アコムの審査時間と審査結果

アコムカードローンやACマスターカードを利用してすぐにでもお金を借りたい人やショッピングに使いたい人とって、申し込み時の審査時間や融資までの時間はとても気がかりです。審査が長い、または審査に落ちてしまうとすぐにお金を借りることができなくなるという事態になります。

それではどのように時間をかけずに審査を通過したらいいのでしょうか。

アコムでの申し込みから審査結果の連絡・借り入れ融資までの時間を長引かせない方法をご紹介いたします。申し込み後すぐに、融資を希望されている方などはぜひ参考にしてみてくださいね。

実際のアコム審査時間は申し込みから審査完了まで1時間~2時間程度

アコムの公式サイトには、借り入れ審査回答は最短30分と記載してあります。

アコムの審査が最短30分と記載しているのは、他の大手消費者金融会社と同様にコンピューターによる属性スコアリングシステムを導入し、審査担当者が申し込み利用者を1件1件審査していくのではなく、審査の最終判断のみを人間の目で行うなどして審査担当者が判断する部分を少なくしている点にあります。

属性スコアリングシステムとは、コンピューターが申し込み内容をもとにして、申込者の個人情報などの各申し込み項目を採点し、その合計点で属性を判定するシステムです。このシステムは大手消費者金融のプロミスが開発した審査の方式です。現在大手の消費者金融系業者のほとんどが審査時間の短縮のために、このシステムを導入しているのです。

しかし、実際のアコムでの申し込みでは、申し込みから審査結果までを口コミなどで調べた結果、1時間から2時間ほどかかるのが一般的のようです。

アコムでの審査結果の回答は9時~21時

アコムでは、インターネットや電話などの申し込み方法を利用すれば、365日24時間申し込みが可能です。
しかし、審査ができる時間帯でないと審査は行っておりませんし、審査結果の回答はきません、同様に融資可能な時間帯でない場合は融資してもらうことができません。
したがって、審査結果の回答時間と融資回答時間を知ることで、キャッシングや(ACマスターカード)の申し込みから審査、そして融資(クレジットカード発行)が完了するまでのトータルの時間を知ることができ大変役立ちます。

審査受付の時間帯と審査回答がなされる時間帯は異なる

審査回答時間とは、アコムが実際に利用者に審査結果を伝えている時間帯をいいます。
つまり、この審査回答時間以外の時間に申し込みをしても、すぐに審査結果がわかりませんので注意が必要です。なお、アコムでは店頭窓口は平日9時30分~18時まで(一部店舗は19:00まで)まで、自動契約機(むじんくん)は8時~22時(一部店舗は21時まで)、インターネットでは21時まで対応しております。電話での審査回答時間9:00~21:00までですが、インターネットと電話は24時間審査の受付をしています。なお、審査回答時間外に審査の受付をした場合には、翌日の9:00以降にアコムより審査結果の回答が来ます。下の図に審査脚気の回答時間についてまとめましたのでご覧ください。

アコムの審査結果の回答時間について
審査結果回答時間
店頭窓口 平日9:30~18:00(一部店舗は19:00まで)
自動契約機 8:00~22:00(一部店舗は21:00まで)
インターネット 終日9:00~21:00
電話 終日9:00~21:00

アコムからの審査結果がすぐに来ない場合の対応策

アコムの審査結果の回答時間内であれば、最短30分(実際の1時間~2時間程度)で申込時に登録していたメールアドレスやもし、上記の審査結果回答時間内(9:00~21:00)に申し込みをして、審査結果がすぐに来ない場合には、下記の3つの理由が考えられます。

  • 申し込み時に登録したメールアドレス迷惑メール設定をしている
  • 申し込みが混雑してしまっている
  • 借入審査自体に時間がかかってしまっている

申し込み時に登録したメールアドレス迷惑メール設定をしている

アコムでは審査結果は申し込み時に記載した連絡先に連絡がきます。この際に、連絡先のメールアドレスが迷惑メール設定としている場合には審査結果が来ない場合があります。もし、審査結果が来ないようならアコムのコールセンターに電話してみて審査が終わっているかどうかを確認してみましょう。

