。リスクが大きい行為なので、正直に申告するようにしましょう。

他社借入件数や金額が多い場合

1社2社程度なら他社で借り入れを行っていたとしても問題にはなりませんが、多数の貸金業者から借入がある多重債務の状態になっていると、返済能力が低いとみなされてアイフルでの審査に落ちてしまいます。
なお、アイフルの審査に落ちてしまう理由については、「アイフルの審査に落ちた理由と審査落ちしたときの対処法」で詳しく解説しています。

無職だと消費者金融はもとより銀行カードローンの審査に通ることも困難

ここまでで解説してきたように無職の状態でお金を借りるのは非常に難しいです。アイフルだけではなく、他の正式な認可を受けて営業している貸金業者の審査に通る可能性はかなり低くなります。

たとえば、中小消費者金融業者の中には、申込者の信用情報に事故情報のある人に対しても独自の審査を行っており審査に通過する場合もありますが、無職となるとやはり総量規制に抵触してしまうので審査には通りません。
また、銀行系カードローンは消費者金融とは異なり総量規制の対象外ですが、安定した収入の方を銀行カードローンの申し込みの条件としているために審査に通りません。
金融機関での審査に通らないからと言って、無職にも貸出を行うようなヤミ金業者に手を出すことは絶対におすすめしません。
ヤミ金はそもそも違法ですし、法外な金利や取り立てを行うのため

無職の人がお金を得るにはどうしたらいいのか

それでは、無職の人が金融機関以外からお金を得るにはどうしたらいいのでしょうか

アルバイトでもいいので収入を得る

とにかくアルバイトでもパートでもよいので、働いてみるということです。週1回の仕事であったとしても定期的な収入があるとみなされ、カードローン会社の審査対象になるのです。
また、登録型派遣会社に登録を行い働いてみるというのも一つの方法です。銀行系カードローンの審査では厳しめにみられるかもしれませんが、アイフルなどの大手消費者金融業者では通る可能性は十分にあります。ただ、大手登録派遣会社の場合、派遣の人数が多過ぎて一人一人を把握できていない場合があります。在籍確認に備えて派遣会社のほうに連絡を入れておくか、審査の際に担当者に自分の働いている状況を説明するとよいでしょう。

不要品を処分する

家にあるさまざまな物品を売るってみることもお金を得る方法の1つです。
時計・貴金属やブランド品、また本、DVDなどオークションやリサイクルショップまたは買取専門店で売ることができます。また、着物や切手、古銭なども専門の買取業者に売ることができますので、インターネットでどんなものが高く売れるのかなどを調べてみてもいいでしょう。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間