申し込みが混雑している

申し込みが混雑している場合には、審査結果の連絡が遅くなるまたは来ない可能性があります。
あとにも審査時間を短くする対応策で述べますが、夕方よりも午前中などの比較的空いている時間に申し込みをしましょう。
たとえば、審査結果回答時間の直前に申込をして、申込が混雑している場合には、審査結果の回答は翌日になってしまう場合がありますので注意しましょう。(特に夜20時過ぎに申込をした場合などが該当します。)

借入審査自体に時間がかかってしまっている

審査時間が長くなる原因として多いのが、在籍確認や他社借入などの照合で審査に時間がかかる場合です。それではどのような場合に、審査時間が長くなってしまったり、アコムからの審査結果の回答が来ない場合があるのか見ていくことにしましょう。

アコム担当者に電話で審査結果を確認してみる

もし、審査結果の回答時間内ですぐに審査結果が来ないようなら、アコムのコールセンターに電話してみて審査が終わっているかどうかを確認してみましょう。
アコムフリーコールの電話番号は、0120-07-1000です。

上記の理由で審査結果が来ないのかまたは審査時間が長くなってしまっている原因があるのかわかると思います。

審査時間が長くなる原因は在籍確認や他社借り入れ状況の照合のため

アコムでは最短30分での審査が可能です。ただし、最短30分というのはスムーズに審査が進んだ場合、30分で審査が終了することを指しています。前に述べた通り、30分よりも余計に審査に時間がかかる場合もあります。
アコムの審査の流れについては、「アコムカードローンの審査の流れ」で、アコムの審査基準については「アコムの審査基準と落ちた場合の対応策」で詳しく解説しています。
では、どのようなことがあると、審査時間が長くかかってしまうのでしょうか。
審査時間が長くなる原因として考えられるのが、在籍確認、他社の借入状況の照合、申し込み書類の虚偽記載や記入ミス・記入漏れです。
それでは、どうして審査時間が長くなってしまうのかを項目ごとに見ていきましょう。

在籍確認に時間がかかると審査時間が長くなる

どのキャッシング会社に申し込む場合でも、審査の際に、必ず勤務先への在籍確認が行われます。在籍確認とは、勤務先情報に虚偽がないか、実際にその会社で働いているのかを確認する作業です。通常は、アコムの担当者が申込者の勤務先電話番号へ電話をして、申込者が勤務先に在籍しているかを電話確認します。
加えて、在籍確認の電話は、プライバシーに配慮し、アコム名ではなく担当者の個人名で勤務先にかけてきてもらえます。アコム担当者が個人名で電話してくれるので、初めての利用する場合でも、勤務先にアコムを利用したことがわかってしまうことがなく安心です。

ちなみに、在籍確認は申込者が勤務先に在籍していることが判明すれば、特段本人が電話にでなくて問題ありません。尚、在籍確認の電話に本人が出た際には、氏名や生年月日など簡単な本人確認があります。一方、本人が不在の際や勤務先の他の人が電話に出ても、その勤務先に本人が在籍している事が証明できればいいだけなのです。

また、アコムでは、申込時に事前に勤務先に電話をかけてもらえる時間帯や電話をかけてくる担当者の性別、年齢も指定できます。勤務先への在籍確認の電話が心配な場合は、申し込み前にアコムの担当者に相談してみてはいかがでしょうか。アコムの在籍確認については、「アコムカードローンの在籍確認のタイミングや電話での内容」で解説しています。

もし、申込時の勤務先に虚偽の記載や会社を休職している場合など勤務先に来ていない事実が判明すると、審査に時間がかかってしまう場合があります。

借入状況の照合のために確認に時間がかかる

アコムでは審査の際、他社の借入状況を信用情報機関に問い合わせます。結果、他社での借り入れのある場合には返済能力の有無などを詳細に審査するために時間がかかることがあります。それゆえ、審査で時間が長くなってしまう原因のほとんどが他社借り入れ状況の照合です。

申し込み時の虚偽記載は審査が長くなる原因にもなる

申し込み時に虚偽の記載がある場合には、事実確認のため審査時間が長くなるでしょう。
たとえ、他社での借り入れ件数や借り入れ金額を事実より少なく書いたとしてもカードローン側には信用調査することで、虚偽の記載であることはすぐに発覚してしまうでしょう。
また、虚偽の勤務先を記載した場合、在籍確認時に虚偽の記載が判明してしまうとともに、真実の勤務先を確認することができません。そのため、再度在籍確認を行う必要がありますので、注意しましょう。

申し込み時の個人情報の記入ミス・記入漏れは確認に時間がかかる

審査対象に項目、年齢、住所、年収、勤務先、勤続年数、社会保険の種類など記載事項の記入漏れや記入ミスには注意が必要です。
仮に、申込時の個人情報に記載漏れや記載ミスがあったとすると、申し込み情報の再確認や修正作業のため審査に時間がかかるか、または審査が通りづらくなります。

それでは、逆に審査時間や申し込みから借入までの時間を早めるにはどうしたらいいのでしょうか。具体的にみていくことにしましょう。

アコムの審査時間を短縮する方法

アコムでの審査時間を短縮する方法は、下記の3つです。

  • 時間や場所によって申し込み方法を選ぶ
  • 申し込みが混雑する曜日や時間帯と避ける
  • 借入希望額は必要額程度にする
  • 時間帯や場所によって効率的な申し込み方法を選ぶ

    時間帯や場所によって効率的な申し込み方法を選ぶことが重要です。
    たとえば、早朝や深夜であれば、インターネットでの申し込みが効率的ですし、また、家にいる場合であればパソコン、外出中にアコムに申し込む場合にはスマートフォン、また店舗やむじんくん(自動契約機)に近い場所にいるのであれば、店舗での申し込みをおすすめいたします。

    申し込みが混雑する曜日や時間帯と避ける

    最短30分という審査の早さが売りのアコムでも申し込みする人が多いほど、それだけ審査時間は長くなります。そのため、申し込みで混雑する曜日や時間帯を避けるのは審査時間を早めるために有効です。
    たとえば、最も申し込みが多いとされる夕方~夜の時間帯を避け、余裕があれば午前中に申し込みを完了させておくこともいいでしょう。

    借入希望額は必要額程度にする

    「アコムでの借り入れ希望金額が50万円以上」または「アコムでの借り入れ希望金額と他社での借り入れ金額と合わせて100万円以上」になる場合には申し込み時に収入証明書が必要です。
    この場合は、利用限度額も高い金額を希望していると推定されますので、審査時間もかかる可能性があります。
    もし、急ぎでの借り入れをしたい場合には、は収入証明書が原則的不要な条件で申し込み、申し込みを完了させてから限度額アップ(限度額の増額申請)するなど工夫しましょう。アコムの収入証明書については、「アコムで収入証明書が必要な場合」で詳しく解説しております。
    高い利用額度額で審査が通れば理想ですが、特にアコムでの利用実績がない新規の申し込みでは審査が慎重になってしまうこともありますので、借り入れ希望額は必要額にするようにしましょう。

    申し込みから審査・融資までを時間を短くするには

    では、どのような手順で申し込みすると、申し込みから審査や融資がスムーズに行えるのでしょうか。
    それでは、申し込みから審査、融資までの時間が最も早い2つの方法は次の方法です。

    • 店頭窓口またはむじんくん(自動契約機)から申し込み・契約する
    • 電話とFAXを利用して申し込み・契約する

    店頭窓口や自動契約機で契約を行うとローンカードがその場で発行される

    近くにアコムの店舗や自動契約機(むじんくん)がある場合には、最も早い方法となります。
    そのうえ、店舗や自動契約機(むじんくん)で担当者と相談しながら書類に記入できますし、申し込みから審査・契約ローンカード発行まで最短30分で終わります。

    店頭窓口や自動契約機で申し込みから契約までの流れ

    店頭窓口やむじんくん(自動契約機)での申し込みから契約までの流れは次のようになります。

    1. アコムのホームページで申込
    2. 店頭窓口や無人契約機に行き、本人確認書類提出などの審査の手続きを済ませる
    3. 契約完了後、店頭窓口または自動契約機(むじんくん)でカード発行

    尚、事前にホームページで、WEB契約の申し込みをすませてから、店頭窓口や自動契約機(むじんくん)で手続きすると、申し込みから来店するまでの間にアコムが審査をはじめてくれているので、審査時間の短縮になります。なお、アコムの店頭窓口やむじんくん(自動契約機)の営業時間は下記の通りです。

    • アコムの店頭窓口 平日9時~18時(一部店舗は19時)
    • むじんくん(自動契約機) 年中無休8時~22時(一部21時まで)

    電話とFAXを利用して申し込みをする

    近くに店舗がないときは 電話申し込みがおすすめです。
    アコムの場合、電話と店頭窓口や自動契約機(むじんくん)で申し込みすると、審査にかかる時間が早く、さらに電話の場合には審査可能時間が24時間365日いつでも審査できるので、早朝や深夜に審査を希望している場合には、1番電話が便利な手段思いますよ。
    ネット申し込みが利用できるのに、
    電話なんて面倒だと思うかもしれませんが、アコムの電話申し込みの場合にはその場で審査、契約手続きができます。
    下記に電話とFAXを利用した申し込みの流れをご紹介しておきます。

    電話・FAXでの申し込みから融資までの流れ

    1. アコムに電話申し込み
    2. 契約書類をアコム公式ページからダウンロードしてプリントアウト、もしくはセブンイレブンでプリント
    3. 必要事項を記入した契約書に本人確認書類を添付してFAXで送信
    4. 電話かホームページから振込融資を依頼

    電話申し込みの場合、申し込みから振込依頼までの手続きが平日の14時までに申し込みまたは審査が完了していれば、申込日当日に融資を受けることもできます。

    また、アコムのホームページで申し込み情報を入力した後、審査希望の電話をすることで、アコムの担当者は事前に申し込んだ情報を確認できるため、より早く審査回答を知ることができます。
    ただし、家にパソコンがない場合や近くにセブンイレブンの店舗がない場合、FAXを使えない場合には、この申し込み方法は不可能です。

    自宅にパソコンがない場合でも、セブンイレブンに設置されているマルチコピー機で、ネットプリントを選んで、予約番号ACOM0001と入力すれば必要書類一式をプリントができます。

    パソコンはあるけれど、プリンターがないという場合には、アコムの公式ホームページからダウンロードした書類データをSDカードまたはUSBメモリーに移動させ、コンビニへいきます。コンビニのコピー機に書類データを移し、プリントアウトします。
    その後、このプリントアウトしたすべての書類をFAXでアコムへ送付します。つまり、FAXが使えないとこの申し込み方法を利用することができません。
    とはいうものの、電話とFAXを使った申し込み手続きは、店舗へ行くことなく融資を受けることができますし、審査時間もかなり短縮できます。

    とにかく急いで融資を受けたい方、または自宅にPC・プリンターがあり、近くに店舗や自動契約機(むじんくん)がなく、かつセブンイレブンが近い方にはおすすめの方法ですよ。
    なお、アコムの申し込み方法については、「アコムの申し込み方法」で詳しく解説しております。

    アコムでは融資可能な時間帯も決まっている

    アコムでの審査時間を短縮できたとしても、申し込みが融資までに時間がかかってしまっては、審査時間を短縮した意味がなくなってしまいます。
    そのため、アコムでの融資可能な時間を事前に知っておくことで、結果的に申し込みから借り入れまでの時間を把握することができ、融資の時間を短縮することも可能になります。
    それでは、アコムの融資可能時間を見ていくことにしましょう。
    アコムでの借り入れ可能な時間を「融資可能時間」といいます。
    融資可能時間とは、審査完了後、自分の口座にその借入金が入金可能な時間です。
    おまけに、融資依頼時間はどこの金融機関の口座に融資してもらうかによって異なります。
    また、ATMを利用する場合と自分の振込先に借入金の入金を行ってもらう振込依頼を利用する場合とでも時間が違います。

    ATMを利用する場合にはローンカードが必要

    アコムカードローンまたはアコムACマスターカードでアコムのATMまたは下記にあげる提携先ATMから借入をすることができます。
    ただし、ATMを利用する場合にはローンカードが必要となります。ローンカードは、通常、店頭窓口やむじんくん(自動契約機)での契約の場合には
    その場で、インターネットや電話などでの契約の場合には申し込み時に記載した住所に郵送されます。
    下の図は、アコムカードローンが利用できるATMをまとめたものです。

    アコムATM及び提携ATMの融資可能な時間
    ATM 金融機関名 融資可能時間
    アコムATM アコムATM 24時間
    提携先金融機関ATM 三菱東京UFJ銀行
    セブン銀行
    イオン銀行
    ローソンATM
    イーネットATM
    ゼロバンクATM(愛知県・岐阜県)
    西日本シティ銀行 平日7:00~23:00・土日祝8:00~21:00
    福岡銀行
    北海道銀行 8:00~21:00
    熊本銀行 8:00~21:00
    親和銀行 8:00~21:00
    東京スター銀行 平日8:00~21:00・ 土日祝9:00~17:00
    北陸銀行 平日8:00~21:00・ 土日祝9:00~17:00
    第三銀行 平日8:00~21:00・ 土日祝9:00~17:00
    広島銀行 平日8:00~21:00・土日祝8:00~19:00
    八十二銀行 平日7:00~22:00・土日祝8:00~20:00
    クレディセゾン 6:00~23:00

    ATMを利用しての融資は、アコムATM、提携先ATMにいては三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソンATM、イーネットATM、ゼロバンクATM(愛知県・岐阜県)が24時間融資可能ですので利用しやすいと思います。
    特に、深夜や早朝に融資を希望される場合は、上記の金融機関のATMを利用するといいでしょう。

    振込依頼の場合はインターネットからもできる

    アコムではインターネット会員ページを通じて、各金融機関に振込依頼をすることができます。下の図は、各金融機関の受付時間と振込実施時間です。

    各金融機関の受付時間や振込実施時間
    振込先 振込依頼方法 受付時間 振込実施時間
    楽天銀行 ホームページ 終日0:10~23:50 振込受付完了後1分ほど
    ゆうちょ銀行 ホームページ 平日0:10~9:00 当日9:30に振込
    ゆうちょ銀行 ホームページ 平日9:00~14:00 当日17:00までに振込
    ゆうちょ銀行 ホームページ 平日14:00~23:50 翌営業日9:30頃に振込
    ゆうちょ銀行 ホームページ 土日祝0:10~23:50 翌営業日9:30頃に振込
    その他銀行・金融機関 ホームページ 平日0:10~9:00 当日9:30に振込
    その他銀行・金融機関 ホームページ 平日9:00~14:30 振込受付完了後1分ほど
    その他銀行・金融機関 ホームページ 平日14:30~23:50 翌営業日9:30頃に振込
    その他銀行・金融機関 ホームページ 土日祝0:10~23:50 翌営業日9:30頃に振込

    振込先の口座によって、受付時間や振込実施時間が異なっています。
    中でも、楽天銀行はWEB上で24時間いつでも振込依頼可能ですし、依頼後1分程度で反映されますので非常に便利です。
    また、楽天銀行以外の金融機関の場合は、平日14:30までに振込依頼が完了すれば、その後1分程度で口座に反映され、ゆうちょ銀行の場合は、平日14時までに振込依頼をすれば、当日17時までに振込が可能です。

    電話での振込依頼も可能

    電話での振込依頼方法には、アコムプッシュホンサービスとフリーコールの2種類があります。
    アコムプッシュホンサービスはプッシュフォンのみの操作だけで振込依頼をするものです。一方、フリーコールはアコムのオペレーターと話をして振込依頼をします。
    両サービスとも平日の14時までに振込依頼をすれば、依頼当日の15時までに反映されます。

    電話での振込依頼の場合
    電話での依頼 振込受付時間 備考
    アコムプッシュホンサービス 平日0:10~9:00 当日9:30に振込
    アコムプッシュホンサービス 平日9:00~14:00 当日17:00までに振込
    アコムプッシュホンサービス 平日14:00~23:50 翌営業日9:30頃に振込
    アコムプッシュホンサービス 土日祝0:10~23:50 翌営業日9:30頃に振込
    フリーコール 平日9:00~14:00 当日15:00までに振込
    フリーコール 平日14:00~23:50 翌営業日9:30頃に振込
    フリーコール 土日祝0:10~23:50 翌営業日9:30頃に振込

    振込融資を受けるときに楽天銀行を利用すると便利である

    ATMを利用する場合には、アコムATMの他、提携先ATMとしてセブン銀行、イオン銀行、ローソンATM、イーネットATMゼロバンクATM(愛知県・岐阜県)が24時間利用できます。また、振込依頼を利用する場合には楽天銀行が24時間利用できるので便利だということになります。
    このように、審査回答時間融資可能時間を知ることで、実際に申し込みから審査や融資までにかかる時間が具体的にわかっていただけたと思います。

    土日祝日や夜間に在籍確認を後回しすることで即日融資が可能となる

    前述したように、アコムでは、融資する際には必ず在籍確認が必要となります。
    たとえば、夜間や土日祝日に借り入れの申し込みをして、在籍確認をすぐに取るのが難しい場合には、審査結果の回答が翌営業日になることがあります。
    ただし、土日祝で会社が休みだけどどうしても今日中にキャッシングしたい、夜間に申し込んでその日のうちにお金を借りたいなどの状況によっては、後日在籍確認を行うことを条件に、土日祝日や夜間にでもお金を貸してもらえるのです。

    そればかりではなく、土日祝日に申し込み審査が通過となり、あとは在籍確認だけという段階で、職場が休みの場合には、仮の利用限度額として10万円などの低い金額を設定し、電話での在籍確認が取れた後で、限度額をアップするという方法もあります。

    また、アコムの自動契約機(むじんくん)は土日祝でも営業しています。自動契約機でカードを発行すれば土日祝日の即日融資も可能ですので、土日祝日に突然お金が必要になった場合でも焦ることはありません。
    アコムでの土日の利用に関しては、「アコムでは土日でも即日融資や返済もできる」にまた、アコムでの即日融資にかんしては、「アコムで即日融資を受けるためのポイント」で詳しく解説しております。

    アコムの3秒診断では申し込み前に融資可能かどうかの診断が可能

    アコムでは審査にかかる時間はホームページに明記してあるとおり、最短30分と明記していますが、なかには他社ですでに借り入れがあるなどの理由で審査に通るか心配ということで審査を受けるのを迷っている方でも多いのではないでしょうか。
    そんなときには、3秒診断を受けることをおすすめします。
    理由は「審査は信用情報に記録が残るため」です。
    なぜなら、消費者金融や銀行カードローンまたはクレジットカードの審査に申し込んだ場合、信用情報に申し込み情報が登録されます。そして、この申し込み情報は信用情報として六か月間登録されています。
    つまり、カードローン業者の審査では信用情報に申し込み情報が登録されてないということは審査に落ちたことになります。(いわゆる、「申し込みブラック」と言われています。)

    しかし、この3秒診断はあくまで融資可能かどうかの診断なので、信用情報に記録が残ることがありません。
    前にも述べましたが、この3秒診断は申し込みフォームに生年月日、性別/独身既婚、他社借入件数、他社借入合計額、この4つの項目を入力するだけで簡単に仮審査が受けることができます。また、3秒診断は、他社の借入額がない、現在の借入額が年収の3分の1を超えていない場合には、

    「ご融資可能と思われます」

    という表示が出ます。

    もし、アコムの審査に落ちてしまうのが心配でしたら、3秒診断を利用してみた後で、問題がないようでしたら審査に申し込んでみてはどうでしょうか。ただし、この3秒診断はあくまで融資可能かどうかの目安です。実際は、審査に申し込みしてみないと、通過するかどうかはわかりませんので、注意が必要です。

    アコムでは申し込みから審査完了まで最短30分で可能です。事前に審査の受付時間や審査回答時間、また融資可能時間を知っておくことで、アコムでの申し込みから審査・契約、融資までの手続きをスムーズにすすめることができると思いますよ。

    アコム

    おすすめのポイント

    • 30日間無利息サービスを実施中
    • 初めての人でも安心できるカードローン
    • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
    • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
    • 自動契約機(むじんくん)と店舗窓口での契約が可能
    • おまとめローンの取り扱いあり
    実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
    3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間